制作事例

売れない時代で集客し続ける!動画マーケティングはどの様にすべき?

シェア:

今の時代、物を売るのに苦労している会社は多いでしょう。 コロナウイルスの影響で、集客そのものが減っている会社も多いでしょうし、反対に飲食店などのデリバリーサービスで売上を伸ばしている企業もあります。 この様な変化の大きな時代でも、集客し続ける事は非常に重要です。 今回は、そんなマーケティングの中でも、「動画」に関して見ていこうと思います。

これからのマーケティングには動画が必須!

これからのマーケティングには動画が必須!

これからのマーケティングには動画が必須! では、どうしてこれからの時代のマーケティングには動画が重要になってくるのでしょうか。

動画の方が短時間で多くの情報を表現できる

動画は、短時間で多くの情報を表現できるため、最も効率的に集客を行うことが出来ます。 特に飲食店などは、商品の写真よりも、湯気が出ている出来たての商品の動画や、サクサク感を伝えるために割った瞬間の映像を見る方が、臨場感が出ます。 そのため、「伝えたいこと」をしっかりとユーザーに届けることが可能になります。

時代の流れは「文章→画像→動画」

昔は、ブログやホームページがネット集客のメインでした。 そこから徐々に画像の量が増えてきて、今は動画が増えています。 もちろん、文章で伝えることのメリットもありますので、伝えるツールや内容によって使い分ける必要がありますが、なんと言っても動画は 「見ている人が何もしなくても情報が入ってくる」 という大きなメリットがあります。 文章を読むのは集中力が必要です。 しかし、動画を見るのに集中力はあまり必要ではなく、なんとなくわかった気になるため、ユーザーへの負担が小さいです。 この記事を読んでくれている方は、集中してでも内容を見てみたいと思って頂いているかと思いますが、世の中の商品の多くが 「そこまでして読みたい内容ではない」 というものが多いです。 そうなると、受動的に内容が入ってくる動画の方が、ハードルが下がるのです。

5Gの時代は、ネット環境が更に快適に!

多くのメリットが有る動画集客ですが、これまでの時代で動画集客がそれほど行われなかった理由の1つがネット環境です。 画像や文章に比べると、遥かに容量の大きい動画を常に利用すると、すぐにスマホの通信速度制限にかかってしまったり、きちんと読み込まれない・・・など、ユーザーの不便さに繋がっていました。 しかし、最近の携帯のプランを見てもわかるように、非常に大きな容量の契約が増えています。 中には、50GBまでは速度制限がかからない様なプランもあります。 加えて、今後は5Gが利用できるスマホが増えてくるでしょうから、動画はどんどんと快適に利用できるようになります。 ロードする時間もなくなり、速度制限もかからないとすると、動画集客はまさに 「これからの集客方法」 ということになります。

ITに詳しくなくても動画は作れる?

ITに詳しくなくても動画は作れる?

ITに詳しくなくても動画は作れる? 動画集客がこれまで活用しにくかったもう一つの理由は、 「動画を作るのが難しい」 ということです。 色々な動画を撮って繋ぎ合わせたり、音楽やナレーションを入れたり、テロップを入れたり・・・ 非常に多くの作業が必要な動画は、 「初心者には無理でしょ」 と感じる人も多いのではないでしょうか。

スマホで簡単に動画を作るソフトは増えている

実は、最近はスマホで簡単に動画を作るソフトが増えています。 それも、プロ顔負けの効果を入れることが出来るものもあり、センスの差こそあるかもしれませんが、アルバイトでも動画編集が出来る時代になりました。 また、今後は更に多くのソフトが出ることが予想されますので、撮影だけをきちんと行えば、誰でも簡単に動画編集が出来る時代になったと言えます。

安くで撮影・編集してくれるサービスも?

また、撮影や編集に関しても ・パソコンが使えない ・スマホが使えない ・時間がない などの場合、サービスとして個人がやってくれる可能性があります。 専門の会社に依頼すれば、数十万円から数百万円になる動画撮影・編集ですが、個人でカメラマンなどをやっている人に頼めば、数万円程度でできる可能性があります。 「ココナラ」などは、個人が副業などで編集などを請け負っている事も多いので、一度調べてみると良いかもしれませんね。

今後は質が高くて安いサービスも出てくる?

今後はこういったサービスが競争市場になることが考えられますので、安くて品質の良いサービスがどんどんと出てくるでしょう。 また、それだけではなく具体的な集客を成果報酬で請け負う会社なども出てくるかもしれませんね。 SNSやホームページの更新など、本業が疎かになり兼ねない多くの仕事をオールインワンで管理してくれるサービスがあれば、 「本当にやるべき仕事」 に集中できるので、検討するのも一つの手でしょう。

動画集客で失敗しないための3つのルール

動画集客で失敗しないための3つのルール

動画集客で失敗しないための3つのルール では、動画集客で失敗しないためには、どの様な事に気をつければ良いのでしょうか。

ターゲッティングをしっかり行う

「誰に向けて何を発信したいのか」 が明確になっている必要があります。 例えば飲食店であれば 「店のコンセプトを伝えたい」 のか 「料理の美味しさを伝えたい」 のかで、撮るべき内容が変わってきます。 前者は店全体をしっかりと撮る必要がありますが、後者は料理や調理中の姿にスポットを当てる必要があります。 この様に、伝えたい内容がぶれないようにしっかりと決めておきましょう。

ターゲットと近い属性の人の感想を事前にもらう

動画を撮る際に、いくつかのパターンを作っておいて、ターゲットとなるお客さんと近い層に、どのパターンが響くかを聞いてみると良いでしょう。 年齢・性別が変わってくると、どうしても感性も変わってきてしまいます。 家具を見るにも、デザインや機能性を求める若い世代に対して、年齢を重ねると、素材の善し悪しも気になってきます。 この様に、動画を作った人と見てもらう人の間の感性の差を埋めるためにも、実際に感想をもらうことが非常に重要なのです。

「どうして欲しい」のかを明確に指示する

マーケティングにおいて、多くの人がミスをする点が 「どうして欲しいのかわからないから効果が出ない」 という事です。 例えば、 ・実際にお店に来て欲しいのか ・ホームページを見て欲しいのか ・キャンペーンに参加して欲しいのか など、集客後に具体的にどうするのかを指示する必要があります。 この時に重要なのが「ハードルは低ければ低いほど良い」ということです。 いきなり「商品を買ってくれ」と表現するよりも 「動画の説明欄のURLをクリックして欲しい」 「商品の良さが書かれたリーフレットを見て欲しい」 「お試しセットを体感して欲しい」 「商品を買って欲しい」 と言ったように、少しずつステップを踏んでいくことで、スムーズに購入まで持っていくことが出来ます。

集客後に「どうするのか」が大切!

集客後に「どうするのか」が大切!

集客後に「どうするのか」が大切! 集客自体は当然必要になりますが、本当に大切なのは 「集客後にどうするのか」 です。 特にそこから先は、システムを活用してしっかりと仕組み化していくことが重要になります。

単発集客は費用対効果が薄い & その場しのぎの効果

単発の広告などは、費用対効果が悪い上に、一時的に集客が増えたとしても、広告費用を下げた時点で売上も下がります。 そのため、 ・来たお客さんをリピーターにするための施策 ・口コミを広げるための施策 ・SNSのフォロワーを増やす という事は常に行い、その上で 「徐々に認知度を高めていく」 という意味合いでのマーケティングを行っていく必要があります。 そうすることで、徐々に広告費用が少なくても大きな反響がくる「費用対効果の高い集客」が可能になります。

「客はすぐに飽きる」が前提

マーケティングで行う上で重要なことは、お客さんはすぐに飽きてしまうということです。 例え集客に成功した広告やCMも、何度も見れば飽きてしまいます。 そのため、youtubeの広告などでも、同じ商品を違う表現で何度も告知しています。 小さな会社や少人数の事業では、こういったマイナーチェンジは難しいかもしれませんが、お客さんが飽きるペースが早い現代では、どの様にマイナーチェンジ出来るのかが非常に重要になっています。

自社にしか出来ないサービス・ファン作りが必須

集客を行いながら、並行して 「自社にしか出来ないサービスづくり」 を出来るのかが、長期的に収益を上げられるかのポイントとなります。 どの様なビジネスでも、成功事例には後続の企業が多数出てきます。 場合によっては、二番手が一番手を追い抜く可能性もあるでしょう。 だからこそ、「自社にしか出来ない強み」を探し、それを最大限に活かしたサービス展開を検討するべきです。

あらゆる業界を知っているからこそ出来る提案がAMELAにはある!

あらゆる業界を知っているからこそ出来る提案がAMELAにはある!

あらゆる業界を知っているからこそ出来る提案がAMELAにはある! AMELAは、様々な業界を経験したシステム会社です。 だからこそ、クライアント企業の ・強みや弱み ・現状の問題点 ・業界での立ち位置 などを客観的に見てきました。 その中でどの様にシステムを導入すれば、業績を最大化出来るのか、経費を最小化出来るのか。 自社の人間だけで話し合ったのでは、出てこない様な解決法になることも多いです。 業界でもトップクラスの問題解決能力を持つAMELAと、現状の問題を改善してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

otani

イメージはマスコミの情報に形成される。 そこで私たちを待っている幸福が、私たちが望むような幸福ではないかもしれない。

関連の投稿

View More
2022.05.18

SAPコンサルタントとは?将来性や転職、フリーランスとして独立、導入コンサルも可能?

SAPというシステムをご存知でしょうか。 非常に有名なソフトで、多くの企業で導入...
2022.05.16

フィールドエンジニアとはどんな職業?仕事内容から「きつい」といわれる理由まで解説

IT業界は、非常に人気の業界ですし、未経験から転職を考えている人も多いのではないで...
2022.05.15

MSP(サービスマネジメントプロバイダ)とは?契約するメリットと活用事例

システムの運用には、とにかくコストがかかります。 正常に稼働しているか監視した...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください