制作事例

オフショア開発がおすすめな理由とは?

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

「最近、システム開発をオフショア開発に移行している会社が増えていると聞いたが、実際どんな点がおすすめなのか?」 上記のような疑問を抱えている方が多いと思います。「コストが削減できる」や「技術力の高いエンジニアを確保できる」といったメリットを聞くが、実際はどうなのか知らない方がほとんどです。 そこで今回は、オフショア開発の利用をおすすめする理由をご紹介します。現在、オフショア開発を導入するか迷っている方は、参考にしてください。

オフショア開発とは何か

オフショア開発とは、以下に挙げているシステム開発業務を、海外のシステム開発会社に業務委託をして、開発コストを抑える仕組みのことを言います。   ・Webシステム開発・ソフトウェア開発・ソーシャルゲーム開発・スマホアプリ開発・組み込み開発・通信システム開発・保守運用管理   近年注目されているオフショア開発ですが、実は日本企業の半分以上が導入していると言われており、その中でも、オフショア開発を利用している企業の大半が、ラボ契約といった形態をとっています。 ラボ契約とは、ある契約で定めた期間に、一定人数のシステムエンジニアを派遣してもらう契約です。仕事がある場合でも、ない場合でも、常に優秀なシステムエンジニアを確保できるため、開発業務をスムーズに、柔軟に行えるメリットがあります。以下で、オフショア開発がおすすめな理由を詳しくご紹介しますので、興味のある方はぜひご覧ください。

オフショア開発がおすすめな理由

オフショア開発がおすすめな理由とは?

ここでは、オフショア開発をおすすめする理由をご紹介します。 オフショア開発は、現在、課題にされている、システムエンジニアの人材不足を解消できるだけでなく、海外へ委託するため、コスト削減が可能です。更には、日本と異なり、技術力の高いエンジニアが多く在籍しているため、品質の高いシステムを作れるといった魅力があり、おすすめとなっています。

人件費の削減

1つ目のおすすめポイントは、人件費の削減ができる点です。特にベトナムの企業にオフショア開発を依頼すると、現地の人件費相場が安いこともあり、国内の開発よりもかなりコストを削減できます。 例えば、1つのシステムを開発するのに、10人のエンジニアを必要とするとします。国内でシステム開発を行う時、1人に10万円の人件費がかかるとすると、1つのシステムで人件費が100万円です。しかし、ベトナムの企業にオフショア開発を依頼すると、1人に5万円しか人件費がかからないので、1つのシステムを開発するのに50万円で済みます。極端な例ですが、オフショア開発をおすすめする理由を理解しやすいと思います。

技術力不足の解消

オフショア開発がおすすめな理由とは?

2つ目は、技術力不足を解消できる点です。現在、日本のソフトウェア開発企業は文系出身の、プログラミング未経験な人材を積極的に採用しています。理由としては、コミュニケーション能力が高い人材が多いと言ったこともありますが、やはりIT人材を増やすために、門戸を広げていることも1つの理由です。 しかし、未経験分野からの人材採用は、数を増やすと言った面ではメリットが大きいですが、育成が追い付かず、技術力不足のエンジニアが多くなるといった課題点もあります。人材教育にもコストがかかるため、急な開発に対応できずに苦労している企業も多いでしょう。 そのような課題点を、オフショア開発なら解決できます。海外には技術力の高いシステムエンジニアが豊富にいるため、すぐに高いレベルの開発を行うことができます。また、育成コストの分を人件費に回すことができるので、更に開発業務を請け負うことができます。 上記の悩みを抱えている企業は、オフショア開発の導入を検討するのも良いでしょう。

グローバル化の推進

3つ目は、グローバル化の推進ができる点です。オフショア開発の特徴として、現地の人とコミュニケーションを取りながらシステム開発を行うため、海外の技術や開発手法に触れる機会があります。そのため、自社の知見を広げることができるだけでなく、グローバル化を進めることが可能です。 また、海外のエンジニアとの開発経験がある人材を保有している実績は、業界からの評価も高くなるので、様々なコネクションを繋げることもできるでしょう。今後、より海外を視野に入れて事業を展開していくならば、オフショア開発の導入をおすすめします。

オフショア開発の課題点

上記では様々なオフショア開発をおすすめする理由をご紹介しました。ただ、オフショア開発はまだまだ試行錯誤が続いている手法であるため、課題点もあります。今回の記事のテーマではないため、別の記事にまとめています。興味のある方は、「逆に、どうしてオフショア開発を利用しないのか?」の記事をご覧ください。

まとめ

この記事では、オフショア開発をおすすめする理由をご紹介しました。現在、エンジニアの人材不足が課題とされているIT業界ですが、オフショア開発を利用することで会社を大きく成長させることもできます。 しかし、いざ導入するにも、様々なオフショア開発を支援する企業があり迷うことでしょう。オフショア開発で失敗したくない方は、この記事を書いているAMELAの利用をおすすめします。 技術力の高いシステムエンジニアが多く在籍しているため、的確なコストで品質の高いシステム開発を実現できると思います。気になった方は、ぜひ1度お問い合わせください。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください