制作事例

オフショア開発はなぜ人気なのか?その理由を徹底解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

オフショア開発はなぜ人気なのか?その理由を徹底解説

近年、IT業界ではオフショア開発が多くの人気を集めています。 その流れに乗り遅れまいと、オフショア開発を自社でも導入したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし同時に、

  • 「オフショア開発がなぜ人気なのか、よくわからない」
  • 「オフショア開発のメリットが、いまいち理解できていない」

という疑問があると、なかなか導入まで踏み出すことができませんよね。 そこで、この記事では、オフショア開発が人気の理由について解説しています。 その人気の理由を知れば、きっとオフショア開発導入にますます前向きになれるでしょう。 ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの会社でのオフショア開発導入の参考にしていただければと思います。

 

オフショア開発が注目を集めている理由

オフショア開発とは、システムやアプリの開発を、海外の開発会社や子会社へ業務委託したり、発注したりする開発手法です。 海外には、優秀で人件費が日本よりも低コストなIT技術者が多い国があります。 オフショア開発では、そうした国の開発会社へ業務を発注・委託することで、開発費用を低く抑える事ができます。 したがってオフショア開発が人気の理由は次の通りです。

  • コストが削減できる
  • 不足しているエンジニアを確保できる
  • 業務効率が向上する

ここからは、人気の理由をくわしく解説していきます。

 

理由①:コストが削減できる

1つ目のオフショア開発が人気となっている理由は、システム開発におけるコストの削減です。 日本はエンジニアの人件費が高く、システム開発においては多くのIT技術者たちを必要とするため、膨大なコストがかかってしまいます。 そこでオフショア開発を導入すれば、オフショア開発先の人件費でエンジニアを確保できるため、コストを大幅に削減できるのです。 例えば、『オフショアリングの進展とその影響に関する調査』(総務省)によると、削減効果は平均25.2%だったという結果も出ています。 同じシステムの開発であっても、

  • 日本国内で開発するのか
  • オフショア開発を利用するのか

であなたの会社の利益率は大きく変わってくるのです。

 

理由②:不足しているエンジニアを確保できる

2つ目のオフショア開発人気の理由は、エンジニア不足を解消できる点です。 現在日本では少子高齢化の影響で、エンジニアを見つけにくい状況が続いています。 今後もこのエンジニア不足は続くと予想されており、経済産業省が公表した『IT人材需給に関する調査』(平成31年4月)によると、なんと2030年には45万人も不足すると言われているのです。 しかし海外の国々のなかには、数多くの優秀なエンジニアを輩出している国があります。 そのためオフショア開発を導入すれば、エンジニア不足を解消することができるのです。 有名企業であっても、国内の優秀なエンジニアを獲得することは非常に難しい時代になっています。 エンジニア不足に悩む会社にとって、オフショア開発がベストな選択肢のひとつであることは間違いないでしょう。

理由③:業務効率が向上する

3つ目のオフショア開発人気の理由は、業務効率を向上できる点です。 先ほど解説したとおり、オフショア開発では安い人件費でエンジニアを確保することができます。 そのため同じ予算でも、オフショア開発であれば、国内よりも多くのエンジニアを雇用できるのです。 その結果として、

  • 納品までにかかる時間を大幅に短縮することができる
  • より多くの案件を同じコストで行うことができる

ため、業務効率は大幅に向上することになるでしょう。

 

まとめ:オフショア開発を成功させるには開発先が重要

ここまで、オフショア開発が人気の理由について解説してきました。 オフショア開発が人気の理由は、

  1. コストが削減できる
  2. 不足しているエンジニアが確保できる
  3. 業務効率が向上する

といったものでした。 このような理由から、オフショア開発のメリットを自分の会社でも活かしたいと思った方も多いのではないでしょうか? しかしそのためには、どの国でオフショア開発を行うかを正しく選ぶ必要があります。 1番人気のオフショア開発国といえば、やはり中国でしょう。 近年の中国におけるIT技術の進歩はめざましく、多くの日本企業がオフショア開発先として進出しています。 しかし一方で、経済成長に伴い人件費が高騰してきており、オフショア開発最大のメリットである、コスト削減の効果が薄くなりつつあります。 そこで、最近注目を集めているのがベトナムです。 親日国であり、また国を挙げてIT教育を推進していることから、ポスト中国として有力視されています。 オフショア開発のメリットをしっかりと踏まえ、開発国を選んで導入していきましょう。

 

【関連記事】

 

WRITTEN BY

Masaya Yoneda

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください