制作事例

DMPとは?概要や特徴・メリットなどを解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

現在は、数多くのマーケティング手法が誕生しており、企業の戦略に合わせてさまざまな概念やシステムを運用できます。 その中でも主要なシステムとして注目されているのがDMPです。 Web広告やWebマーケティング領域で使われることが多いDMPという言葉ですが、詳しく知らない方もいると思います。 そこで今回は、DMPとは何か概要から特徴、利用するメリットなどを解説します。興味のある方はぜひ参考にしてください。

DMPとは

DMP(Data Management Platform)とは、企業が集めた顧客データやWebサイトのログデータ、インターネット上に保存されているビッグデータなどを一括管理・分析し、広告配信やマーケティング活動を最適化するためのデータプラットフォームです。 DMPを導入することで、企業で収集した顧客データと外部のツールを連携し、顧客の属性情報や行動プロセスなど、サードパーティーデータをセグメント(特定の分類で分けたもの)にすることができます。 DMPにより、顧客情報を多岐にわたる情報と組み合わせることで、パーソナライズされた高度な広告を打ち出すことができ、ターゲットユーザーにダイレクトにアプローチすることが可能です。 マーケティング活動でも、顧客のニーズに合わせた商品や施策を「One to One」で提供できるので、多くの場面で役に立つでしょう。

DMPの仕組み・システム

DMPの仕組みは、大きく以下の3つに分かれています。 ・マーケティングに必要な情報を集める・集めたデータをDMPで分析する・分析で明らかにした内容から施策を検討する そもそもDMPには「パブリックDMP」と「プライベートDMP」の2つがあり、パブリックDMPでは幅広い行動履歴や外部のオーディエンスデータを取得できるのに対して、プライベートDMPでは、顧客のパーソナルデータや宣伝効果の結果など、より詳細な情報を扱える特徴があります。 それぞれ「マクロなデータ」と「ミクロなデータ」を扱える点で違いがあり、両方のデータを統合して、1つのデータプラットフォームとして運用することが効果的です。 パブリックDMPで、市場の顧客行動の傾向データを収集し、プライベートDMPで、企業が蓄積した詳細な顧客データを収集、それらを統合して顧客ひとりひとりのデータを作成することで、成果の高いマーケティングを検討・実施できるでしょう。

DMPの導入で得られるメリット

DMPの導入で、さまざまなメリットを得ることができます。以下でご紹介するので、確認しておきましょう。

マーケティングデータを一括管理できる

DMPでは、自社で管理しているデータと外部のデータを統合し、一括管理することが可能です。 それぞれのデータを分析することで、今まで発見できなかった課題を明らかにしたり、新規顧客開拓のヒントを得るなど、多方面からマーケティング活動を行うことができるでしょう。

顧客の動向を可視化できる

プライベートDMPでは、顧客が企業の商品を購入する時、どのような行動をしたか、どのサイトから自社商品を知ったのか、など詳しいデータを集めることができます。 そこから、顧客の好みや興味関心を分析することで、顧客の動向を可視化することが可能です。 グラフにまとめることで、新商品の提供時期や価格、カテゴリーを予測することもできます。

マーケティング活動の効率化が期待できる

DMPを活用することで、小さい単位で施策の実施・効果検証・改善策の検討を進めることができます。 短期間でマーケティング施策の精度を高めることができ、より最適なアプローチをすることができるでしょう。

DMPの導入で得られるデメリット

DMPの導入でさまざまなメリットを受けられる一方で、デメリットも存在します。良い面悪い面両方知ることで、失敗のないDMPの活用ができるでしょう。

導入・運用にコストがかかる

DMPを導入・運用する際は多くのコストがかかります。 自社の規模や利用するDMPのパッケージ、機能などで変動しますが、一般的には数百万円以上かかると見積もっておく必要があるでしょう。 予算と費用対効果をしっかり検討し、失敗のない導入を進めることが大切です。

既存ツールとの連携可能性を考慮する必要がある

DMPは自社で利用している管理ツール(CRMなど)と連携することで、高い効果を発揮します。 そのため、既存で利用しているツールと連携できるか事前に確認する必要があります。もし連携できないツールを導入してしまうと、期待した効果を得られない可能性があるでしょう。 また、ツールを連携するため、専門的な知識を必要とします。ITツールに慣れている従業員と協力し、導入可能か確認しておきましょう。

DMPの活用で効率的にマーケティング活動を実施

この記事では、DMPの概要や特徴、利用するメリット・デメリットを解説しました。 自社で蓄積した顧客データだけでなく、市場や外部で公開されているビッグデータと統合し、分析できるDMPは、マーケティング活動の質を高めるのにとても重要なシステムです。 今は多岐にわたるサービスが提供されているので、自社に適したDMPを選択するようにしましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください