制作事例

企業がSNS運用をすべき理由とは?運用するポイントを5つご紹介

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

多くの方が利用しているSNSですが、最近は企業アカウントを見かけることが多くなりました。 面白いツイートをして注目されたり、画期的な商品をアピールして売り上げに繋げるなど、企業によるSNS運用が増えています。 また、この記事をご覧になっている方の中にも、「企業でSNS運用をしたい」をと考えている方がいるでしょう。 そこで今回は、企業がSNS運用を行うための手順とポイントを解説していきます。企業のSNS運用を検討している方はぜひ参考にしてください。

企業がSNS運用を行う手順

企業がSNS運用を始めるためには、「運用目的」と「運用ルール」を設定する必要があります。以下で詳しく紹介するので、参考にしてください。

企業(自社)がSNS運用を行う目的を明確にする

まず初めに、企業がSNS運用を行う目的を明確にしましょう。 企業によっては「自社のブランド認知を向上したい」「広告費用を削減するためにSNS運用をしたい」「リード獲得の媒体として活用したい」などさまざまです。 自社の抱えている課題を洗い出し、課題を解決するためにどう「SNS運用」を行うのか決めることで、効果的に活用することができます。 目的が設定でき次第、使用するプラットフォーム(Twitter、Facebook、LINEなど)を選定し、効果が出やすい媒体を利用するようにしましょう。

SNS運用を行う際のルールを決める

SNS運用の目的が明確になったら、次は運用ルールを設定します。SNS運用にどのくらいの人数をかけるのか、コンテンツの作成・配信頻度はどうするのか、ターゲット層はどこにするのか、など詳細にルールを設定します。 もしルールがしっかり決まっていないと、不定期に更新されるアカウントとなり、ユーザーが離れてしまいます。リード獲得に力を入れたい企業は、更新頻度など厳密に決めておくことが大切です。

企業がSNS運用する5つのポイント

企業のSNS運用の準備ができたら、次は実際に運用します。ただし、以下でご紹介するポイントを抑えておくことで、より高い効果を得ることができます。 初めてSNS運用をする方やSNS運用で失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

ユーザーにメリットのある投稿をする

企業でSNS運用を行う1つの目的が、ユーザーに魅力的な情報を伝えて、自社商品の売上に繋げることです。 つまり、自社商品の魅力を伝えなければ、いくら面白いコンテンツを投稿しても、注目を集めるだけで商品の売上には繋がりません。 ユーザーが自社商品を利用することで「どのようなメリットがあるのか」「どのような効果があるのか」を適切に伝えるコンテンツを投稿しましょう。

炎上に注意する

SNS運用を行うにあたって注意したいことは「炎上」です。 過激なツイートや不謹慎なツイートはもちろん炎上のもとになりますが、何気ない投稿で炎上してしまうケースも少なくありません。 近年は「炎上商法」と呼ばれる、あえて非難を浴びることで注目を集める手法が目立っています。しかし、企業アカウントの場合、1回炎上してしまうと今まで積み上げてきた信頼を一気に失ってしまいます。 プラットフォームの雰囲気を壊さないよう、マナーに従った投稿を心掛けましょう。

感情に訴えるツイートをする

マーケティング分野でも同じことが言えますが、顧客の感情に訴えかける言葉がリード獲得に繋がります。 SNSの場合、「驚き」「賛辞」「幸せ」などの感情に共感できる投稿をすることでコンテンツをシェアしてもらえます。 より多くの方にシェアしてもらうことで、幅広い層の目にコンテンツが留まり、結果的に認知拡大に繋がります。 ユーザーの気分を害さない範囲で、感情に訴えかける投稿をしましょう。

状況に合わせて広告を活用する

SNS運用の魅力の1つで、SNS内で広告を打つことができます。 例えば、Twitterの場合は利用者層が10代から20代と若い世代が多く、ターゲットを絞って自社商品の広告を届けることができます。 また、SNSの投稿と同じ形式で広告を表示できるため、ユーザーに不快感を与えることなく広報を行うことが可能です。 自社アカウントのコンテンツ拡大に課題を感じたなら、SNS広告の運用も検討するといいでしょう。

アカウントのブランディングを統一する

自社アカウントのブランディングは、SNS運用を行う上でとても大切です。 一般的に、企業アカウントは「真面目・正当・厳格」などの印象を持たれます。投稿内容は常にですます調で統一する、文字は詰めすぎつ適宜改行をはさむ、など一貫したブランディングを目指しましょう。 また、近年は「企業アカウントなのにゆるいツイートをする」ことで人気を集めている企業があります。どの層に向けた投稿なのか意識し、コンテンツを作成することでアカウントを伸ばすことができます。

まとめ

この記事では、企業のSNS運用を行う手順やポイントをご紹介しました。 ポイントを抑えて効果的に運用することで、企業の認知度向上や商品の売上向上など、さまざまな面でメリットがあります。 難しく考えず、「挑戦してダメだったら撤退する」といった考え方を持ち、積極的に取り入れていくことをおすすめします。

【関連記事】

 

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください