制作事例

【最新版】おすすめヒートマップツール5選(有料・無料)

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

Webマーケティングを行う上で、「ヒートマップツール」を導入する企業が増えています。 しかし、現在は多種多様なツールが提供されており、どれが自社に適しているのか判断するのが難しいでしょう。 そのような企業に向けて、この記事ではおすすめヒートマップツールを5つに厳選してご紹介します

ヒートマップツールとは

ヒートマップツールとは、アクセス数やクリック数などの数値に応じて、データを分かりやすく表示してくれるツールです。 温度計で利用されるサーモグラフィの要素を取り入れており、熱量(アクセス数などの数値)が高い場所は赤く、低い場所は青く表示されます。 そのため、直感的にユーザーの行動を把握することが可能で、ユーザー視点で自社のコンテンツを見直すことができます。

ヒートマップツール

おすすめヒートマップツール5選

ここでは、おすすめのヒートマップを5つに厳選してご紹介します。 どれも「」と「評判」が高いので、迷っている方は以下から選ぶと良いでしょう。

Mouseflow

Mouseflow

【Mouseflowの特徴】

  • 全世界の企業で利用されている
  • サイトのページ移行率を記録できる機能を搭載
  • 精度の高い分析が可能

Mouseflowは、デンマークのMouseflow社が提供するヒートマップツールです。 海外の企業を含めて約15万社以上に利用されており、導入実績から評判まで高い評価を受けています。 機能も充実しており、アクセス数や閲覧率を分析するだけでなく、クリックが多い部分や改善点の提案など、Webマーケティングに役立つものばかりが提供されています。 また、Mouseflowにはユーザーの動きを録画して再生できるセッションリプレイ機能が搭載されています。 データからユーザーの動きを予想し、実際の行動を見て施策を検討することが可能なので、質の高いコンテンツを作ることができます。 URL:https://msflow.jp/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

User Insight

User Insight

【User Insightの特徴】

  • 閲覧率などの数値だけでなく、ユーザー属性も分析できる
  • スマートフォン・タブレットなどのモバイル端末に対応している
  • ユーザーの行動や視線を詳しく見ることができる

User Insightは、通常のアクセス分析とユーザー行動を可視化できるヒートマップ機能が合わさったツールです。 メディアやECサイト、広告などさまざまな媒体で活用できるツールとなっており、幅広いマーケティング施策を検討できます。 導入企業は楽天やマイナビなど、大手企業が多く実績も豊富です。 ツール自体も非常にシンプルで分かりやすく、初心者の方でも安心して利用できるでしょう。 URL:https://ui.userlocal.jp/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

Ptengine

Ptengine

【Ptengineの特徴】

  • さまざまなデバイスを一括してヒートマップ分析できる
  • Webページやランディングページを区別して分析できる
  • ABテストの分析も可能

Ptengineは、1つのタグを設置するだけでヒートマップ分析が行えるため、初めて利用する方におすすめのツールです。 利用者は企業・個人を合わせて20万人を超えており、国内利用者数もNo,1とかなりの実績があります。 ユーザーのトラッキングも自由に設定できるので、高精度なデータ分析を行えます。 ツール自体も非常にシンプルで分かりやすく、初心者の方でも安心して利用できるでしょう。 URL:https://www.ptengine.jp/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

Contentsquare

Contentsquare

【Contentsquareの特徴】

  • アプリ・ブラウザ全てのチャネルに対応
  • コンテンツ単位のROIも可視化できる
  • Googleの拡張機能で利用できる

Contentsquareは、ニューヨークに拠点を置くコンテントスクエア社が提供しているヒートマップツールです。 パソコンやアプリ、モバイルなどさまざまなチャネルに対応しているため、詳細なマーケティング分析を行うことができます。 その他にも、カスタマージャーニー分析やコンテンツパフォーマンス分析など、多岐にわたる機能が搭載されています。 URL:https://contentsquare.gaprise.jp/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

ミエルカヒートマップ

ミエルカヒートマップ

【ミエルカヒートマップの特徴】

  • 分析したページの結果を保存できる
  • サポート体制が充実している
  • 全てのデバイスで利用可能

ミエルカヒートマップは、株式会社Faber Companyが提供しているヒートマップ解析です。 ヒートマップ機能だけでなく、Webマーケティングに必要なキーワード分析やデータ収集など、さまざまな機能が搭載されています。 無料で利用できるプランも用意されているので、試しにヒートマップツールの導入を検討している方におすすめです。 URL:https://mieru-ca.com/heatmap/ 【料金】

  • プロ/ 月額:164,780円
  • エキスパート/ 月額:109,780円
  • ファースト/ 月額:54,780円
  • ビジネス/ 月額:21,780円
  • ミニマム/ 月額:10,780円
  • 無料

 

まとめ

この記事では、おすすめヒートマップツールを5つに厳選してご紹介しました。 どのサービスも優れた機能を持ち合わせていますが、迷ってしまう場合は「」と「評判」の良いヒートマップツールを選ぶと良いでしょう。 企業の導入実績から判断できるので、気になる方は導入前に調べておくと失敗する可能性を減らせます。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください