制作事例

システム開発の外注と内製のそれぞれのメリット・デメリットを解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

システム開発をするには、「外注」と「内製」という選択肢がありますが、どちらを選ぶべきか悩みますよね。 実際、外注と内製にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、どちらを選べばいいかはケースバイケースなのです。 この記事では、あなたが外注と内製どちらを選ぶべきか判断できるようになるように、外注と内製それぞれのメリットとデメリット、外注した方がいいケースと内製した方がいいケースについて解説します。  

システム開発の外注と内製について

システム開発の外注と内製について 先述の通り、システム開発の方法には外注と内製があります。 それぞれの定義は、以下の通りです。

  • 外注:自社以外の企業にシステム開発をしてもらうこと
  • 内製:自社でシステム開発をすること

外注に関しては文字通りですが、内製に関しては補足があります。 それは、自社でのシステム開発だけではなく、グループ会社でのシステム開発も内製に該当することです。 よって、システム開発のために会社を立ち上げてそこでシステム開発をしたとしても、内製に該当します。  

 

システム開発を外注するメリット

メリット Merit よいところ イメージ素材 指差し - No: 2366515|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

システム開発を外注するメリットは、以下のとおりです。

  • スケジュール管理がしやすい
  • 自社でシステム責任者を雇用しなくてもいい
  • 設備に追加投資しなくてもいい
  • ITに関する最新ノウハウを吸収できる
  • 専門家に任せるので安心できる

システム開発業者はプロであるため、やはり安心してシステム開発を依頼できることや、成果物のクオリティの高さには期待できます。 また自社でシステム開発に携わる人員や設備を用意する必要がないため、システム開発後に余計なコストがかかってしまうリスクも低いです。 そしてシステム開発を外注することにより、外部からITに関する最新の知識やノウハウを得られることも魅力です。  

 

システム開発を外注するデメリット

不利益の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

システム開発を外注するデメリットは、以下のとおりです。

  • 費用が高くなりやすい
  • セキュリティリスクが高くなりやすい
  • プロジェクトを主体的にコントロールできない

プロにシステム開発を依頼する場合、やはり原価プラスアルファの報酬を支払う必要があるため、費用は高額になりがちです。 また外部にシステム開発を依頼する場合は、中身がブラックボックス化しやすいため、セキュリティリスクが生じます。 そしてプロジェクトを主体的にコントロールできず、現在のシステム開発状況の把握がしにくいという不安もあります。  

 

システムを内製するメリット

メリット MERIT 利点 - No: 4421016|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

システム開発を内製するメリットは、以下のとおりです。

  • 従業員の成長につながる
  • システム開発に必要な情報の伝達や共有が素早くできる
  • システムの仕様変更や機能の追加が柔軟にできる
  • システム開発に関するノウハウが社内に蓄積する
  • 自社で全てをコントロールできる
  • 対応が早い
  • 開発費用が比較的安い

システムを内製することで、自社で全てをコントロールできます。 それにより、システム開発の進捗状況が容易だったり、仕様変更や追加がしやすかったりします。 また、外注する場合よりも費用が比較的安くなることもメリットです。  

 

システムを内製するデメリット

デメリット Demerit 悪いところ イメージ素材 掲示板 - No: 2771178|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

システムを内製するデメリットは、以下のとおりです。

  • システム開発が計画通りに進まないと余計なコストが発生する
  • システム開発に必要な人員の確保が難しい
  • 開発規模によっては全体を管理できる人員が必要
  • システムの完成後にエンジニアの使い道がなくなる
  • システムの品質が劣る可能性がある
  • 保守コストが発生する
  • 引継ぎをしっかりおこなわないとシステムがブラックボックス化する

特に大きなデメリットが、人材や設備などのリソースを自社で確保しなければならないことです。 そのため、システム開発後のリソースの使い道を決めておかないと、余計なコストを負担し続けることになります。 また、外注する場合よりもシステムの品質が低くなりやすいこともデメリットです。  

 

システム開発を外注した方がいいケース

システム開発を外注した方がいいケース システム開発を外注した方がいいのは、システムが小規模かつ開発期間が短いときです。 なぜなら、このようなシステムを開発するためにわざわざ自社でリソースを確保するのは無駄であるためです。 この場合は、システム開発を外注した方が、余計なコストがかからずに済みます。  

システムを内製した方がいいケース

 

システム開発を内製した方がいいケース

システム開発を内製した方がいいのは、システムが大規模かつ開発期間が長くなる時です。 これらの条件であれば、社内でシステム開発のためのリソースを確保したとしても、コストに見合った成果が得られます。 今後システムのアップデートが必要になる場合であれば、より内製のメリットは大きいでしょう。  

システム開発を外注するならAMELAにお任せください

AMELA

ここまでシステム開発の外注と内製についてお話しましたが、もし外注にご興味がある場合は、ぜひAMELAのご利用もご検討ください。 AMELAには多くのシステム開発実績があり、さまざまな企業のニーズを満たしてきました。 貴社にもお力添えできるかもしれませんので、まずはお気軽にご相談ください。 AMELAへのお問い合わせはこちら

WRITTEN BY

suzu

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください