制作事例

近年注目を集めているO2Oとは何か?概要から効果を解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

今はさまざまなマーケティング手法が誕生しており、企業のスタイルに合わせて実施を進めているでしょう。その中で注目を集めているのが「O2O」と呼ばれる手法です。 O2Oとは、「Online to Offline」を略した言葉で、オンラインからオフラインへ購買行動を促すマーケティング手法のことを意味します。 オンライン上でのやり取りが一般化してきた現在、なぜO2Oが注目されているのでしょうか。 その理由をこの記事で解説します。そのほかにも、O2Oの概要から効果などをご紹介するので、気になっている方はぜひ参考にしてください。

O2Oとは

O2Oとは、「Online to Offline」を略した言葉で、消費者の購買行動をオンラインからオフラインへ促すマーケティング手法をさします。 たとえば、WebサイトやSNS上でキャンペーンを実施し、実店舗限定で利用できるクーポンの発行をしたとします。 これにより、実店舗へ来店を促すことができ、オンラインからオフラインへ顧客の誘導をすることが可能です。

O2Oが注目されている背景

ではなぜ、O2Oが重要視されているのでしょうか。ここでは、O2Oが注目されている背景をご紹介します。

モバイルデバイスの普及

今ではほとんどの人がスマートフォンを所有しており、誰でも簡単にインターネットへアクセスできるようになりました。 実際にお店に向かう際にも、GPS機能の搭載された地図アプリを使ったり、情報掲載サイトを閲覧してクーポンを取得するなど、オフラインのシーンでも、オンライン上の情報による影響を受けることが多いでしょう。 このことから、オンラインとオフラインの連携が重要視されており、O2Oの実施が求められています。

SNSによる情報共有が一般化した

SNSの利用者も多くなっており、今はSNS上で情報交換・共有が当たり前になっています。 口コミもひとりひとりの影響力が大きく、良い点・悪い点関係なく一気に拡散する可能性が高いでしょう。 逆に、上手く利用できれば店舗への集客に活かすことができるため、O2Oの導入が進められているのです。

オフラインの評価が見直されている

ECサイトの増加やインターネット環境の利便化が進み、今ではインターネットだけで買い物を済ませることが当たり前になりました。 しかし、口コミの信頼度低下や誇大広告の影響で、オンラインによる顧客体験の質は下がってきています。 そこで、最近はオフラインの見直し・再評価がされています。 お店で実際に商品を手に取り、買い物をする、試着するといった、自身の目で評価できる点で、オフラインの需要が高まっているのです。 このことから、O2Oの有効性が注目されており、導入が進んでいます。

O2Oで期待できること

O2Oを実践することで、さまざまなことが期待できます。以下でそれぞれ解説するので、これからO2Oの実施をする方は参考にしてください。

即効性の高い施策を打ち出せる

O2Oの施策には、即効性が高い特徴があります。 理由としては、インターネットの活用でリアルタイムでの顧客アプローチが実現できるからです。 たとえば、Webサイトやメールマガジンを経由して、実店舗で使えるクーポンの発行をした場合、有効期限を設けることで短期的な売上向上につなげることができるでしょう。 効果が出やすい施策が検討しやすく、さまざまなアプローチを打ち出すことができる魅力があります。

新規顧客の獲得がしやすい

インターネットを活用することで、膨大な範囲に情報を発信することができます。 既に関係性を築いている顧客だけでなく、今まで自社の商品を知らなかった顧客や、知っていたけど購入まで至らなかった見込み顧客など、さまざまな人々にアプローチすることが可能です。 たとえば、新規顧客限定のクーポンやサービスの提供で、見込み顧客の囲い込みを行うこともできるでしょう。

リピーターの獲得ができる

オンラインの活用で、リピーターを増やすことも可能です。 O2Oでは顧客に応じて施策の実施分けることができるため、たとえば、新規顧客には10%offキャンペーンを実施、既存顧客にはポイント2倍や次回来店時に割引ができるクーポンの発行など、それぞれに対応した施策を打ち出せます。 メールマガジンやSNSを活用し、定期的にクーポンの配布やキャンペーンの連絡をすることで、自然とリピーターを増やすことも期待できるでしょう。

O2Oの実施で効果的な集客を実現する

この記事では、O2Oについて概要から特徴、注目されている背景から期待できる効果など、詳しく解説しました。 オンライン上での施策が飽和している現在、改めてオフラインへの誘導で収益を高める施策が重要視されています。 新規顧客の開拓でも効果を発揮しますが、ファンを育ててリピーターを増やすこともでき、ビジネスを成長させるためにもかなり有効な手法でしょう。 気になっている方はぜひ、自社でも導入することをおすすめします。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください