制作事例

タスクフォースとは何か?概要から導入するメリットを解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

ミーティングや取引先と会話をする時、「タスクフォース」といった言葉を聞くことはありませんか?もともと軍事用語だったタスクフォースは現在、ビジネス用語として利用されることが多いです。 しかし、タスクフォースとは何か良く知らない方も多いでしょう。そこで今回は、タスクフォースの概要からメリットなど、詳しく解説します。気になっていた方はぜひ参考にしてください。

タスクフォースとは

タスクフォース(Task Force)とは、日本語にすると「機動部隊」を意味する言葉で、会社の従業員が機動隊のように状況に応じて素早く行動できるようシステム化することをさします。 特徴は、従業員をいくつかグループに分けて、各グループごとにミッションを遂行する形式なので、PDCAサイクルを高速に回すことができることです。 タスクフォースの概念が広まった背景には、日々発生する組織の課題に対して、時間をかけずに解決できる仕組みづくりを求められたことがあります。 似たような言葉に「プロジェクトチーム」がありますが、意味合い的には同じです。少数精鋭のグループを作り、素早い意思決定と解決ができるようにして、組織体制の改善を目指すものがタスクフォースとなります。

タスクフォースを導入するメリット

タスクフォースを導入することでさまざまなメリットを得ることができます。まずはどのようなメリットがあるのかご紹介するので、気になる方は参考程度にご覧ください。

課題に適したメンバーを集めることができる

タスクフォースでは課題ごとにグループを作るため、対処すべき課題が明確になっています。 そのため、課題を適切に解決できる知識と技術を持ったメンバーだけを集めることができるので、効率良くリソースを割くことが可能です。

リソースの削減ができる

タスクフォースでは、短期間で課題解決に取り組むことが多く、人件費やあらゆるリソースの使用を減らすことができます。 一定期間で集中して課題解決に取り組むことで、各作業の質や効率も良くなり、高い成果を得ることができる点もメリットでしょう。

既存の組織構造に縛られない

タスクフォースでは、各部署から課題に適したメンバーを集めて業務を行います。つまり、既存の組織構造に縛られない動きをすることが可能です。 大きい企業になればなるほど、承認工程や稟議を複数行う必要がありますが、タスクフォースを導入することで、これらの作業を短縮することができます。 短期間で対策の実施を行うことができるため、仮に上手くいかなくてもすぐに立て直すことが可能です。柔軟な動きにより、活動の幅が広がる点も魅力的でしょう。

タスクフォースを実行する手順

ここでは、実際にタスクフォースを実行するための手順を解説します。もちろん、企業によって内容は変わってきますので、1つの方法として理解してください。

課題と計画を明確にする

タスクフォースを実行する前に、解決したい課題を明確にしましょう。具体的な状態から、何が問題なのか明らかにすることで、課題に適したメンバーを選ぶことができます。 また、同時に課題に取り組む期間などスケジュールを検討しましょう。だらだら進めるのでは、タスクフォースを導入するメリットがありません。始める時期から終わる期日を明確にし、適切な手順を踏んで進めることが大切です。

メンバーにタスク遂行のための権限を渡す

タスクフォースを実行する目的は、緊急性の高い課題を素早く対処することです。そのため、チームの判断にそって直ぐにタスクを実行できる権限を渡す必要があります。 信頼性と能力の高いメンバーを選定し、独自の判断に任せても問題がないようなチームを作ることが大切です。メンバーの選定は慎重に行いましょう。

施策の実行

メンバーと課題点や進め方を検討したら早速、対処方法を議論します。 「必要なもの」「誰が何を担当するのか」「最終的な意思決定はいつまでに行うか」など、具体的な内容と方針を決めて目標達成まで遂行します。

施策のフィードバックを確認する

実際に施策を試した後は、フィードバックを確認しましょう。成功していたなら、より高い成果を得られる方法はないか、失敗したなら原因を分析し改善策を検討するなど、常にPDCAサイクルを回します。 このように、計画とアクション、改善を繰り返すことで企業にノウハウが蓄積されます。他の業務でも活かせるので、まずは色々試してみることが大切です。

タスクフォースを導入することで素早い課題解決が行える

この記事では、タスクフォースの概要から導入するメリットまで解説しました。 業務を行っていると日々課題が発生するでしょう。都度対処することも大切ですが、短期間で解決することがより重要です。 タスクフォースを導入することで、素早い課題解決を実現でき、どのように課題解決したのかノウハウも蓄積されるので、より柔軟な思考を持つことができます。 課題解決で悩みを抱えている企業はぜひ、タスクフォースを導入を検討することをおすすめします。

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください