制作事例

【最新版】おすすめソーシャルリスニングツール5選を厳選比較

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

ビジネスを行う上で情報の分析は必須です。 最近ではさまざまなプラットフォームがあり、各プラットフォームに適したツールを活用することで効率よく業務をこなすことができます。 その中で注目されている「ソーシャルリスニングツール」ですが、数多くのサービスがあり、どのツールを使うべきか迷ってしまう方がいるでしょう。 そこで今回は、「質」と「評判」が高いおすすめのソーシャルリスニングツールを5つご紹介します。 これからソーシャルリスニングツールを検討される方はぜひ参考にしてください。

ソーシャルリスニングツールとは

SNSでは、日々多くの情報が投稿されています。 それらの膨大な情報を特定のキーワードに絞って収集したり、さまざまなデータを分析して、ビジネスやプロモーションの改善に活かすマーケティング手法が「ソーシャルリスニング」です。 ソーシャルリスニングツールとは、この一連の作業を効率よく行うためのツールを指します。 ソーシャルリスニングツールを活用することで、自社サービスに関する情報だけでなく、ユーザーの本音を聞くことが可能です。 また、データの処理スピードがかなり速く、通常数十時間かかる作業を数時間まで短縮することができます。

おすすめソーシャルリスニングツール5選

現在は、「口コミ分析に特化したツール」や「グラフやレポート作成に特化したツール」など、さまざまなソーシャルリスニングツールが提供されています。 以下では、「」と「評判」の良いソーシャルリスニングツールを5つに厳選してご紹介します。 迷っている方・検討中の方は参考程度にご覧ください。

ソーシャルインサイト(Social Insight)

ソーシャルインサイト(Social Insight)

【ソーシャルインサイトの特徴】

  • 8種類以上のツールを分析できる
  • 自社アカウントと競合アカウントとの比較分析が可能
  • 特定キーワードが使用されている文脈やユーザーの可視化できる

ソーシャルインサイト(Social Insight)は、SNS分析・効果測定だけでなく、口コミ分析や投稿配信といった多数の作業をサポートしてくれるツールです。 複数のSNSアカウントを一括管理できるため、データの収集や保管が簡単に行えます。 収集したデータをレポートにまとめて見やすい形にすることも可能です。情報共有がしやすい点も魅力的でしょう。 URL:https://sns.userlocal.jp/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

ブームリサーチ(Boom Research)

ブームリサーチ(Boom Research)

【ブームリサーチの特徴】

  • 80種類を超える豊富な分析機能が搭載
  • シンプルな操作性であるため、初心者でも安心して利用できる
  • データ保有量がソーシャルリスニングツールの中で国内最大級

ブームリサーチ(Boom Research)は、TwitterやInstagramといった日本で主要なSNSの分析だけでなく、ブログや掲示板といったソーシャルメディアで掲載されている口コミなどをデータとして扱うことができます。 また、リアルタイムでデータの収集・分析が行えるため、常に最新の情報を把握することが可能です。 分析用のメニューも豊富で、80種類の機能を活用してさまざまな切り口からデータを見ることができます。 URL:https://boomresearch.tribalmedia.co.jp/ 料金:初期費用100,000円 / 月額利用料150,000円~(プランによって異なります。)

 

ザンルー ジャパン(Zanroo Japan)

ザンルー ジャパン(Zanroo Japan)

【Zanroo Japanの特徴】

  • 100種類以上の言語に対応できる
  • シンプルなデザインで扱いやすい
  • 海外メディアの情報収集に長けている

ザンルー ジャパン(Zanroo Japan)は、タイの企業IBG社が開発したソーシャルリスニングツールで、ASEAN諸国のあらゆる言語に対応している特徴があります。 海外のインフルエンサーが投稿した情報を集めることで、トレンドや流行をいち早く知ることができるでしょう。 また、海外メディアの口コミ情報に対する収集・分析にも特化しているため、自社のターゲット層に合わせて活用すると高い効果を得ることが可能です。 URL:https://zanroo-japan.com/ 料金:初期費用130,000円 / 月額費用120,000円~

 

Sprinklr

Sprinklr

【Sprinklrの特徴】

  • 20種類以上のチャネルを分析できる
  • ブログやニュースサイトなど数百万規模の情報が収集可能
  • AI機能が搭載されているため精度の高い情報を集めることができる

Sprinklrは、TwitterやFacebook、Instagramなど20種類以上のチャネルを対象に、分析や情報収集を行えるソーシャルリスニングツールです。 また、広告やセールスなど多岐にわたる業務を一元的に管理・運用できる機能も搭載されており、多くの場面で役立てることが可能でしょう。 URL:https://www.sprinklr.com/ja/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

Talkwalker

Talkwalker

【Talkwalkerの特徴】

  • 自社と他社のアカウントをチャネル別に比較することが可能
  • 自動レポート機能により作業工程を減らすことができる
  • 187言語に対応している

Talkwalkerは、AI機能が搭載されたソーシャルリスニングツールです。 日々学習を通してさまざまな言語のデータを的確に収集し、ビジネスに活かせる形へ分析することが可能です。 世界中の情報をリアルタイムで把握することができ、流行の商品など市場の動きを察知することができる魅力があります。 URL:https://www.talkwalker.com/jp 料金:初期費用130,000円 / 月額費用120,000円~

 

まとめ

この記事では、おすすめのソーシャルリスニングツールを5つご紹介しました。 自社の抱えている課題を解決できるツールを導入するのが1番大切ですが、どうしても迷ってしまう場合は「質」と「評判」の良いツールを使ってみましょう。 今は無料で体験できるソーシャルリスニングツールが提供されているので、まずは低コストで導入し、使用感を確かめることをおすすめします。

【関連記事】

 

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください