制作事例

チェンジマネジメントとは何か|必要性から実行方法を解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

現在の社会は変化が激しく、企業が長く存続するには適応できる組織作りが重要になってきます。しかし、長年培ってきた企業文化や企業体質、従業員の考え方を変えようとするのはかなり難しいです。 そこで近年注目を集めているものが「チェンジマネジメント」というもの。企業に新たな革命を起こしていくチェンジマネジメントですが、実際はどのようなものなのか良く知らない方も多いでしょう。 この記事では、チェンジマネジメントとは何か詳しく解説します。チェンジマネジメントの導入が難しい理由や成功するための方法も合わせて解説するので、気になる方はぜひ参考にしてください。

チェンジマネジメントとは

自社の事は意外とわからない?AMELAのITコンサル・IT人材派遣を活用しよう

チェンジマネジメントとは、組織管理におけるマネジメント方法のひとつで、1990年頃にアメリカで注目された「BPR(Business Process Re-engineering)」というメソッドが始まりになっています。 そもそもBPRというのは、組織の目標達成に向けて、現在ある組織の体制や制度を根本的に見直すためのフレームワークです。業務全体の流れや管理機構、情報システムのデザインなどを見直し再設計することを指します。 今ある日本企業の多くは保守的な考え方を持つ傾向があり、組織の改革に対して抵抗感を感じる人たちが多いです。もちろん、今まで成功したやり方や考え方を維持することも重要ですが、変化が激しい今の社会では変革も必要になってきます。 そこで、チェンジマネジメントです。組織の業務フローなどを一気に見直し、思い切って変更することで、業務効率の改善などプラスな効果が生まれる可能性があります。例えば、「今までは組織の中だけで全ての業務を行ってきたが、人材教育や業務効率が悪くなってきた」と感じた場合、外注(アウトソーシングサービス)の利用を検討するなど、根本的な考え方を見直します。 このような組織の大きな改革は中々認められませんが、グローバル化の推進など変化の早い社会に対応するには、チェンジマネジメントの実践や理解が必要になってくるでしょう。

チェンジマネジメントを妨げる要因

企業の改革に必要なチェンジマネジメントですが、あるタイプの従業員によって実施を妨げられることがあります。そのような考え方を持つ従業員とは誰なのか、以下で解説します。

タコツボドン(変革の拒絶)

タコツボドンとは、自身の考え方や価値観の中に閉じこもっている状態で、言葉の通りタコが坪にこもっているイメージです。 自分の担当している業務や部署、チーム以外への関心が少なく、外部からの意見や改革を好まない従業員を指します。

ウチムキング(外部への無関心)

ウチムキングは、自分の関わっている内部の評価だけに固執して、外部からの評価を気にしない状態のことです。自分が社内からどのような評価を得ているのかばかり気になり、取引先からの評価に目を向けないような従業員を指します。 組織の変革に対して敏感で、自分の立場が大きく変化する取り組みに対しては、反対する可能性が高く、注意した方が良い人物です。

ノラクラ(変革の否定)

ノラクラとは、変革といった新しいことに対して、挑戦する前からできない理由ばかりを述べる意識の低い状態です。確実性の低い施策への否定や不満、自社では実現が難しいなど否定的な意見を述べてきます。 周りの従業員にも悪影響を及ぼす可能性があるので、早期の対応が必要でしょう。

チェンジマネジメントを成功させる方法

エンジニアの勉強会とは

組織の文化や構造的にチェンジマネジメントの実行が難しいことが多いでしょう。そのような悩みを解消するため、ここではチェンジマネジメントを成功させる方法をご紹介します。「なぜスムーズな導入ができないか」原因を知ることで、チェンジマネジメントの実践に繋げることができます。ぜひ参考にしてください。

将来的な可能性を認識してもらう

企業全体でチェンジマネジメントの理解を進めるには、将来的な可能性を提示することが有効です。例えば、チェンジマネジメントを実行し、業務の見直し(単純作業や人材管理などを外注化)することでコストや人件費の削減に繋がること、電子印鑑の対応により取引できる企業群が増加するなど、チェンジマネジメントによりどのようなメリットがあるかを説明します。 他には、市場における自社の位置づけや売り上げの推移、今後の社会で起こり得る変化に対応できるか分析することで、さらなる理解を求めることが可能です。 自社が将来的に直面する危機的な状況の根拠を一緒に伝えることで、保守的な考え方をする人たちも説得できるでしょう。

組織全体の連帯を強化する

組織全体の連帯を強化することで、チェンジマネジメントの実施をスムーズにすることができます。従業員の人数や部署の数が多い企業では、各分野を詳細に分けてそれぞれが独立している状態にあると思います。 大きな組織体制の変更は各部署に意見を聞く必要がでてきたりと、改革が難しく、これがチェンジマネジメント実施の足かせになっていることが多いです。まずは組織内の連帯を見直し、強化することが大切になります。 連携が取れていれば、組織体制に変更があった場合でも、それぞれの部署がどのように対処するか把握することが可能で、スムーズなチェンジマネジメントの実施が行えるでしょう。

チェンジマネジメントは社会の変化に対応する手段

この記事では、チェンジマネジメントについて解説しました。 日本ではまだまだ保守的な考え方をする場所が多く、チェンジマネジメントの実施に苦労している企業がほとんどでしょう。しかし、社会は常に変化し続けており、企業の改革が必要不可欠です。 まずは企業の体制を変える必要性やメリットを従業員に説明し、導入しないことでのデメリットを伝えて危機感を持たせることが大切です。ぜひ企業に必要だと感じたら、行動に移すことをおすすめします。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください