制作事例

ホームページは無料で十分?無料ホームページ作成サイトのメリット・デメリット

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

ホームページは無料でも良いのが作れる。 最近は、様々なサービスが無料もしくは非常に安価で提供されるようになってきました。 ホームページ制作に関しては、一昔前であれば数百万円をかけてホームページを作るのが当たり前でしたが、今や無料で作れるサービスもいくつか存在します。 一方で、現在でも数十万円から数百万円でホームページを作る会社もあります。 では、この差は何なのでしょうか。 今からホームページを作ろうと考えている場合、無料で作ってもある程度効果は得られるのでしょうか。 今回は、無料ホームページ制作に関するメリットやデメリットについてお話していきたいと思います。

無料のホームページ制作サイトはなぜ無料?

無料のホームページ制作サイトはなぜ無料?

無料のホームページ制作サイトはなぜ無料? まずはじめに、そもそも無料のホームページ制作サイトなどは、どうして無料で提供することが出来るのでしょうか。 当然ですが、無料のホームページ制作サイトも、そのサイトを作る人件費はかかっていますし、サーバーなどを維持するための維持費も必要になります。 それでも無料で提供できるのには理由があるのです。

高機能な有料プランが有る

無料で提供されている機能はシンプルなもののみで、高機能な有料プランを用意しているケースがあります。 例えば、 ・デザインテンプレートが有料のものと無料のものがある ・アクセス解析は有料 ・独自ドメインは有料 などです。

スペックなどが低く、アップグレードは有料

スペック自体に有料と無料があるケースもあります。 無料の場合は画像が100枚までしかアップできないが、有料であれば無制限になる・・・などです。 サーバーの容量自体が3GBまで・・・などのように制限されているケースもあるでしょう。

広告が出て、消したい場合には有料に

無料で登録は出来るものの、そのサイトに常に広告が出ているというケースもあります。 この場合、単にサイト制作における制限があるだけでなく、ユーザーがあなたのサイトを見る際の利便性も下がってしまうため、注意が必要です。

製作時に「広告メールの受信義務」がある場合も

多くの無料制作サイトでは、最低限メールアドレスの登録が必須だったりします。 この時登録したメールアドレスに、広告が送られてくる様になることがあります。 普段利用しないメールアドレスならそれほど問題はないかと思いますが、広告メールの頻度次第では、多少迷惑に感じるかもしれませんね。

後にコンサル営業などがかかることも

無料でサイトを作るということは、現在はサイトを持っていない事を意味しています。 そのため、もしもコンサル会社が提供しているサービスの場合には、後からコンサルの営業が入る可能性があります。 ホームページを作ったものの、結局集客に繋がっていない・・・というケースも多いので、 「広告代行や効果の出るホームページ制作をしますよ」 という話が来る可能性もあるでしょう。

無料ホームページ作成のメリット

無料ホームページ作成のメリット

無料ホームページ作成のメリット では、ざっくりと無料ホームページ制作について触れてきましたが、これを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

費用が安い

当然ですが、無料ですので費用がかかりません。 特にスタートアップの段階や、資金的な余裕がない場合には、無料で作れるというのは非常に大きなメリットではないでしょうか。 通常であれば、ドメインやサーバーをレンタルする必要がありますので、月に数千円から数万円程度の金額が必要になるケースも多いです。 加えてサイトの制作費用がかかりますから、かなりの金額が必要になる可能性があります。 それが無料で使えるのは非常に大きなメリットでしょう。

専門知識が不要

無料でホームページ制作が出来るサイトは、基本的に 「非エンジニア」 を対象にしたサービスになります。 そのため、HTMLなどの知識が無くてもサイトを作れるように設計されています。 例えば、画像をドラッグ・アンド・ドロップで挿入できたり、配置したい所にドラッグして持っていったり。 感覚的に作れるようなサービスも多いです。 通常、トップ画面のスライダーなどは、HTMLが分かる人でも少し大変だったりしますが、そういったテンプレートをそのまま利用出来るため、非常に便利です。

操作が簡単

前述した画像のドラッグ・アンド・ドロップもそうですが、基本的には一般ユーザー向けのサービスになりますので、非常に操作が簡単になっています。 特に画像の差し替えやニュースフィードなどは、頻繁に更新が必要になるかと思いますので、そういった部分の操作が簡単であるのは非常に大きなメリットでしょう。

ある程度テンプレートが限られているので迷わない

「自由にデザインを考えられる方が良い」 と考えている人は多いと思いますが、それはある程度デザインが出来る人に限られるでしょう。 反対に、デザインの仕事をしてきていない人は、膨大な量のテンプレートがあったり、様々なデザインパーツから選べるようにしてしまうと、サイト制作に迷いが生じます。 一方で、テンプレートが10種類から選ぶだけ・・・というように制限がされていれば、確かに自由度は少ないですが、その分迷いません。 特に、自分自身のデザインセンスに自信がない場合には、人気のあるデザインから選ぶほうが最終的に良かったりもします。

製作スピードが早い

通常、サイトを作成しようと思ったら、構成を考えたり実際にコーディングを行ったりと、数日から規模が大きければ1ヶ月程度の時間を要する事もあります。 しかし、こういった無料サイト制作では、通常10分~30分程度あればサイトが完成します。 しかも、デザイナーとの打ち合わせなども無いですから、サイトに載せるための写真や動画を用意するくらいで終わりです。 製作スピードが早ければ、それだけビジネスをスタートできるのも早くなるわけですから、大きなメリットでしょう。

無料ホームページ作成のデメリット

無料ホームページ作成のデメリット

無料ホームページ作成のデメリット では、反対に無料ホームページ制作にはどのようなデメリットが有るのでしょうか。

広告が出てしまうケースが多い

なぜ無料でサービスを提供できるのか・・・という所で広告が出る可能性がある事をお話しましたが、広告が出る無料サービスが最も多いのではないかと思います。 「広告が邪魔なもの」 という認識を多くの人が持っているだけに、お金を払ってでも広告を消したいと考える事業者が多いと考えられます。 そのため、サービス提供会社としても 「お金を払わせるために、無料プランでは広告を出そう」 と考えるのです。

ホームページのデザインに限界がある

無料で作れるものには、デザイン的な制限が多いです。 例えば、 ・ロゴの表示はこんなに大きくなくて良い ・字体を選びたい ・画像のサイズを画面いっぱいにしたい ・背景を単色じゃなくて画像に変えたい など、デザインでサイトの印象は大きく変わってきますが、そういったデザインにしようと思ったら有料にする必要がある・・・など。

機能的に不十分

本格的にサイト運営をしていこうと思った時に、機能的に不十分なところが多いでしょう。 例えば、サイトから商品の購入を行ったり、顧客情報を管理したり。 お店の来店予約やデジタルカタログなど。 様々な方法でマーケティングに繋げるのが現代のホームページの役割になるわけですが、そういった部分まで配慮されている無料サービスは恐らく無いでしょう。

SEO対策がしにくい

ホームページを作って集客するには 「SEO対策」 が非常に重要です。 SEO対策とは、 「〇〇 東京」 などのように検索をした際に、上位に表示されるための施策のことです。 このSEO対策、様々な方法がありますが、無料サービスでは対策がしにくい構造になっている事が多いです。 また、サイトの表示速度の改善なども難しいです。 SNSなど別の所からホームページに集客する場合を除いて、長期的に運営するには向いていない可能性があります。

わからなかった時にサポートが無い

無料で提供されているということは、運営会社としても出来るだけ費用をかけたくないと考えているでしょう。 そのため、サポート体制が用意されていない事が多いです。 操作方法がわからなくなったり、もしも最新の情報を間違って消してしまったり・・・。 こういったトラブルになった時に、サポートがないのは非常に使い勝手が悪いでしょう。 また、もしもサポートがあったとしても、メールでの問い合わせのみで、電話対応はしていない・・・というケースでは、サイトが表示されなくなったなどの急を要するトラブルの際に、応急処置としての対処方法も返答に時間がかかる可能性があります。

サービス終了で利用できなくなる

無料サービスの場合、サーバーなどの所有権は、サービス提供会社にあります。 そのため、もしも業績が悪化した際などに、一方的にサービスを終了されるケースがあります。 特に問題なのが独自ドメインではなく、サービス提供会社のドメインを使っていた場合。 そのアドレスにあなたのお客さんが訪れても、 「サイトが見つかりませんでした」 という表示になります。 そうなると、あなたの会社の信用が下がる可能性があります。 名刺を取引先やお客さんに渡しているケースなども、URLが変わってしまうので、再度配り直す必要があります。 無料サービスにはこういったリスクが有るのです。

別途集客費用が高くなる

無料ホームページ制作は、あくまでも 「ホームページを作ること」 が目的になります。 そのため、前述したようにSEO対策がしにくい可能性もありますし、最悪の場合そもそもサイト自体が検索に上がってこないような設定になっているかもしれません。 Googleなどのサイトを検索できるサイトは、クローラーと呼ばれる「サイトを見つけてきて評価するロボット」がいます。 このクローラーがサイトを見つけてくれるまでは、検索してもサイトが出てこない状態なわけですが、この評価「コピーサイト」「悪質なサイト」「質の悪いサイト」は、評価を下げます。 その影響は、そのページ単体ではなくサイト全体に及ぶため、サービス提供会社のサイト自体にペナルティがされないためにも、独自ドメインではない場合は、クローラーの評価対象外として最初から除外されている可能性があります。 その場合、どれだけ頑張ってもサイトは検索されませんので、自分で広告をかけたり、SNSから集客する必要が出てくるでしょう。 その結果、最終的に集客費用が高くなってしまう可能性もあるのです。

同業他社に情報が漏れることも・・・

ビジネスにおいて、情報は非常に重要です。 売れる商品の情報があれば、その商品を自社でも扱えば売上アップが見込めます。 サービス提供会社は、無料で作ったサイトの情報を収集できる様に仕組みを入れている可能性が高いです。 そのため、無料サイトを作る人が多ければ多いほど、 「今の世の中の売れ筋」 「よく見られている商品」 「人気のキーワード」 などの情報を収集できます。 多種多様な業界のサイトが集まれば、その分多くの情報が集まるので、情報収集という意味合いで言うなら、自社サイトを作るよりも非常に効率的に情報収集できます。 では、この収集した情報が、同業他社に渡れば? 間接的にあなたのビジネスにダメージを与えることになりますよね。 もしもサービス提供会社がコンサルティングをメインにしている場合、こういった情報を元にコンサルティングをするというのは十分に考えられます。

「名刺代わりのサイト」を作る時代は終わった!大切なのは「お客さんの反応」

「名刺代わりのサイト」を作る時代は終わった!大切なのは「お客さんの反応」

「名刺代わりのサイト」を作る時代は終わった!大切なのは「お客さんの反応」 ここまで書いてきた事からもわかるように、現在の日本では 「サイトを作れば良い」 のでは有りません。 お客さんに届き、しっかりと反応がもらえるサイトを作ることが最も重要になってきます。 話は少し変わりますが、IT補助金で「実質サイトを無料に近い金額で作れますよ」という営業電話を受けた話を何度か聞きましたが、基本的にそういった会社は 「ただ作るだけでマーケティングに関しては何の提案もなかった」 という事でした。 補助金が目当てなので、恐らく制作後の事は考えていないのでしょう。 しかし、どれだけ安価にサイトを作れたとしても、それが売上に繋がらないのであれば、無駄な経費になってしまいます。 そのため、きちんとお客さんからの反応がもらえるサイトを作ることが重要なのです。 そういった点からすると、個人的には無料のホームページ制作は、オススメできません。 確かに無料で簡単にサイトを作れるのは嬉しいですが、リスクやデメリットの方が大きいと考えています。 それであれば、しっかりとお客さんを集めるための仕組みを含めたシステムの導入がベストでしょう。 自社のアプリ開発やSNS集客の自動化など、ある程度の費用は必要ですが、売上アップの可能性が非常に高い施策を打つことが可能です。

業務システムはAMELAに

業務システムはAMELAに

業務システムはAMELAに サイト制作はもちろんのこと、現状のビジネス課題を解決するためのシステムの導入は、これからの時代重要になります。 AMELAでは、様々な業界のシステム化に携わってきていますので、幅広い経験や知見があります。 また、ITコンサルティングも行っているので、多くの会社が抱えている問題や、その問題を根本的に解決する方法についても深い専門知識を持っています。 「そうはいってもウチの会社は特殊だから」 と考えている人も多いかと思いますが、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。 自社の人間だけでは思いつかなかった解決法が見つかるかもしれません。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

otani

イメージはマスコミの情報に形成される。 そこで私たちを待っている幸福が、私たちが望むような幸福ではないかもしれない。

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください