制作事例

スキームとは?概要からビジネスでの活用事例をご紹介

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

ビジネスの場でよく耳にする「スキーム」という言葉ですが、正しい意味を理解している方は少ないと思います。 そこで今回は、スキームとは何か概要からビジネスでの活用事例など詳しく解説します。 用語を1つでも知ることで、コミュニケーションが捗ります。興味のある方、気になっている方はぜひ参考にしてください。

スキームとは

スキーム(scheme)とは、「枠組みを持った計画」を表すギリシャ語から由来している言葉です。 意味としては、「図解」「図表」などを表すことが多く、日本のビジネス場面では「体系的な計画」といった意味で使われます。 新規事業の立ち上げに関わる方やマーケティング部署で経営戦略を考案する方は、「来週までに〇〇スキームを検討する」「〇〇スキームを導入する」といった言葉を耳にするでしょう。 このように、計画に関するさまざまな意味合いでスキームという言葉が使われています。

スキームとよく似た言葉「フロー」「ロジック」とは

スキームとよく似た言葉で「フロー」や「ロジック」があります。 フローは、主に業務・仕事の流れを表す言葉です。 業務の始まりから終わりまで一気通貫した流れを示しています。 一方、ロジックとは論理といった意味を持つ言葉です。 どちらもビジネス全体を考える上で重要な考え方ですが、スキームは「計画」、フローは「手順」、ロジックは「論理」と違いがあるので注意しましょう。 それぞれの言葉を混同して使っている方がいますが、人によっては言葉を使い分けている場合があり混乱を招く恐れがあります。 意味を理解して、場面にあった使い方をすることが大切です。

ビジネスにおけるスキームの活用方法

スキームという言葉は、ビジネスシーンで多種多様な組み合わせで使われることが多いです。 種類がたくさんあるので、いくつかピックアップしてご紹介します。

連帯スキーム

連帯スキームとは、機能を細分化した組織を再び一つにまとめて生産性をあげる場合に使われる言葉です。 組織全体を見ても、ある部署が単独で成果を出そうと動くより、各部署間で連帯して成果を求める方が最終的な完成度が高いことがあります。 連帯スキームを組み立てることで、成果の高いサービスを生み出すことができるでしょう。

評価スキーム

評価スキームとは、人事評価や事業評価などに活用する枠組みで、人や企業を評価する制度を指す言葉です。 評価軸を体系化することにより、従業員のモチベーション維持や企業自体の信頼を高める効果があります。

販売スキーム

販売スキームとは、「企業が生産している商品を提供する」といった一連の流れを捉えていくことを指す言葉です。 主に商品の販路を拡大する目的や販売方法の改善に用いられる枠組みで、販売会社・消費者・商品メーカーといった協力企業を軸として考えます。 顧客満足度やクレーム対応、アフターフォローの充実度など各項目が、販売においてどのような効果を発揮するのか把握し改善することが可能になります。

運用スキーム

運用スキームとは、顧客から預かっている資産の運用方法を図表に表してシンプルに示したものを指します。 特定期間の資産額の増減や運用情報は、顧客の理解度を得るために必要な要素で、分かりやすく伝えることが大切です。 また、将来的なリスクを選択できるよう、さまざまな項目を可視化することで分かりやすく管理できるようにします。 この一連の流れを計画するのが運用スキームとなります。

スキーム作成のポイントとは

ここまで読んで、実際に自社向けの事業スキームを作成したいと感じた方も多いでしょう。 以下ではスキーム作成で大切なポイントをいくつかご紹介します。

事業のコンセプトやビジョン

まず初めに事業のコンセプトやビジョンを設定する必要があります。 より現実味のある、目標の高いビジョンを設定することが大切です。

事業領域

事業領域は「物理的定義」と「機能的定義」の2点から考えることが重要です。 物理的定義は顧客が利用する商品やサービス本体を指し、機能的定義は商品やサービスが持っている機能から事業範囲を設定することを指します。 それぞれの事業領域を決めることでゴールの無い事業展開をせずに済むでしょう。

収益化の方法

事業を継続するためには収益化の方法を検討する必要があります。 商品やサービスの特徴、販売フローを検討し収益化の仕組みを構築しましょう。

財務計画

経営面での課題や事業面で考えられるリスクなど、具体的な財務計画を練りこむことで事業スキームが完成します。 また、ここまでのスキームはできる限り簡潔にまとめて外部に伝わりやすくすることが大切です。 実践と改善を繰り返し、事業スキームを磨いていくことが事業成長のカギとなります。

スキームとは何か理解することでコミュニケーションが捗る

この記事では、スキームとは何か詳しくご紹介しました。 「枠組みを持った計画」「図表」などの意味を表すスキームは、経営戦略を立てるときやビジネス計画を設計する場面でよく使用されます。 組織を運営する立場やマーケティングを行う役職の方は、意味を知っておくことでコミュニケーションが捗るでしょう。 また、スキーム以外のビジネス用語はたくさんあります。それぞれ正しい意味で使えるよう知識を深めていきましょう。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください