制作事例

CRMマーケティングを成功させるポイント

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

新しいビジネスマーケティングの手法として注目されている「CRMマーケティング」ですが、導入に苦労している企業や、そもそもCRMマーケティングの意味を良く知らない方など、様々な方がいると思います。 そこで今回は、CRMマーケティングの概要を説明し、CRMマーケティングを実践するメリットや注意点など、実践する時に役立つ知識も合わせてご紹介していきます。興味を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

CRMマーケティングとは

CRMマーケティングとは、CRM(顧客関係管理)をシステムの利用などで改善し、顧客管理の最適化や顧客情報を活用した分析を行い、事業の売上を伸ばしていく施策のことを指します。 顧客管理を一括管理することが可能になり、顧客のニーズや顧客の購買アクションなど、正確に把握することができ、より最適なアプローチをすることができるマーケティング手法の為、多くの企業が導入し始めています。

CRMマーケティングを行うべき理由

現在の日本の市場は、今まで以上に細分化してきています。そのため、1人1人の顧客が求めているものが何なのか、正確に把握することが難しくなってきており、今までのマーケティング手法では、対策できなくなっています。 そこで注目されたのがCRMマーケティングです。CRMマーケティングでは、顧客がどの商品に興味を持っているのか、過去の購入履歴から分析することが可能で、的確に商品のアピールをすることができます。また、顧客の属性をデータ分析することで、どの性別・年齢がどの商品を購入するのか、傾向を掴むことも可能です。 このように、企業で蓄積してきた情報をもとに、既存顧客のニーズを満たすことができ、更には、新規顧客開拓に役立つアイデアを発見できたりと、様々な魅力があります。導入が可能な企業は、ぜひ積極的にCRMマーケティングを実践することをおすすめします。

CRMマーケティングを導入するメリットと注意点

CRMマーケティングを導入することで、得られるメリットはたくさんありますが、気を付けなければいけない点もあります。これからCRMマーケティングの導入を検討する方は、それぞれメリット・デメリットを理解し、その上で判断できるようにしましょう。

メリット

CRMマーケティングを導入するメリットは2つあります。 まず1つ目が、顧客情報を一括管理することができる点です。顧客情報を分析する際、今までは、各部門ごとに情報を管理しており、データの共有が上手くいっていない企業が多くありました。各部署で蓄積された情報を部門ごとにまとめ、最終的に会社の経営層に集めて、そこからマーケティング施策を行っていたので、無駄な工数が重なり、かなりの時間を消費していたと思います。しかし、CRMマーケティングを導入した場合、CRMシステムと呼ばれるツールを使い、データを社内全体で一括管理することが可能になります。また、顧客のメールリストもリアルタイムで集計・管理できるので、大幅な時間短縮を実現できるでしょう。このように、効率良くマーケティング施策を行える点は、CRMマーケティングの魅力と言えます。 2つ目は、顧客満足度を向上させることができる点です。CRMマーケティングでは、既存顧客の情報を分析し、どのようなニーズが隠れているのか発見することができます。そのため、顧客に最適なアプローチをすることができ、長期間にわたって関係性を維持することが可能です。一般的なマーケティングでは、新規顧客開拓まで手を伸ばす必要があり、営業投資や広告費用の管理など、なかなか既存顧客の対応まですることができません。その様な面で、CRMマーケティングは効率よく売り上げを伸ばす手法として、魅力的となっています。

注意点

CRMマーケティングを導入する際に注意する点は2つあります。 1つ目は、CRMシステムの導入コストがかかる点です。CRMマーケティングを行う際、CRMシステムと呼ばれるものを活用します。情報を入力するだけで、顧客情報を登録できたり、情報を集計して分析やレポーティングをするなど、高機能で便利なシステムですが、月額料金で数万円ほどかかります。中には、完全カスタマイズで自社に適した機能だけを利用できるシステムもありますが、初期費用と月額費用合わせて数十万円になることもあり、導入コストがかなり大きいです。予め、CRMマーケティングの費用を用意している企業なら問題ありませんが、予算的に厳しい方は、無料で利用できるCRMシステムから導入するなど、今後の流れを改めて検討するといいでしょう。 2つ目は、CRMマーケティングのランニングコストがかかる点です。CRMマーケティングは、今までのマーケティング知識でも通用する部分がありますが、対応できない部分も多いです。もし、CRMに精通した人材がいる場合は、ノウハウの共有を積極的にすることをおすすめします。特にCRMシステムを扱う時、慣れるまでかなり時間がかかることがあります。知識が無い人に向けて、比較的シンプルに作られていますが、やはり細かく機能が分かれており、全てを使いこなすまでは、勉強し続けることが大切です。社内共通のマニュアルを作成し、どの社員でも問題なく扱えるような、教育基盤を整えることで、CRMマーケティングに強い企業へと成長できるでしょう。

まとめ

この記事では、CRMマーケティングに関する知識や情報を、余すことなくご紹介しました。競争が激しくなっている日本社会ですが、顧客のニーズを適切に満たしていくCRMマーケティングにより、一歩先に進んだビジネスを展開することが可能になるでしょう。 今後も顧客のニーズは多様化していくと予想されるため、早い段階からCRMマーケティングに取り組むことをおすすめします。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説
2022.07.31

新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説

Microsoftが提供する新たな開発ツール「Power Apps」。社内ニーズに即座に応える...
Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう
2022.07.31

Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう

Microsoftが提供するビジネスアプリケーションであるMicrosoft Teams。ビジネスチ...
GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します
2022.07.31

GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します

欧州を中心とした、法改正による企業コンプライアンスの強化や、世界中で猛威をふるう...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください