制作事例

エルダー制度とは|組織に導入するべき理由と効果的な導入方法

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

企業は従業員が働きやすい環境を用意することが重要で、特に新入社員がスムーズに参加できるようサポートすることが大切になっています。そこで近年注目されているものが「エルダー制度」というものです。 エルダー制度とは、新入社員の教育指導をする先輩社員を配置し、業務内容から悩みのケアまで対応する仕組みを指します。では、このエルダー制度を企業に導入することでどのような効果があるのでしょうか?今回は、エルダー制度を導入する効果や導入方法などを詳しく解説します。 新入社員の対応で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

エルダー制度とは

エルダー制度とは、新入社員に対して直属の先輩・上司が業務内容の指導や教育指導、業務に関する相談のサポートを行う制度です。この制度を活用している企業では、指導をしている先輩社員は「エルダー」と呼ばれています。 通常は人事担当者や部署の上司が教育指導などを対応しますが、「新入社員との距離感が遠い」「通常業務に加えて負担が多くなる」などの問題からエルダー制度が導入されるようになりました。 年齢の近い先輩社員が担当することが多く、仕事の相談のしやすさや話しやすさなど、新入社員が抱える悩みを把握しやすい魅力があります。最近は新入社員の離職率が高く、各個人へのケアの必要性が注目されており、それらの問題を解決する対策としてエルダー制度が取り入れられています。

エルダー制度の導入で得られる効果とは

エルダー制度を企業に導入することで数多くの効果を得ることができます。ここでは3つにまとめていますので、これからエルダー制度を導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

新入社員の職場環境を整えることができる

エルダー制度を導入することで、新入社員は業務に対しての不安を少なく感じ、先輩社員も教育指導がしやすいため、組織全体の教育体制が整います。また、教育指導を行う先輩社員も業務の見直しやマニュアルの漏れや改善点を発見することができ、さまざまな面で効果を実感できるでしょう。 新入社員においては、次年度には同じようにエルダー制度を行う立場になるため、「〇〇を改善した方が良い」「〇〇の部分はやりにくかった」など、どう進めていくか検討することもできます。実施と改善を繰り返し、質の高い教育基盤を作り上げていくことができるメリットがあるでしょう。

コミュニケーションの活性化につながる

エルダー制度を導入することで、少なくとも新入社員と先輩社員(エルダー)でのコミュニケーションは促進されます。気軽に相談できる社員がいることは、職場での不満を減らすのにもつながるので、社内環境の改善に活かすことができるでしょう。 また、職場に馴染む時間が早くなることで新入社員の離職率削減にも期待できます。

エルダー制度の導入方法

具体的にリスキルは何をすれば良い?

エルダー制度をこれから導入しようと検討している企業は、以下でご紹介する方法を試すことで、スムーズな導入ができるでしょう。ポイントにまとめて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

社員同士の相性を確認しておく

エルダー制度は、新入社員と先輩社員をタッグとして組ませることで、最適なサポートをする仕組みですが、それゆえ社員同士の相性がかなり重要になってきます。 たとえば、性格的に大人しい新入社員がいたとします。エルダーとして「積極的なコミュニケーションを得意とする」人を担当者にすることで、新入社員のコミュニケーションスキルを高められる可能性がある一方で、苦手意識を抱くことも考慮する必要があるでしょう。 まずは大まかでいいので、新入社員の特徴や性格を把握することがとても大切です。その上で、どの社員をエルダーに任命すれば効果的なサポートができるか見極めるようにしましょう。

エルダー自身のサポートも行う

エルダー制度では、新入社員のサポートをエルダーに任せる形なので、エルダー自身へのサポートを怠ってしまうケースが多いです。 エルダーがどのように教育を進めたらいいのか、悩みを相談されたがどのように解消すべきか、など悩みを抱えていたら企業全体でサポートする仕組みを作ることが必要です。

中間役を用意する

エルダーと新入社員で関係性を作ることがエルダー制度の目的ですが、個人の裁量に任せてしまうと、組織として求めているレベルの教育ができているか判断することができません。 そのため、中間報告などの機会を設けて、上司を含めた面談を行うなど進捗状況の確認をすることが大切です。トラブルが起こる可能性も少なくないので、第三者の存在を作ることで、安全かつ効果的な導入を行うことができるでしょう。

エルダー制度の理解を進める

エルダー制度について理解していない人も多いでしょう。まずは社員全体にエルダー制度について説明を行います。メリットからデメリット、なぜ導入するのか説明することで、組織全体の意思統一を図ることが可能です。 また、エルダー制度で教育担当者に任命された社員に何を求めているのか理解してもらうことで、高い効果を目指すことができるでしょう。エルダー制度の認知を広めて、効果的に導入できるように進めることをおすすめします。

エルダー制度の導入で組織の成長を目指すことができる

この記事では、エルダー制度について解説しました。 新入社員が仕事や職場に慣れるサポートを行えるエルダー制度は、教育基盤を整える上でも重要です。また、コミュニケーションの活性化が期待できるため、積極的に導入すると良いでしょう。 他には、新入社員の不安点を都度解消できるため、離職率を減らす点でもメリットがあります。上司や組織と連帯を強化し、最適なサポートを提供できるよう、導入を進めましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください