制作事例

レピュテーションリスクとは何か?意味から事例を解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

企業の評判は、取引先からの信頼や商品に対するイメージなど、さまざまな面に影響する項目です。そこで注意していただきたいのがレピュテーションリスク。 情報の公開性やインターネットの普及により、今は第三者から監視される世の中になりました。消費者の多様化が進んでいる現代の社会では、顧客が離れないようレピュテーションリスクに気を付ける必要があります。 この記事では、レピュテーションリスクとは何か概要から事例まで慈姑くご紹介します。気になる方はぜひ参考にしてください。

レピュテーションリスクとは

レピュテーションリスクとは、企業の評判やブランド、顧客からの信用やイメージが低下することで影響を及ぼすリスクを意味します。 企業の評判が下がることで、売上の低下に直接影響する可能性だけでなく、取引先から関係の解消を持ち掛けられるなど、数多くの危険性を抱えています。 最近はSNSを利用するユーザーも多くなり、1人の口コミが拡散されることで、一気に事業の妨げにつながることも多いでしょう。そのため、レピュテーションリスクへの対策がより重要になってきます。 また、社内に対してもレピュテーションリスクを考える必要があります。意図なく企業の評判を下げてしまう発言や投稿をしてしまう社員も少なくありません。しっかりとルールを設けることで、防ぐようにしましょう。

レピュテーションリスクの事例

上記でレピュテーションリスクがどのようなものか解説しましたが、より理解を深めるために事例をいくつかご紹介します。

コンプライアンス違反

レピュテーションリスクでよく目立つのはコンプライアンス違反でしょう。 たとえば、従業員が企業の顧客情報を外部に持ち出し、インターネットに公開してしまうケースや業者に販売するケースです。 企業が指示を出していなくても、企業の責任が問われてしまい、社会的な信用も一気に失ってしまいます。 ほかにも、劣悪な労働環境や不正会計、脱税など企業主体のコンプライアンス違反も起こる可能性があります。監視体制を整えるなどトラブルが起こらない仕組み作りが重要です。

デマによる風評被害

近年はSNSなど、インターネットを活用したレピュテーションリスクが増加傾向にあります。その中でも、デマによる風評被害は多いです。 悪質な商品やサービスに対する不満や言及に関して、消費者から企業に訴えるための手法になる点でメリットに感じますが、一方で、事実でもないことを拡散する消費者もいるため、標的にされないよう注意することが大切です。

品質に対する不満の拡散

消費者が求めているレベルの商品を提供できておらず、不満やマイナスな口コミを拡散されてしまうケースもあり、注意が必要です。 特に誇大広告をしてしまい、実物との乖離が見つかった場合は炎上する可能性があります。 商品の品質向上と適切な広報活動を実施するなど、信用を高めるために最大の努力をすることが大切です。

レピュテーションリスクを少なくするための対策方法

ここでは、レピュテーションリスクを少なくするための対策方法をご紹介します。

社内の教育を徹底する

レピュテーションリスクを対策するなら、まずは社内教育を徹底しましょう。 社内情報を持ち出す時のルールを決めることは重要ですが、リスクを冒してしまったときの対処や罰則を理解してもらうのが効果的です。 「企業に与えた損害に対する請求額」「社会的な立場の剥奪」など、個人に課せられる罰則を理解させることで、ほとんどの人は危機意識を覚えてリスクを冒さなくなります。 また、契約書や誓約書の提出を義務付けることも大切です。

第三者による監視体制を整える

レピュテーションリスクを防ぐために、第三者による監視体制を整えることも有効です。 社内の判断だけでは、不正を見逃してしまう可能性があり、徹底した対策を行うことができない場合があります。 専門の期間と提携し、監視体制を強化することでさまざまなレピュテーションリスクを防ぐことができるでしょう。

商品・サービスの品質を見直す

不評の拡散によるレピュテーションリスクは、自社の商品を見直すことで対策できます。 ただ間違えていけないことは、消費者が求めている基準に満たした商品・サービスを提供することで、完ぺきな商品を作ることではありません。 消費者を裏切るような広告や商品を控え、求めているレベルの商品を提供するようにしましょう。

労働環境の改善

労働環境に対する不満が出ることで、企業の信用を失うケースも多いです。 もちろん、社員が快適に働ける環境を用意できない企業が悪いですが、企業の信頼を高めるためにも労働環境の見直しは行いましょう。 社員が安心して働ける、定着率の高い職場を作ることで、人材の確保につながるなど、いい影響をもたらす可能性もあります。 まずはレピュテーションリスクを防ぐために、働き方の是正・見直しを実施しましょう。

レピュテーションリスクを減らし信頼度の高い組織を目指す

この記事では、レピュテーションリスクについて概要から対策方法までご紹介しました。 企業の評判に影響するレピュテーションリスクは、社外からの要因だけでなく、社内で発生するものも多いです。 まずは従業員の教育から始めて、商品の品質見直し、SNS対策と徐々に範囲を広げていきましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説
2022.07.02

Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説

私たちにとって、とても身近なものとなったWebサイト。現在は、ショッピングサイ...
Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説
2022.06.30

Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説

就職・転職活動をしていると、ポートフォリオの提出を求められることがあります。...
SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説
2022.06.30

SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説

外部企業をクライアントとして、社内システムの企画や設計を担当するSIer。そして...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください