制作事例

マッチングアプリ開発の費用は?

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

恋人を見つけるために利用されているマッチングアプリですが、最近は企業のサービス同士をつなげるためのプラットフォームへと変化しています。そのような背景から自社でもマッチングアプリ事業を立ち上げたいと考える会社も多いでしょう。しかし、マッチングアプリ開発ではどの程度の費用がかかるのか知らない方がほとんどだと思います。そこで今回は、マッチングアプリ開発でかかる費用をご紹介します。アプリ開発の相場も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

マッチングアプリ開発の費用

マッチングアプリ開発の費用は作成するサービスの形式によって異なります。主な形式としてスマートフォンアプリ形式とWebアプリ形式の2種類に分けることができます。実際のところ、マッチングアプリ開発の費用は500万円で済むものもあれば、1,000万円以上のコストがかかる場合があるなど振り幅が広いです。参考として、基本的なマッチングアプリ開発の相場を以下に載せておきます。開発会社や委託国などさまざまな要因で価格は変わってきますが、だいたいの相場は以下の通りです。  

250万円~350万円

メッセージ機能や検索機能と主要な操作のみが行えるマッチングアプリ。

350万円~550万円

主要機能以外に「条件検索」や「地域検索」など細かい機能が搭載されたマッチングアプリ。

550万円以上

主要機能からGPS機能といった最新技術を活用したマッチングアプリ。

  上記の表でまとめた相場はWeb形式のマッチングアプリ開発相場です。また、ある程度のマッチングアプリ開発実績がある会社での開発費用を想定しています。 基幹システムメインで開発してきた会社、つまり初めてマッチングアプリ開発を行う会社の場合、エンジニアのランニングコストがあるため700~800万円程まで金額が上がるケースもあります。 もし、「マッチングアプリを開発して新規事業を立ち上げたい」と考えているなら、予算として500万円ほど確保しておくことが理想だと思います。マッチングアプリ開発を進めるうえで他社と差別化のため、更なる機能を追加する場合はプラスで数百万円追加されるイメージです。また、スマートフォンアプリ形式で開発をする場合は、Web形式の開発費用に300万円上乗せするイメージになるでしょう。 その他には、最近主流である「出会い系マッチングアプリ」に関しては開発費用が高額な場合が多いです。比較サイトで人気マッチングアプリの開発費用を見て見ると850~1020万円の金額になります。内容によってはかなり高額な開発費用になるため、実績と技術を兼ねそろえた開発会社と連携することが事業を成功させるうえで重要なポイントです。

マッチングアプリの種類によって開発費用が異なる

上記の最後に「出会い系マッチングアプリ」の開発費用が高い傾向にあると記述しました。つまり、マッチングアプリの種類や内容によって開発費用が大きく異なるということです。以下の表はあくまで参考ですが、種類によって開発費用がさまざまであることが分かると思います。  

iPhoneアプリ

(出会い系マッチング)

1,000万円以上

・SNS登録ログイン機能 ・絞り込み検索 ・メッセージ機能 ・いいね機能 ・ポイント購入決済機能

Androidアプリ

(婚活マッチング)

900万円~

・一般会員登録 ・掲示板機能 ・プッシュ通知機能 ・GPS機能 ・ヘルプサポート機能

Webアプリ

(B to Bマッチング)

800万円~

・足跡機能 ・プッシュ通知機能 ・いいね機能 ・コミュニティ機能 ・お知らせ機能 ・検索機能

  簡単に言えば仕様(機能やデザイン)をこだわれば拘る程、開発費用は高くなります。そのため、自社が求めるマッチングアプリの開発予算に適しているのか検討しながら会社を選ぶことが大切です。 では、どうしたら適切な開発費用を検討することができるのでしょうか。以下でマッチングアプリ開発の費用の算出方法をご紹介します。

マッチングアプリ開発の費用【算出方法】

マッチングアプリの開発費用は以下の方法で算出します。  

〇人月×1人月の価格=大まかなマッチングアプリ開発費用

  システム開発やアプリ開発では、エンジニアの単価・実働時間によって価格が決まってきます。一般的に、エンジニアが1か月でどのくらい実働できるかを1人月と呼び、日本では50万円から高い会社だと150万円となります。 例えば、自社が求めているマッチングアプリを開発するために6人月必要であるとします。その場合の計算は「6人月×80万円(1人月80万円と仮定)=480万円」です。つまり、開発費用が1,000万円になるマッチングアプリは、開発に10人月以上必要だったり1人月の価格が100万円を超えることになります。検討段階でこの点を見ておくと無駄に費用をかけてしまうことや失敗することが少なくなるでしょう。 以上の費用に加えてマッチングアプリ開発では、いくつかオプション費用がかかりますのでご紹介します。

アップデート費用

リリースしてから一定期間が過ぎるとユーザーから問い合わせや要望が寄せられます。「〇〇の機能でエラーが起こっている」「〇〇の機能を追加しいて欲しい」「〇〇が使いにくい」など課題点が出てきます。これらの課題点を改善・修正するためには再度開発会社とやり取りをする必要があります。ただし、基本的には要件定義の段階で保守運用の契約をすることが多いので、基本的な不具合対応は予算内で行ってくれるでしょう。しかし、機能の追加などはオプションとして費用がかかります。長期的に運用するアプリを開発する場合は、アップデート予算を確保しておくことで、スムーズな運用を目指すことができるでしょう。

マッチングアプリの申請費用

アプリケーションの場合、androidアプリは約2,700円・iPhoneアプリは約10,000円の登録料があります。また、申請時にはいくつかの審査があり申請拒否をされた場合は再度修正作業が加わります。事前の契約で申請拒否時の対応を決めていれば問題ありませんが、この点を考慮しておらず、想定外の費用がかかってしまうケースも少なくありません。登録費用や申請拒否時の追加修正費用はしっかり準備しておくことが大切です。

まとめ

この記事では、マッチングアプリ開発の費用をご紹介しました。内容や種類によって開発費用が大きく異なるマッチングアプリですが、実は開発費用を抑える方法があります。それはオフショア開発を利用することです。物価の低い海外企業へ開発業務を委託するオフショア開発では、開発コストを半分以上減らすことも可能です。この記事を書いているAMELAではオフショア開発を支援するサービスを提供しています。教育支援システムやスマートフォンアプリの開発実績などもあり、高い技術力も身に付けたエンジニアが多数在籍しています。オフショア開発に興味がある方はぜひ1度お問い合わせください。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください