制作事例

パーソナライゼーションとは何か?必要とされる背景や注意点を解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

マーケティング活動で注目を集めているパーソナライゼーションですが、実際はどのようなものか良く知らない方も多いでしょう。 パーソナライゼーションとは、顧客のニーズやライフスタイルに合わせて、提供する商品・サービスを最適化する手法です。 この記事では、パーソナライゼーションとは何か概要から、必要とされている背景をご紹介します。興味のある方はぜひ参考にしてください。

パーソナライゼーションとは

パーソナライゼーションとは、顧客一人ひとりのニーズやライフスタイルに沿って、自社の商品やサービスを最大化して満足度を高めるマーケティング手法の1つです。 たとえば、1度検索した商品を金銭状態やタイミングなどが合わず購入しなかった場合、他のサイトを見ていると広告として表示されることがあると思います。これもパーソナライゼーションの一種です。 購入を迷っている顧客に対して、最適なアプローチが行えるパーソナライゼーションは、ビジネスを成功させる上で重要なものとなっています。

パーソナライゼーションの例

最近はECサイトやWebサイトで実施されるパーソナライゼーションですが、具体的にどのようなサービスで活用されているのでしょうか。ここでは、パーソナライゼーションを実施しているサービスを例としていくつかご紹介します。

Amazon

Amazonでは、Webサイトでもアプリでも、検索した履歴に合わせて商品を提案する「レコメンド機能」があります。調べた商品と似たような商品がポップアップに表示されることがあるでしょう。 価格や機能が異なる商品でも提案によって、より自分に合ったアイテムが見つかることもあります。 また、さまざまな商品を提案することでユーザーの興味を惹き、結果、Webサイトの滞在時間を伸ばして購買欲を高めることが可能です。 利便性の高いサービスにすることで、ロイヤリティの向上にもつながります。

Netflix

Netflixでは、ユーザーの視聴履歴を集計し、好みの映画や番組を傾向に合わせて提案してくれます。 たとえば、恋愛映画を見ている人には、似た恋愛映画や合わせて見られることが多い作品を提案することで、視聴率を高めることが可能です。 また、時間帯や曜日の情報を分析し、視聴されやすい作品をおすすめ作品として紹介し、ユーザーの興味関心を煽る手法も使われています。

パーソナライゼーションが必要とされている背景

パーソナライゼーションが必要とされている背景は、以下の2つがあります。 ・顧客が選ぶ立場になった・価値観の多様化 それぞれ解説します。

顧客が選ぶ立場になった

今はインターネットが普及しており、顧客は主体的に情報を集めるようになりました。そのため、購入のプロセスが企業から顧客に主導権が移行しているのです。 企業が顧客に直接情報を届けるだけでなく、顧客が情報を自ら得る前提で施策を検討する必要があります。

価値観の多様化

近年は市場も拡大しており、商品1つでもさまざまな機能や値段、特徴があり顧客の価値観も多様化してきました。 この影響から、画一的なマーケティングでは顧客の興味関心を刺激することが難しくなり、徐々に個人に合わせたマーケティングが求められています。 個人のニーズに合わせてアプローチできるパーソナライゼーションは、近年のビジネスでは重要な手法となっているのです。

パーソナライゼーションで期待できること

上記のように、パーソナライゼーションはさまざまな理由から注目されています。ここでは、パーソナライゼーションによって期待できる効果をご紹介します。

エンゲージメント向上

パーソナライゼーションでは、顧客一人一人の行動履歴や性別・年齢などの属性、ニーズを分析して、商品の最適化を目指します。 顧客は満足度の高い情報や商品を手に取ることができるので、企業に対しての信頼度や期待値を高く感じてくれるでしょう。 質の高い体験を提供することで、顧客のエンゲージメント向上に繋げることができます。

LTVの改善

パーソナライゼーションによって、企業に対する満足度を向上させることで、LTV(顧客生涯価値)の改善・向上を目指せます。 LTVを高めることで、より高い単価の商品の購入に繋げることができるでしょう。

コンバージョン率を高める

顧客の求める情報を的確に提供することで、コンバージョン(購入)率を高めることが可能です。 ベストなタイミングで商品への誘導ができる点も、パーソナライゼーションを実施するメリットでしょう。

潜在ニーズの掘り起こし

パーソナライゼーションを実施する過程で、顧客の潜在ニーズを明らかにすることが期待できます。 「A商品は〇〇機能が良くない」「B商品に〇〇の機能を加えたら便利そう」など、今まで気づかなかった課題を見つけることも可能です。

パーソナライゼーションにより最適なアプローチを実現

この記事では、パーソナライゼーションの概要から求められる背景などを解説しました。 多様性の広がる現在、顧客に合わせたアプローチをすることがとても大切です。ひとり一人のニーズを分析し、適切なタイミングで情報と商品を提供できるように施策を検討しましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください