制作事例

レディネスとは?概要や重要性を解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

最近ビジネスシーンで使われることが多くなった「レディネス」ですが、具体的な意味を知らない方もいると思います。また、なぜビジネスで注目されるようになったのか、理由など疑問に感じている人も多いでしょう。 そこで今回は、レディネスとは何か概要から必要とされる理由など、詳しく解説していきます。気になっている方はぜひ最後までご覧ください。

レディネスとは

レディネス(Readiness)とは、学習に必要な準備状態を指す心理学用語で、ビジネスシーンでは学習の前提となる知識や経験、職場環境が用意されている状態を意味しています。 レディネスを持ち合わせている人は、学習意欲が高くスムーズに取り組むことができるので、成長スピードが比較的早い特徴があります。 反対に、レディネスの備わっていない人は学習意欲が低く、成長スピードや吸収する技術や知識の量に差が出てくるでしょう。

レディネスの重要性

レディネスは教育面で重要視されている概念ですが、ビジネスシーンでも重要になってきます。 たとえば、新人育成の場合。業務に必要な知識の習得に対して、レディネスが備わっていない社員はなかなか理解が進まず、求めている成果を達成するまで時間がかかります。 組織全体として社員一人ひとりの業務達成度は重要です。社員それぞれにレディネスが備わっているかいないかで、将来的な成長に大きく影響します。

レディネスが注目されている背景

近年、レディネスが注目されている理由としては以下の3つがあります。

  • 新入社員の育成
  • 早期離職の解消
  • 社会の変化に対応できる育成

 

新入社員の育成

新入社員の多くは、業務に関する知識や作業内容について理解していません。しかし、入社直後からさまざまなことが求められるため、学習意欲を高く持つ必要があります。 そのため、レディネスが需要です。常に学ぶための心理的態を作れるよう、会社も環境を整えることが大切でしょう。

早期離職の解消

近年は早期離職の増加など、人材確保に関して課題を抱えている企業が多いです。早期離職が増えている原因としては、入社後のミスマッチがあげられます。 「目指すキャリアが不明確」「キャリアアップの指標が分からない」などの悩みが多く、会社は従業員に対してキャリアステップの明確な提示が必要でしょう。 目標や道のりを明確にすることで、レディネスの向上につながります。レディネスの備わった社員を増やすことで離職率を減らすことができ、将来的には早期離職を防ぐことができるでしょう。

社会の変化に対応できる育成

社員のレディネスを向上させる関係を構築することで、業務指導の効率化やスキルアップの質が高まります。 社員自身が積極的に知識の習得を行うことで、上司の教育を行う負担も減り、業務の処理スピードが上がることで全体の生産性など、プラスの効果を生むでしょう。 また、新しい技術への関心も高くなることで、組織への導入もスムーズになる魅力があります。社員のレディネスを高めていくことで、社会の変化に対応できる組織作りを行えるでしょう。

レディネスの活用場面

ここでは実際にレディネスが活用されている場面をいくつかご紹介します。

インターンシップ

ビジネスでレディネスがよく活用されている場面はインターンシップでしょう。 学生の内から業務を体験させることで、事前のミスマッチを防ぐだけでなく、興味関心を持った人材を育成することができます。 インターンシップを経て入社した人材はレディネスを備えており、業務に関する知識や技術を急速に身に付けて、事業に還元してくれるでしょう。

メンター制度

経験を積んだ上司(メンター)と新入社員もしくは後輩社員(メンティ)をペアにして、キャリア形成に関する悩みや課題を解決する個別支援活動をメンター制度といいます。 後輩や新入社員は業務中、上司に質問をしにくいため、悩みを溜めてしまいがちです。しかし、メンター制度を導入することで、気軽に質問をすることができ、悩みを解消しやすくなります。 ストレスの少ない職場環境を用意することで、各社員のレディネスが向上し、生産性向上につながるでしょう。

学習支援に関する福利厚生

最近は会社内で従業員専用の大学を用意している場所が増えています。 「資格獲得を支援するための外部講師を呼び、勉強できる講座を提供」「学習スペースを設備して、気軽に勉強できる空間を提供」など、会社が主体的にレディネスのサポートをしています。 手軽に資格の勉強ができることで、社員の学習意欲を刺激することができ、レディネスの向上につながりるでしょう。

レディネスの活用で質の高い人材を育成できる

この記事では、レディネスに関する概要や注目されている背景を解説しました。 社員の学習意欲を意味するレディネスですが、備えている人材を育成することで、知識の習得を進んで行う人や資格獲得を目指す人が増えるなど、会社全体にプラスの効果をもたらしてくれるでしょう。 今後はより注目を集めていくと思うので、ぜひ早い段階から取り入れていくことをおすすめします。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください