制作事例

近年注目を集めているモダナイゼーションとは?

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

情報システムに携わっている人なら「モダナイゼーション」という言葉を耳にしたことがあると思います。 近年注目を集めているモダナイゼーションですが、具体的な意味を理解していない方も多いでしょう。 そこで今回は、モダナイゼーションとは何か概要から必要とされている背景をご紹介したいと思います。気になっている方はぜひご覧ください。

モダナイゼーションとは

モダナイゼーションとは「近代化」を意味するキーワードです。 特にIT分野で使われることの多い言葉で、企業が管理・使用している情報システムや稼働しているソフトウェア・ハードウェアなど、それらの資産を活かしながら最新の製品や設計に置き換えることを意味しています。 大きな基幹システムは数十年前から利用されていることが多く、システム上の課題や技術面でさまざまな問題を抱えている可能性があります。 セキュリティ対策においてもリスクがあり、最新技術に置き換える動きが注目されているのです。

モダナイゼーションが必要とされている背景

ではなぜモダナイゼーションが必要とされているのでしょうか。 それは、上記でも少し触れましたが、企業が利用しているメインフレームで稼働している基幹システムが古くなり、技術など現代のビジネスニーズの変化に対応できなくなっているのが理由としてあります。 最近のビジネス市場では、顧客それぞれのニーズを明らかにして商品提供をするのが主流です。 適切な商品・サービスを提供することで顧客満足度を高め、関係性を築き上げていくのが重要になっており、それらの動きに対応できる基幹システムの拡充が求められています。 このような古いシステム(レガシーシステム)は、企業にとって「負の遺産」になるため、モダナイゼーションの実施が進められているのです。

レガシーシステムが抱えている問題

レガシーシステムとは、技術や機能面で古くなったシステムのことをさします。 数十年以上問題なく稼働していたとしても、いくつかの面で問題があり、ビジネスを阻害する可能性があります。以下ではどのような問題があるのかご紹介していきます。

技術の問題

レガシーシステムは、数十年以上前から利用されている基幹システムで、開発言語が古い場合があります。 開発言語が古いとシステムの修正や運用できる人材が少なくなり、管理機能が果たせない可能性や、脆弱性の露出などさまざまなリスクがでてくるでしょう。 また、製品を提供している企業のサポート期限がわずかになり、以降のアップデートが行われないケースも多いです。 自社で維持するコストも年々高騰してきますので、一刻も早く最新システムに変更することが必要になるでしょう。

教育面での問題

レガシーシステムを運用し続けることは、古い技術を使用し続けることになります。 特に新人社員は古い技術を学ぶ意欲が低く、習得にかけるモチベーションが低い場合が多いでしょう。 また、システムの運用技術・ノウハウを持ったエンジニアは比較的年齢も上なので、退職してしまうことも多々あります。 従業員の需要と供給のバランスが取れず、開発経験や知識のない新人社員によって保守運用されるレガシーシステムは、システムエラーの可能性が高く、さまざまな危険性を持っているのです。

アプリケーション上の問題

古くなったシステム(レガシーシステム)は、ロジック的に複雑なコードが組み込まれていたり、現在は使われなくなったコードなど、余計なプログラムが存在する可能性が高く、稼働スピードの遅延につながります。 現代のシステムと比較して性能がかなり低くなっているケースが多く、業務上の効率を考慮してもモダナイゼーションに取り組む必要性があるのです。

モダナイゼーションを実施する手順

モダナイゼーションに取り組む場合は、以下の手順で行います。 ・モダナイゼーションを実施する対象を決定・置き換えるシステムの比較検討・実施に要する人員やコストの計算 それぞれ解説するのでぜひ参考にしてください。

モダナイゼーションを実施する対象を決定

一言にモダナイゼーションとはいっても、対象はさまざまです。 一般的には基幹システムのモダナイゼーションを想定していますが、業務システムや労務管理システムなど、企業の抱えているシステムトラブルは多岐にわたるでしょう。 まずは優先的に改善したいシステムを選択し、そのシステムのどの部分が問題なのか明らかにすることが重要です。 ここで課題点を洗い出すことで、置き換えるシステムの選択がスムーズに行えます。

置き換えるシステムの比較検討

対象が決まったら、置き換えるシステムの比較検討を行います。 管理・アクセスが簡単なクラウド型のシステムに置き換える、自社サーバーのみで運用できるオンプレミス型を導入し、セキュリティ対策を厳重にするなど、目的に沿って比較検討するといいでしょう。 近年は無料でトライアル版の利用ができるサービスが多いです。使用感が気になる場合は、まずは無料版を試してみることをおすすめします。

実施に要する人員やコストの計算

最後に導入時に必要な人員やコストを計算しましょう。 データの移行に詳しいエンジニアがいるなら少人数体勢で行うことも可能になります。 人員を減らせばその分コストを抑えることができますが、コスト削減を意識しすぎて導入作業が遅れるのも本末転倒です。 適切な配分をしっかり検討し、スムーズな実施を心掛けることが大切になります。

モダナイゼーションの実施で安全かつ効率的なシステム運用を実現

この記事では、モダナイゼーションとは何か概要から注目される背景をご紹介しました。 常に新しい技術・システムを取り入れることは、時代の変化に対応できるだけでなく、リスクの軽減や業務効率の改善など、さまざまなメリットがあります。 レガシーシステムの置き換えは難しい作業ではありますが、ぜひ積極的に取り組むことをおすすめします。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください