制作事例

インフォマーシャルとは?放送するメリットから制作時のポイントを解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

インフォマーシャルとは、インフォメーション(情報)コマーシャル(広告)を組み合わせた造語で、テレビCMの一つです。 一般的なテレビCMは短い尺で情報を伝えなければいけませんが、インフォマーシャルでは長尺で放送できるため、商品やサービスの魅力をしっかり伝えることができる特徴があります。 そこで今回は、インフォマーシャルとは何か概要を解説します。そのほかにも、インフォマーシャルを放送するメリットなどもご紹介するので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

インフォマーシャルとは

インフォマーシャル(Infomercial)とは、インフォメーションとコマーシャルの言葉をかけ合わせた造語で、起源は欧米のテレビショッピングだとされています。 インフォマーシャルはテレビ番組の放送やCM時に挿入されることが多く、一般的なテレビCMよりも長い尺で放送される特徴があります。 そのため、商品やサービスの特徴や魅力を十分に伝えることができ、ターゲットユーザーの購買欲を高めやすい点がメリットです。 テレビCMとインフォマーシャルの具体的な違いは以下のようになっています。

テレビCM

目的:認知拡大やブランディング 尺の長さ:15~30秒が一般的 情報量:必要最低限 広告効果:即効性はない

インフォマーシャル

目的:購買意欲の促進 尺の長さ:60秒や55分とさまざま 情報量:多い 広告効果:効果がでやすい テレビCMとインフォマーシャルの大きな違いは尺の長さです。テレビCMでは15~30秒と短く、初見のインパクトを重視する傾向があります。 それに対して、インフォマーシャルでは60秒から数十分と尺の幅が広く、多くの情報を視聴者に提供することができます。 もちろん、尺が長くなる分コストは増えますが、効果が出やすい面や情報を多く伝えられる点で、導入する企業が多いです。

インフォマーシャルの種類

インフォマーシャルにはいくつか種類がありますが、代表的なものだと以下の4つです。 1.ショッピング型2.テレビ番組型3.番組内挿入型4.協賛型 それぞれ解説します。

1.ショッピング型

インフォマーシャルの基本とも言われるショッピング型ですが、商品やサービスについて詳しく説明できる点がメリットとなります。 使い方から使用感、手に取ったイメージがしやすく、ターゲットの購買意欲を刺激できるので、電話注文やオンライン注文の導線を設けることで高い成果を上げることが可能です。

2.テレビ番組型

テレビ番組型は、テレビ番組そのものがインフォマーシャルとなっているタイプです。 テーマを設定しやすく、また、固定の時間帯に放送できるため安定して顧客獲得を実現できるメリットがあります。 ファンも育てやすく、運用次第では高い利益を生み出すでしょう。

3.番組内挿入型

番組挿入型とは、番組内のコーナーで商品やサービスを紹介する方法です。 人気タレントを起用したインフォマーシャルを作成することで、視聴者の興味関心を一気に刺激することができます。 特に食品系は生放送との相性も良く、その場にいる人たちが実際に試食する映像を流すことで、購買欲を刺激することが可能です。 番組内挿入型はテレビ番組と混同されないように「これはCMです」と表記することもあります。

4.協賛型

協賛型(キャラバン型)は、既存のショッピング番組などで自社の商品を紹介してもらう形式のインフォマーシャルです。 協賛費用を支払う必要はありますが、資料率の高い媒体を利用できるため、新規顧客の獲得や見込み顧客の囲い込みをすることができます。

インフォマーシャルを制作する時のポイント

インフォマーシャルを制作する際は、視聴者の期待感と信頼を高められる内容にすることが重要です。 単純に商品やサービスについての理解を求めるだけでなく、視聴者が商品やサービスに抱く期待感を最大化させる工夫をするように意識しましょう。 具体的には、口コミやインタビューの様子を掲載することで、信頼度を高めたり、専門的な人から評価をもらう方法が効果的です。 また、自社ではなく広告代理店や制作会社に委託する場合、必ず委託先の実績を確認しましょう。 得意な領域も会社によって異なるため、自社の商品と相性の良い制作会社を探し、作成を進めることが大切です。

インフォマーシャルを活用し売り上げを伸ばす

この記事では、インフォマーシャルについて概要からメリットをご紹介しました。 現在はテレビ離れが問題視されており、テレビではなくウェブ上のアプローチが増えていますが、まだまだテレビも広告媒体としては優秀です。 特に年齢の高い視聴者に対しては商品のアピールがしやすく、インターネットを使いこなせていない世代へのマーケティング手法としてインフォマーシャルは利用されています。 また、一般的な広告よりも詳細に商品の特徴を伝えることができるため、利益に直結しやすいです。 ウェブ広告で課題を感じている方は、一つの選択としてインフォマーシャルを試してみることをおすすめします。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説
2022.07.02

Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説

私たちにとって、とても身近なものとなったWebサイト。現在は、ショッピングサイ...
Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説
2022.06.30

Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説

就職・転職活動をしていると、ポートフォリオの提出を求められることがあります。...
SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説
2022.06.30

SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説

外部企業をクライアントとして、社内システムの企画や設計を担当するSIer。そして...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください