制作事例

デスクトップウォレットとは|概要からメリット・デメリットを解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

仮想通貨を始める方、仮想通貨に興味がある方は1度耳にしたことがある「デスクトップウォレット」という言葉。実際どのようなものか知らない方も多いでしょう。デスクトップウォレットとは、仮想通貨を保存しておくデジタル空間用のお財布です。 この記事では、デスクトップウォレットの概要からメリット・デメリット、使用上の注意点などを詳しく解説していきます。興味のある方はぜひ参考にしてください。

デスクトップウォレットとは

デスクトップウォレットとは、パソコン上にソフトウェア形式として利用できる電子ウォレットです。仮想通貨で取引を行う際、通貨を保存するために電子ウォレットを使用し、所持通貨のデータを管理します。 仮想通貨の保存方法には「ホット・ストレージ」と「コールド・ストレージ」の2種類があり、デスクトップウォレットは後者に属します。ホット・ストレージとは、ネットワークに繋がれたままの財布を意味し、コールド・ストレージは、インターネット空間から独立(パソコン上)した財布を意味します。

デスクトップウォレットのメリットとデメリット

仮想通貨を管理する電子ウォレットは「ウェブウォレット」と「デスクトップウォレット」がありますが、それぞれに特徴があります。ここではデスクトップウォレットのメリット・デメリットに限定してご紹介します。

デスクトップウォレットのメリット

デスクトップウォレットを利用する1番のメリットは、「ハッキングなどのセキュリティ対策を行える」ことでしょう。もちろん、完全なセキュリティ対策は存在しませんが、電子ウォレットをパソコン上の中に入れることで、オフラインの時は侵入が難しくなります。 自身で不適切な運用をしない限り情報漏洩する可能性も低く、仮想通貨の管理を高いレベルで制限できる点はメリットになります。 また、オンライン上で取引所に預けたままだと、取引所が倒産する可能性やハッキングなど、さまざまなリスクを伴います。その点でもデスクトップウォレットを優れているでしょう。 他には、ブロックチェーンのノードをフルで参照できる特徴があります。ノードとは、取引の情報を所有しているデータ群のようなもので、これらを扱えないウォレットが多くあります。その点、デスクトップウォレットではフルノードを参照することができ、各バージョンの取引を見ることができます。

デスクトップウォレットのデメリット

上記のように、仮想通貨を利用する上でメリットが多くあるデスクトップウォレットですが、デメリットもいくつかあります。 まず1つ目は「同時に複数の通貨を管理できない」ことです。サービスによって異なりますが、基本的にデスクトップウォレットは1つにつき1種類の通貨をサポートする形になっています。複数管理したい場合は、その分だけプラットフォームを準備する必要がある点はデメリットでしょう。 2つ目は「アクセスが制限される」ことです。文字通りデスクトップに入っているウォレットなので、パソコンを開かないと通貨を利用できません。頻繁に通貨を利用する方にとっては不便に感じるでしょう。

デスクトップウォレットを使用するときの注意点

デスクトップウォレットを使用する時はいくつか注意点があります。

秘密鍵のバックアップをとる

まずは管理面で、秘密鍵のバックアップを取るようにしましょう。パソコンは機械ですので、突然の故障などが起きえます。秘密鍵が使えなくなったり、データが消えれば保存していた仮想通貨も一緒に消えてしまいます。 管理を全て自身でやる必要があるため、バックアップなどのリスクヘッジは慎重に行うようにしましょう。

信頼できるウォレットを選ぶ

次に信頼できるウォレットを選ぶことです。ウォレットにはさまざまな種類がありますが、それぞれに特徴があります。口コミの情報などを元にして、本当に信頼できるデスクトップウォレットを利用するようにしましょう。

おすすめデスクトップウォレット

ここでは、機能面から使いやすさに定評のあるおすすめデスクトップウォレットをご紹介します。

Electrum

Electrum(エラクトラム)は、ビットコインに利用できるデスクトップウォレットです。特徴としては、高い安全性があげられます。ウォレットにアクセスする際も二段階認証を設けることができ、マルチシグによる秘密鍵の分割が可能なため、厳重なセキュリティ対策を行うことができるでしょう。 シンプルで使いやすいサービスですが、日本語サポートがないため、慣れるまで時間がかかる点は課題点です。

Copay

Copayは、Ios、Android、Windows、Mac、Linuxといったさまざまな端末に対応できる特徴があります。日本語対応もしているため初めて利用する方にも最適で、スマホアプリとの連動で持ち運び性能にも優れています。 1人で複数のアカウントを持つことができるため、複数のウォレットを簡単に作成・管理できます。組織での共有がしやすいので、複数の管理者がいる場合はおすすめでしょう。

デスクトップウォレットを利用することで安全性の高い取引を目指す

この記事では、デスクトップウォレットについて解説しました。 アクセス制限があるためセキュリティ対策を厳重にできますが、ものによっては複数の通貨を管理できないデメリットがあります。自分がどのように使用するのか把握し、最適なウォレットタイプを選ぶようにしましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください