制作事例

オフショア開発のマネジメントを成功させるための3つのコツ

シェア:

オフショア開発では、日本の企業にシステム開発を依頼するよりもマネジメントが重要となります。 なぜなら、言語の壁や文化の違いがあるため、細かな管理が必要になるためです。 そこでこのコラムでは、オフショア開発のマネジメントを成功させるための3つのコツをご紹介します。

オフショア開発のマネジャーの仕事内容

オフショア開発のマネジャーの仕事内容

オフショア開発のマネジャーの仕事は、プロジェクト進捗状況の管理です。 システム開発プロジェクトには、通常納期が設定されています。 したがって、納期までにプロジェクトが完了するよう管理しなければなりません。 プロジェクトは、最初から最後までスムーズに進むとは限らず、途中で何かしらのトラブルが起きる可能性があります。 そのようなときでも、プロジェクトが納期までに完了するようにリカバリーするのもマネジャーの仕事です。 マネジャーは、プロジェクト管理において、鉄の三角形が崩れないようにするに必要があります。 鉄の三角形とは、品質を保つための「お金」「時間」「作業」のことです。 例えばプロジェクト進行において何らかのトラブルが起こった場合に、費用をかけてリソースを増やし対策するか、機能を減らして作業を減らし納期に間に合うようにするかといった選択肢が出てきます。 ただし品質を保つためには、ひとつの要素に変更を加えたら、他の要素にも変更を加えなければなりません。 これが、鉄の三角形が崩れないようにするということです。

オフショア開発のマネジメントを成功させるための3つのコツ

オフショア開発のマネジメントを成功させるための4つのコツ

オフショア開発のマネジメントを成功させるためのコツは、以下の3つです。

  1. オフショア開発の依頼先の国の文化を理解する
  2. ルールを遵守する
  3. タスク管理ツールを活用する

では、それぞれについて解説します。

 

1.オフショア開発の依頼先の国の文化を理解する

オフショア開発をスムーズに進めるには、依頼先の国の文化を理解する必要があります。 なぜなら、そうすることによって相手の国では「なぜこのような行動をするのか」「それはどのような価値観に基づくものか」が理解でき、マネジメントがしやすくなるためです。 また、お互いに文化を理解し合うことによって、業務委託に必要不可欠な信頼関係を築くこともできます。

2.ルールを遵守する

オフショア開発では、特にルールの順守が重要となります。 なぜなら、日本では暗黙の了解となっている事項も、オフショア開発の依頼先の国には通用しないためです。 したがって、細かいことまでルール化し、それを遵守しなければなりません。 例えば情報共有の方法を決めたり、進捗の共有をこまめにおこなうことをルール化したりすることが、オフショア開発における認識の齟齬や作業の停滞などのトラブルを起こさないための対策となります。

3.タスク管理ツールを活用する

マネジャーは、俯瞰的な視点でプロジェクトを管理しなければならないため、同時にさまざまなことに目を向ける必要があります。 それゆえ、タスクの管理ができていないと、仕事内容に抜け漏れが生じてしまう恐れがあります。 その対策として、タスク管理ツールを使いましょう。 タスク管理ツールを使うことで、楽にタスク管理ができますし、仕事の抜け漏れも生じにくくなります。

オフショア開発はAMELAにお任せください

AMELA

AMELAは、ベトナムのオフショア開発企業です。 ベトナムのオフショア開発は、人件費の安さや、技術力の高さが魅力です。 AMELAもオフショア開発企業として、多くのシステム開発実績があります。 もしご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 AMELAへのお問い合わせはこちら

WRITTEN BY

suzu

関連の投稿

View More
2022.05.18

SAPコンサルタントとは?将来性や転職、フリーランスとして独立、導入コンサルも可能?

SAPというシステムをご存知でしょうか。 非常に有名なソフトで、多くの企業で導入...
2022.05.16

フィールドエンジニアとはどんな職業?仕事内容から「きつい」といわれる理由まで解説

IT業界は、非常に人気の業界ですし、未経験から転職を考えている人も多いのではないで...
2022.05.15

MSP(サービスマネジメントプロバイダ)とは?契約するメリットと活用事例

システムの運用には、とにかくコストがかかります。 正常に稼働しているか監視した...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください