制作事例

モバイル時代に必要不可欠なMDMサービスとは

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

テレワークやリモートワークの影響により、ビジネスでモバイルを利用する機会が多くなりました。 しかし、モバイルをビジネスで活用するにおいて「セキュリティ対策」や「導入コスト」など、さまざまな課題点があります。 これらの課題点を解消できるサービスとして注目されているのが「MDM」です。この記事では、MDMとは何か解説すると共に、MDMを利用するメリットやサービス選定で大切なポイントも詳しく解説していきます。 興味のある方や導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

MDMとは

MDM(Mobile Device Management)とは、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末の管理を一元化することを指します。 MDMサービスを利用することで、ユーザー属性やカテゴリーに分けて情報を管理できたり、アプリケーションの一括管理を行うなど、さまざまな施策を行うことが可能です。 また、社内で共有したいデータ・コンテンツを一斉送信することができ、ビジネス用のモバイルを使う上で役立つ機能を多数搭載しています。 その他に、モバイルの課題点である「セキュリティ対策」もしっかりしています。紛失や盗難にあった場合は遠隔操作でデータの削除ができるため、情報漏洩の危険性を減らすことができます。

MDMサービスが注目される背景

従業員の業務をモバイルで管理することは、ビジネスを行う上で重要です。 しかし、会社で指定したアプリのダウンロードやインストールを、従業員個人に任せてしまうと、どうしても作業の進行度にバラつきがでてきます。 また、社外へ持ち出すものであるため、紛失や盗難の危険性などセキュリティ対策が難しい課題点があります。 万が一、社内のデータが漏洩してしまった場合、多大なる損害はもちろん、個人情報を扱っているサービスなら賠償責任を問われるケースも少なくありません。 こうした課題点を克服するため、MDMサービスを導入する企業が増えています。 MDMサービスでは、遠隔操作で強制的にアプリのダウンロードを促すことや、データの削除ができるなど、便利な機能がたくさん備わっています。 安心してモバイル管理を行える理由から、MDMサービスが注目されています。

MDMサービスを利用するメリット

MDMサービスを利用することで、さまざまなメリットがあります。

必要なデータを一括管理できる

ビジネスをうまく進めるためには、常に最新情報を共有できる環境が必要です。 クラウドサービスのように、個人が自由にアクセス・共有できる空間を用意することも効果的ですが、人によって作業に差がでてしまいます。 しかし、MDMサービスを導入することで、強制的にデータの送信を行うことが可能です。作業に個人差がなく、情報を届けることができます。

一つのモバイルでサービスを利用できる

MDMサービスは、1つのモバイル(スマートフォンやパソコンなど)をプライベート用とビジネス用に分けて使うことができます。 そのため、複数台のモバイルを準備する必要がなく、導入コストを抑えることが可能です。

遠隔操作が可能

MDMサービスには、遠隔操作ができる機能が備わっています。 モバイルの利用は、従業員が社内の機器を自由に持ち運びできる魅力があります。一方で、情報漏洩やモバイル機器の紛失など、セキュリティ面で多くの課題があります。 特に、リモートワークの導入を踏みとどまっている企業の多くが、この点を恐れているでしょう。 しかし、MDMサービスを利用することで、もし機器の紛失をした場合でも、遠隔操作でデータの削除を行うことができます。 情報漏洩の危険性を減らすことができるため、リモートワークの導入を検討している企業にはおすすめなサービスです。

MDMサービスを選ぶ時のポイント

MDMサービスにはさまざまな種類があります。以下で選ぶ時のポイントをご紹介するので、これからMDMサービスを利用する方は参考にしてください。

セキュリティの質が高いか

MDMサービスは、モバイル管理に対するセキュリティ対策はしっかりしていますが、それでも注意しなければなりません。 特に、ソフトウェアタイプのMDMサービスは、脆弱性を狙ったセキュリティ攻撃の危険性があります。 「大切なデータがいつの間にか引き抜かれていた…」なんてケースもまれにあります。実績や導入実績など、評判を調べることで判断できます。 導入前の下調べは慎重に行いましょう。

操作性がシンプルか

モバイルの管理を行うのは専門的な知識をもったエンジニアではなく、総務部などが多いです。 いくら便利な機能が搭載されているとはいえ、操作性が難しく使いこなせなければ意味がありません。 シンプルで分かりやすいサービスを選ぶようにしましょう。

まとめ

この記事では、MDMとは何か詳しくご紹介しました。 MDMを利用することで、モバイルを活用したビジネスを安全かつ簡単に行うことができます。 また、管理しているデータの共有もスピーディーにできるため、効率良く業務を進めることが可能です。 モバイルを利用したビジネスを考えている方は、ぜひMDMの導入をおすすめします。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください