制作事例

得しかない!?企業がYoutubeチャンネルを開設すべき理由

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

現在、多くの企業がYoutubeへの参入を決めています。 「なんとなくうちもやった方が良いのかな」 と感じている経営者・マーケティング担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな企業様向けに ・Youtubeチャンネルって開設するべきなの? ・ウチのビジネスモデルでもYoutubeって必要なの? ・実際にどのようなメリットが有るの? という視点でお話をしていきたいと思います。

Youtubeチャンネルをマーケティングツールとして使う有用性

Youtubeチャンネルをマーケティングツールとして使う有用性

Youtubeチャンネルをマーケティングツールとして使う有用性 まずは、具体的にどのような有用性があるのかという点を明確にしていきましょう。

エンドユーザーにダイレクトでリーチできる

Youtubeをマーケティングに用いる上で最も良い点は、エンドユーザーにダイレクトにアプローチが出来るという点です。

わからないことはYoutubeで調べる時代

 

現在、若い世代を中心にYoutubeで調べ物をするという人は増えています。 一般人が調べる内容の多くが、文章や画像よりも映像の方が理解しやすいです。 例えば、 ・料理 ・スポーツ ・手芸 ・アクセサリー作り 様々なジャンルで、具体的に動画でやっている所を見れるのは、ユーザーとしてもわかりやすいです。 更に、動画の製作者が音声を入れてくれているので、受け身で聞くことも出来るため、非常に楽です。 そのため、若い世代ほど、単にメディアとしての楽しみ方以上に、調べ物もYoutubeというのが常識になりつつあります。

 

一定の法則さえ分かれば検索上位表示が狙いやすい

 

Youtubeは現在、ホームページを制作するよりはハードルが高いです。 そのため、チャンネルの開設数はホームページよりも少なく、ライバルが少ないと捉えることもできます。 また、まだまだAIなどによって動画の内容で検索順位を付ける・・・という事が難しいです。 そのため、タイトルやユーザーの反応・本文などの文章主体で検索順位が決まると考えられますが、これらはホームページのSEO対策に比べると比較的簡単と言えるでしょう。

 

動画はGoogle検索で上位表示

 

Youtubeのマーケティングにおいて最も注目したいのは、Youtube自体がGoogleのサービスであるという点です。 Google自身も今後は動画がネットの主体になると確信しているからこそ、ネット検索をする際に、Youtube内の動画がヒットすれば、そちらの方が上位に表示されます。 つまり、今の内からYoutubeチャンネルをしっかりと育てておくことで、単にYoutube内での地位を確立するだけではなく、ネットの検索自体において有利なポジショニングを行えるということになるのです。

 

関連動画から新規顧客を獲得できる

Youtubeは、他の動画への関連リンクが非常に効率的に作られています。 自分が現在見ているチャンネルの別の動画が関連動画として出てくるのは勿論ですが、類似の内容を拾い上げるという点で、マーケティングとしての活用がしやすくなっています。 また、通常のサイト検索と違って、動画は一度見始めたら複数動画を見てしまう確率が非常に高いです。 そのため、マーケティングとして活用することで、新規顧客を獲得しやすいというメリットがあります。

質の高い動画は会社のファンを作れる

単にマーケティングとして活用できるだけではなく、コアファンが作れるというのもYoutubeの大きなメリットでしょう。

企業のブランドイメージアップ

 

動画の大きな特徴として 「伝えられる情報量が多い」 ということです。 そのため、良質な情報を提供することで、企業としてのブランドイメージをアップさせることが可能です。 例えば、美容関係の商品を売っている企業なら、美容に関する正しい知識や、家で出来るケアなどの情報は、ユーザーにとって非常にメリットがある情報です。 そういったユーザーが欲しいと感じる情報を提供することで、コアファンが増えていくのです。

 

チャンネル登録は未来の売上につながる

 

同時に、動画が良いと思ってくれた人は、チャンネル登録もしてくれる可能性があります。 チャンネル登録してもらうことができれば、 ・新しい動画をアップすると登録者のトップに表示される ・新しい動画アップ時に通知が来るように設定してもらえる ・動画の検索順位や関連動画表示回数が上がる というメリットがあります。 徐々にYoutubeチャンネルのアカウントを育てることにより、将来的に商品のPR力が上がったり、チャンネル登録者から購入が来るなど、将来の売上につながります。

 

Youtubeチャンネルなら収益を上げることも可能

Youtubeチャンネルなら収益を上げることも可能

Youtubeチャンネルなら収益を上げることも可能 更にYoutubeでは、チャンネル自体で収益を得ることも可能です。

収益化の条件

収益化の条件としては、 ・チャンネル登録者数が1000人以上 ・動画再生時間が4000時間以上 ・ガイドライン違反警告の動画がない というものになります。 これらの条件を満たしていれば、Youtubeの動画に広告を入れる事で収益を得ることができます。

ただし収益化は狙い過ぎない!適切な顧客の誘導を心がける

ただ、Youtubeチャンネルの広告収入を得るか否かはチャンネルの方向性や戦略によって変えるべきでしょう。 例えば、美容に興味のあるユーザーに対して、 「他社の美容商品の広告が自動で流れてしまう」 これ自体は、自社のビジネスの妨げになる可能性があります。 わずかな広告収入のために、自社商品の販売を阻害するくらいであれば、広告は付けない。 そうすることで、他社商品に流れるのを防ぐのと同時に、広告表示によるユーザーへの不快感を与えなくて済みます。 ですので、あえて収益化しないという選択肢もありだと考えています。 その際は、Youtube内に商品のリンクを貼るなど適切なユーザーの誘導を心がけると良いでしょう。

Youtubeに必要なコスト・機材

Youtubeに必要なコスト・機材

Youtubeに必要なコスト・機材 Youtubeを活用する上で、機材やコストはどのくらい必要なのでしょうか。

機材はPCとスマホだけで始められる

機材に関しては、PCやスマホがあれば十分に作成可能です。 欲を言えば、アドビ製品であるPremiereProなどの有料動画編集ソフトがあれば、エフェクトも自由に入れることができますが、最近はどんどんと無料のツールも出てきているので、編集も簡単にできます。

人員は1人だけでも大丈夫

動画のテイストやコンテンツの内容にもよりますが、1人からスタートすることも可能です。 動画は商品などを移した上で、音声のみを自分で入れるなどであれば、人員は必要ありません。 更に、予算をかけることが出来るのであれば、ナレーションをフリーランスに依頼することも可能です。 漫画テイストの広告が流行ったこともありましたが、同じ様に漫画動画にしてアップすることで視聴数を伸ばすこともできます。 こういったコンテンツは、フリーランスの漫画家や趣味でイラストを書いている人に依頼することも可能ですので、内容によっては検討しましょう。

マーケティングは年々複雑に!最大限の効率化をするためにAMELAに相談を

マーケティングは年々複雑に!最大限の効率化をするためにAMELAに相談を

マーケティングは年々複雑に!最大限の効率化をするためにAMELAに相談を マーケティングの方法は年々難しくなっています。 それは、ユーザーが既存のマーケティング方法に見慣れてきて、反応率が低くなってくるなどの影響です。 そのため、マーケティングを仕掛ける側としても、どんどんとユーザーにとって ・価値がある ・目新しさがある ・エンターテイメント性がある ものを提供していく必要があります。 しかし、大手企業でもない限り ・企画、戦略立案 ・コンテンツの作成 ・マーケティング ・効果測定 ・日々の情報発信 までをしっかりと行っていくのは非常に困難です。 「本当はしっかりとマーケティングをやりたいけど手が回らない」 と感じている企業様は、是非AMELAにご相談下さい。 ・自社アプリなどの開発 ・効果測定、分析の自動化 ・マーケティングオートメーション ・メルマガの自動配信 ・顧客分析 ・SNSなどの話題の自動収集 など、出来ることはいくつもあります。 システムによって業務を効率化させることで、マーケティングに時間を割く事ができます。 更に、動画撮影という点からいくと、今後はドローンによる撮影やロボットを利用した撮影により、人が入ることが難しい危険な場所での撮影や、映像の多様化も視野に入ってくるでしょう。 そういった最新技術の導入から、日常的に利用するシステムの導入・ユーザーに対する新しいアプローチまで可能な限りの提案をさせていただきます。 是非ご相談下さい。

WRITTEN BY

otani

イメージはマスコミの情報に形成される。 そこで私たちを待っている幸福が、私たちが望むような幸福ではないかもしれない。

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください