制作事例

データでビジネスを変えよう!飲食店で使えるデータ活用方法

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

これからはどのような業界であっても、ITやデータの活用は重要です。 しかし、小さな店や小さな会社でしっかりとデータを活用できていない所は非常に多いです。 ITに強い専門の人間を雇うことも難しいでしょうし、何から始めれば良いのかわからない。 日常業務にいっぱいいっぱいで、それ以外の事が考えられない。 こういった会社は非常に多いです。 今回はそんな中でも、「飲食店」を対象として、データをどの様に活用するべきなのか、データの活用でどの様にビジネスが変わっていくのかを見ていきましょう。

データを活かせている企業はごく少数!効率的なビジネスには数字が不可欠

データを活かせている企業はごく少数!効率的なビジネスには数字が不可欠

データを活かせている企業はごく少数!効率的なビジネスには数字が不可欠 データを活用できている企業は非常に少ないです。 しかし、その一方でデータをしっかりと活用することでビジネスが上手くいくことも多々あります。 例えば、位置情報などを送信するような機械を取り入れ、その情報を活用することで、 ・駐車スペースの効率化 ・マシンの稼働率を最大化 ・危険の防止 など、建築業界や鉱山の採掘などで活用されている例もあります。 また、ある程度人数の多い企業なら「マーケティング部門」や「営業企画部」といった専門部署を用意して、データを分析し、ビジネスに役立てるようなケースも多いです。 データサイエンティストというデータを分析して活用するための専門職も出てくるなど、 「データの集めやすい時代」 になったからこその変化が多く見られます。

飲食店はデータをどの様にビジネスに活用できるのか

飲食店はデータをどの様にビジネスに活用できるのか

飲食店はデータをどの様にビジネスに活用できるのか では、実際に飲食店ではどのようなデータ活用が出来るのでしょうか。 「データを活用したほうが良いのはわかるけど、どのように変わるのかわからないので、いまいちピンとこない」 という人も多いでしょうから、1つずつ見ていきましょう。

売上の予測

基本的に飲食店では、仕入れの数量などを決める際に、売上を予測するかと思います。 店長・チーフの勘に頼っている部分も多いかと思いますが、もしも仕入れが少なくて売り切れになるのは、機会損失なので避けたいですよね。 一方で、食材の場合は廃棄率が高くなってしまうので、仕入れが多すぎてもいけない。 このような状況で、安定して必要な分だけの仕入れを行うためには、データの活用をするべきでしょう。 過去の売上データや人の流れなどのデータを分析することで、最適な仕入れ数や仕入れ商品を予測することが出来るでしょう。 データによって予測することには、いくつかのメリットがありますが、1つは仕事を他人に任せることが出来る点。 システムによってデータ分析を行えば、発注自体はアルバイトでも出来るでしょう。 これまで店長が勘でやっていたとしたら、それをアルバイトに任せるのはリスクが高いですが、システムによるデータ分析なら、仕事が属人的にならないというメリットがあります。 次に、データが蓄積され、予測の精度が高くなれば、忙しい日に合わせた人員配置を行えるというメリットもあります。 これにより、必要な部分に必要なアルバイトを入れれば良いので、人件費は大幅に下がることが予想されます。 また、売上が少ないことが予測されるタイミングでイベントや割引を行えば、月の平均売上は上がるでしょう。 このように、予測一つとっても売上アップや経費削減に大きく影響してくるのです。

仕入れ値などの原価一括管理

仕入れをする際、 「色々な業者に頼むのが面倒くさいから、一箇所から仕入れている」 というお店も多いのではないでしょうか。 しかし、実際には人参はA店、玉ねぎはB店の方が安い・・・というように、店によって品物の金額が違うのが普通です。 様々な仕入先から、各々最安値の仕入れが出来れば・・・ 一度は考えた事があるのではないでしょうか。 もちろん、仕入れ値を安くして品質を下げてしまっては本末転倒ですが、同じランクの食材なら、安いに越したことは無いでしょう。 そういった仕入れ値の管理も、システムを利用することで一括管理をすることが出来ます。 過去の原価などの推移を見ることで、値段が高騰してきている食材が明確になり、その食材を避けた形での新商品の開発なども可能でしょう。 金額だけではなく、廃棄率のデータと合わせることで、仕入先の中でも特に廃棄率の少ない品質の良い食材を提供してくれる業者なども見えてくるでしょう。

出店・退店時の最適な予測

単に自分のお店で集積した情報以外にも、GPSを活用した 「人通りの多さ」 のデータを販売している会社も存在します。 このようなデータを活用することで、ある程度の人通りのリサーチが出来ます。 「昼の時間帯に人通りが多い場所」「夜の時間帯に人通りが多い場所」 で、出すべき料理もテイストも変わってくるのではないでしょうか。 このようなデータを活用すれば、出店前から精度の高い売上予測が出来ますし、お店のコンセプト作りにも役立ちます。 反対に閉店する際には、適切なタイミングや最終的に出資金額を回収するための最後のイベントを開く際にデータが活きる事もあります。

ライバル店の売上予測

先程の人通りの多さのデータを活用することで、ライバル店の売上を予測することも可能でしょう。 特に飲食店が集中しているエリアなどでは、いかにライバル店の 「売れている傾向を見つけて取り入れるか」 「ライバル店がどの様に集客しているのか」 という情報が明暗を分けることがあります。 こういった情報をリアルタイムに取得し、そのデータを活用することで、 「負けないお店作り」 が出来るのではないでしょうか。

販促の最適化

販促は、ビジネスにおいて非常に重要です。 ですが、販促に力を入れられていないお店も多いでしょう。 販促は、1回限りの勝負ではなく、何度もやりながら試行錯誤することが重要です。 特に販促を行った結果を元に、改善をすることが重要なわけですが、データを活用して最適化を行うことが出来ます。 例えば、 ・DMの配布地域とその反響 ・ネット集客のキーワードとその反響 ・イベント期間中の売上の伸び率 など、様々な情報から「現在の最適な集客方法」を見つけることが出来ます。

ビッグデータやAIは今後もどんどんと進化する!いかに早く時代の変化についていくのか

ビッグデータやAIは今後もどんどんと進化する!いかに早く時代の変化についていくのか

ビッグデータやAIは今後もどんどんと進化する!いかに早く時代の変化についていくのか 今後も、ビッグデータの活用や、それを分析するAIは進化し続けるでしょう。 そのため、現在よりも詳細な情報が取得できたり、集客を全て自動で行うなどの仕組みも出来てくるでしょう。 この変化についていけるお店は、どんどんと売上を伸ばし、そうでないお店は衰退していく事が予想されます。 例えば、コロナの影響でいち早くウーバーイーツなどの宅配サービスを取り入れたお店と、そうでないお店。 ホームページやFacebookなどでお店の情報を上げている所とそうでない所。 公式LINEを作ったお店とそうでないお店。 様々な所で飲食店もIT化が進んでおり、変化しているお店ほど、しっかりと結果を出しています。 そのため、ビッグデータやAIもまだまだこれからの分野ですが、いち早く取り入れたお店は大きく売上を伸ばしたり、アルバイトに完全に任せられるオートメーション化が出来るなど、様々なメリットがあるでしょう。

より最適なビジネスを行うならAMELAに

より最適なビジネスを行うならAMELAに

より最適なビジネスを行うならAMELAに ビジネスにITやデータを活用することは、現在では当たり前になってきました。 しかし、まだまだそういった仕組み化が遅い業界があるのも事実です。 「自分のお店には関係ない」 そう考えてしまっていては、ビジネスが先細りになる可能性が高いです。 もしも少しでも現状を変えたいなら・・・。 是非AMELAにご相談下さい。 様々なデータの集積方法や仕組みの提案、どのようにデータを活用してよいのかや、その費用面などをお伝えしていきます。 特に費用面でIT化を断念しているお店は多いのではないでしょうか。 ですが、もしもそのIT投資で、お店の売上が2割増しになるなら? 「本当にそうなるなら、やらない理由はない」 というお店は多いはずです。 今出せる費用から、最大限の効果を得る仕組み作りをご提案させていただきます。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

otani

イメージはマスコミの情報に形成される。 そこで私たちを待っている幸福が、私たちが望むような幸福ではないかもしれない。

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください