制作事例

AI教育を導入するメリット・デメリットとは

シェア:

近年はAI技術が発達し、さまざまな分野で利用されています。 特に人材不足で課題を感じている分野での活躍は著しく、業務の効率化と大量の情報処理など、今まで解決できなかった課題への優良なアプローチとして、多くの企業で導入が進んでいます。 今回は、教育分野におけるAI導入に焦点をあてて解説していきます。現在の教育分野でAIがどのように活用されているのか、AIを導入するメリット・デメリットなど、余すことなくご紹介します。興味のある方はぜひご覧ください。

教育におけるAIの活用状況

現在、教育分野ではAIの活用が進んでおり、タブレットで授業を行う学校も増えてきました。学習内容は日々変化しており、子供たちが勉強をする環境もそれぞれで異なるため、ひとり一人に合わせた学習が難しくなっています。 そこで、各生徒の学習レベルを自動で分析してくれるAI技術を導入し、学習の質と効率を高めているのです。また、教材に関してもAIが役立っています。 例えば、ディープラーニングの技術を応用することで、苦手な問題を抽出し個人の性格に合わせた教材を作成することが可能です。 他には、スマートフォンやiPadと連動することで、手軽に勉強を始める環境ができ、自宅学習の習慣化を促進する働きもあります。 教育者の立場では、小テストを自動作成する機能や生徒の学習進度を自動分析する機能など、業務の効率化でかなり役立っているでしょう。このように、教育分野でのAI導入はかなり盛んです。

教育分野でAIを導入するメリット

ここでは本題の、AI教育を行うメリットをご紹介します。

それぞれの学習レベルに合わせた教材を用意できる

上記でも軽く触れましたが、ディープラーニングの技術を活用して生徒に合わせた教材を作ることができます。 例えば、算数で「3の段」の問題をよく間違える生徒がいたら、「3の段」を扱った問題を増やし、理解度の向上と知識の定着が実現できる教材を自動で作成します。 教育でよくある、「何が分からないのかが、分からない」といった生徒の悩みを解消できるので、ストレスの少ない学習を提供できるでしょう。

教員の負担を軽減できる

AI技術を教育に活用する大きなメリットは、教員の負担を減らせることです。 通常は生徒の学習状況を教員が把握し、苦手分野を克服できるカリキュラムやテストを作成するため、かなりの負担になります。 しかし、AIを導入することでこれらの業務を自動化することが可能です。 近年はAIを活用したサービスが豊富で、データの分析だけでなく、採点や出欠確認など多岐にわたる業務を軽減することができます。 長年問題になっていた、教員の長時間労働ですが、AIの発達により徐々に解消されていくことが期待されています。

データ分析が容易になる

教材のデータをAIと連動させることで、自動で回答率などのデータを収集し、生徒の苦手分野や得意分野を分析することが可能になりました。 授業や教科に対する質問もアンケート形式で簡単に集めることができ、授業の理解度を数値化してみることができるので、正確な評価をする点でも役立っています。

教育コストの削減

AIの導入でデジタル化が進み、教育コストが大きく減るメリットがあります。 学校でタブレットを購入し、生徒にそれぞれ提供する場所も多く、教科書をもたずに授業を行うスタイルも目立ってきました。 定期テストも共有クラウドを活用し、各自で確認でき、いちいち紙のテストを返す必要もありません。 業務の自動化も大きく、今までは「人数でカバーする」ことが多かったですが、業務負担を減らすことで人件費の削減にもつながっています

教育分野でAIを導入するデメリット

数多くのメリットがあるAIですが、デメリットも存在します。以下で解説するので、知識として知っておきましょう。

機械学習の手間がある

AIのディープラーニングを利用する場合、基本的にテストの結果や教師のデータ、カリキュラム情報などをAIに学習させる必要があります。 より精度を高めるためには膨大な量の情報が必要で、AIを実務に導入するまでかなりの手間がかかるでしょう。

教員の雇用が減少する

こちらは将来的なデメリットですが、AIの導入が進むにつれて、人材不足が解消されていくでしょう。そうなると、少ない人材で現場を回すことができるようになり、教員の採用・雇用が減ると予想されます。 この点は、教員を目指す方にとってデメリットに感じるでしょう。

発展途上の技術である

AIはすでに実用化されており、結果を出しているものも多いですが、まだまだ発展途上の技術です。 例えば、ディープラーニングで学習させたデータが少ないと、分析時の精度に偏りが出てしまうケースもあり、完ぺきではありません。一定基準を満たす技術はありますが、より高いことを要求する場合は、今後の進化に期待することになるでしょう。

AI導入により教育システムが変化する

今回は教育分野に絞ってAIの活用をご紹介してきましたが、現在はさまざまな分野でAIの導入が進んでいます。 人材不足を解消できる、業務の自動化、データ分析など、多岐にわたる可能性を秘めた技術なので、今後はより発展していくでしょう。 活用事例も多く、AIを利用した学習サービスも豊富です。興味のある方は、実際にAI技術の使われているサービスを利用し、どのようなものか体験してみるのもおすすめです。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
2022.05.18

SAPコンサルタントとは?将来性や転職、フリーランスとして独立、導入コンサルも可能?

SAPというシステムをご存知でしょうか。 非常に有名なソフトで、多くの企業で導入...
2022.05.16

フィールドエンジニアとはどんな職業?仕事内容から「きつい」といわれる理由まで解説

IT業界は、非常に人気の業界ですし、未経験から転職を考えている人も多いのではないで...
2022.05.15

MSP(サービスマネジメントプロバイダ)とは?契約するメリットと活用事例

システムの運用には、とにかくコストがかかります。 正常に稼働しているか監視した...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください