制作事例

業務効率化はデジタル化によって実現できる!その理由と重要性

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

業務効率化を実現するための手法はさまざまですが、デジタル化もそのひとつです。 デジタル化をすることによって、さまざまなメリットがあります。 この記事では、業務効率化におけるデジタル化の重要性と、デジタル化が有効な理由について説明します。 なお、前提条件として業務効率化について理解する必要があるため、まず下記の記事をご覧いただけると幸いです。 参考記事:業務効率化とは?メリット・方法・注意点のまとめ

デジタル化により業務効率化を図ることの重要性

デジタル化により業務効率化を図ることの重要性

デジタル化によって業務効率化をする重要性は、「2025年の壁」を避けることにあります。 2025年の壁について説明すると、まず2025年には現在のシステムの運用・保守をする人間が定年退職し、その後これらのシステムの運用・保守をどうするのかという問題が起きます。 これらのシステムを活用できなくなると、蓄積してきたデータの活用もできません。 また、現在の基幹システムを動かすためのソフトウェアのサポートが次々と終了しているため、システム障害への対処が難しくなります。 これらの問題により、2025年から2030年にかけて、日本全体で年間最大12兆円にものぼる経済損失が発生すると予想されています。 これが、2025年の壁です。 これを避けるためには、新たなデジタル化のための施策を実施し、業務効率化をする必要があります。

デジタル化により業務効率化が可能となる理由

デジタル化により業務効率化が可能となる理由

デジタル化によって業務効率化で可能となる理由は、以下の4つです。

  1. 業務のスピードアップが望めるから
  2. スピーディーかつ正確な分析ができるようになるから
  3. データが一元管理でき検索や共有がしやすくなるから
  4. 長時間労働の助長を防ぎ、従業員の作業効率を高められるから

では、それぞれについて解説します。

 

1.業務のスピードアップが望めるから

業務をデジタル化することで、スピードアップが望めます。 例えば、業務の自動化などが要因として挙げられます。 そして作業効率が上がったら、空いた人手を他に回すことができ、生産性も向上するでしょう。

2.スピーディーかつ正確な分析ができるようになるから

現代の消費者は、「モノ」よりも「コト」を重視するようになりました。 その結果、消費者のニーズに合う付加価値を提供していくために、膨大な情報を収集して分析することが必要となりました。 そのためには、デジタル化によってスピーディーかつ正確に情報を分析する必要があるのです。 そうすることで、素早く消費者のニーズを満たせるようになります。

3.データが一元管理でき検索や共有がしやすくなるから

デジタル化によって、データの一元管理ができ、検索や共有がしやすくなります。 そのため、顧客から膨大なデータを収集したとしても、それらを使いこなせるようになります。 例えば、データの一元管理により部署・部門間のデータの垣根がなくなるため、スムーズな連携が可能です。

4.長時間労働の助長を防ぎ、従業員の作業効率を高められるから

デジタル化は、多くの部署や幅広い業務に対してアプローチが可能です。 そのため、大幅な業務効率化が期待でき、従業員の長時間労働の助長を防げます。 それにより、従業員の作業効率が高まり、さらに業務効率化ができるという好循環が生まれます。 実際に、ある調査によると、従業員のうち7割が作業効率の実感ができたそうです。

業務効率化のためのシステム開発ならAMELAにお任せください

AMELA

AMELAでは、業務効率化のためのシステム開発を実施しています。 多くの実績がございますので、ご安心してお任せいただければと思います。 もし興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 AMELAへのお問い合わせはこちら

WRITTEN BY

suzu

関連の投稿

View More
Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説
2022.07.02

Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説

私たちにとって、とても身近なものとなったWebサイト。現在は、ショッピングサイ...
Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説
2022.06.30

Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説

就職・転職活動をしていると、ポートフォリオの提出を求められることがあります。...
SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説
2022.06.30

SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説

外部企業をクライアントとして、社内システムの企画や設計を担当するSIer。そして...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください