制作事例

ライトニングネットワークとは|ブロックチェーンを効率化する技術

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

近年のITテクノロジーで注目されている「ライトニングネットワーク」ですが、具体的な内容や活用方法など知らない方が多いでしょう。主にビットコインに利用される技術ですが、ITシステムの新しいソリューションとして、注目している企業が増えています。 この記事では、ライトニングネットワークの意味から仕組み、魅力や課題点など詳しく解説していきます。興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは、2015年にThaddeusDryjaとJosephPoonという人物によって確立された概念のことを指します。主にビットコインの運用時に使われる言葉で、ネットワーク拡張問題の解決策として誕生しました。 ビットコインでは全てのやり取りが記録されますが、取引量が増えると送金などの処理が遅くなってしまう(拡張性の問題)という課題点がありました。このような課題を解決するために、全ての取引をブロックチェーン上で行う仕組みを辞めて、ブロックチェーンの外(オフチェーン)で管理・取引を行うオフチェーン取引ができました。 ライトニングネットワークは、このオフチェーンをスムーズに利用できる仕組み・環境です。

ライトニングネットワークの仕組み

ライトニングネットワークは、ビットコインのブロックチェーン上にある取引システムで行うべき記録作業を省略できるものです。 まず前提として、通常のブロックチェーン取引の仕組みを解説します。通常のブロックチェーンで取引を行う場合、ビットコインの発行者(マイナー)の承認を受けることで実施できます。しかし、情報量が増えるにつれて処理速度が落ち、送金などのやり取りにかかる時間が多い問題がありました。 そこで全てのやり取りをブロックチェーンに記録するのではなく、最初と最後の取引だけを外部(ブロックチェーンの外)で行い、処理速度の向上と改善を行うシステムを作りました。それが、オフチェーン取引です。 ただ、オフチェーン取引にはペイメントチャネルという技術(取引する相手との部屋を作成する)があり、新しい相手と取引をするたびに、ペイメントチャネルを用意するため効率がよくありません。 そこでライトニングネットワークです。ライトニングネットワークでは、複数のペイメントチャネルを繋ぐことができ、直接チャネルを開いていないユーザー同士でも素早く取引を行うことができます。取引手数料を少なく、取引時間を短縮できる仕組みがライトニングネットワークです。

ライトニングネットワークの魅力と課題点

ライトニングネットワークは画期的な技術ですが、まだまだ新しいものです。そのため、利用する魅力もあれば課題点もあります。それぞれ解説するので、気になる方はぜひ参考にしてください。

ライトニングネットワークの魅力

ライトニングネットワークの魅力は、上記の解説でも出ていましたが、ビットコインの取引負担を減らせることが一番でしょう。よく利用されるブロックチェーン上に取引を記録する方法では、情報量が増えるにつれて処理速度が落ちます。 高い手数料を払うことで取引のスピードを上げることは可能ですが、コストパフォーマンスは低いです。しかし、ライトニングネットワークを利用することで、低い手数料だけでなく処理速度が速くなるなど、取引がかなり快適になります。 また、各自支払いチャネルを新しく開くことなく取引が行えるので利便性も高いです。取引回数が多い方や大きい金額を扱う方にとって、ライトニングネットワークは魅力的な仕組みでしょう。

ライトニングネットワークの課題点

多くの魅力があるライトニングネットワークですが、まだまだ発展途上な技術です。例えば、ブロックチェーン上での取引(オンチェーン)では、相手がオフラインの時でも支払いをすることが可能ですが、ライトニングネットワークでは、相手がオフラインの場合、支払いをすることができません。 他には、ブロックチェーンの外で取引を行うためアカウントの定期的な監視が必要な点や、大量の取引には向いていない点などが挙げられます。

ライトニングネットワークとは、暗号通貨を発展させるテクノロジー

この記事では、ライトニングネットワークについて解説しました。ビットコインの暗号通貨取引で処理速度の向上や手数料削減など、さまざまなメリットを生む技術として注目されています。 しかし、アカウントのセキュリティ面や相手の状態に依存する仕組みであるため、まだまだ改善する課題が多いです。 今後はより仮想通貨市場が発展すると予想されるので、新しい技術の情報は積極的に身に付けることをおすすめします。他の記事でもテクノロジーの解説をしていますので、興味のある方は一緒にご覧ください。

【関連記事】

リレーショナルデータベースとは?特徴からメリット・デメリットまで解説!

BPMとは?DXしたいなら検討したBPMとそのメリット

ウチには関係ない!?ブロックチェーンを利用する事で何が出来るのか

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください