制作事例

【重要】システム開発をする上で注意しなければならないリスク

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

システム開発では商品の特性上、中身が見えにくく、さまざまなトラブルが発生するリスクがあります。 このようなリスクは事業に大きな影響を与えるだけでなく、企業自身の信頼度にも関わってくるため、可能な限りトラブルを避けていくことが、ビジネスを行う上で重要です。 しかし、システム開発においてどのようなリスクが潜んでいるのか、あまりイメージできていない方も多いと思います。 そこで今回は、システム開発に潜んでいるリスクをご紹介すると共に、リスク管理の方法まで解説していきます。 不安を感じている方はぜひ参考にしてください。

システム開発に潜んでいるリスク

システム開発において、考慮すべきリスクは企業間でのトラブルです。 具体的には以下のようなリスクが多いです。 ・開発費用の増大化・認識のズレ・技術的な問題 それぞれ解説していきます。

開発費用の増大化

システム開発において注意したいリスクは、開発費用の増大化による企業間トラブルです。 たとえば、事前に見積もっていた開発費用が想定以上に上回ってしまい、余剰分の金銭をどう処理するのか、といったケース。 中にはトラブルを避けるために、赤字で取引を終了してしまう企業も少なくありません。 システム開発を受注するタイミングで、価格帯を設定することが多いですが、仕様の変更やシステム上の都合により、開発予算は変動する可能性があります。 また、クライアントの要望に対応するために、新しい技術を導入するといった、予想していない費用が発生することもあるでしょう。 あらゆる想定を行い、開発費用が予定通りに収まるようなスケジュール管理を実施することが大切です。

認識のズレ

他には、契約内容の誤認によるリスクがあります。 たとえば、発注企業が提案書類書(RFP)を開発企業に渡し、簡単な目的や依頼内容を共有したとします。 開発企業は「〇〇の実装」と「△△のシステム」をプログラミングすれば良いと考えてたとしても、発注企業側からしたら「◇◇の機能」を実装して欲しいと考えているかもしれません。 このように、コミュニケーション不足でお互いに契約内容を誤認しており、完成間近になって「〇〇の機能は要らない・△△の機能を追加する」といった、トラブルにつながってしまうのです。 企業同士だけでなく、開発に携わるエンジニアや相手を交えた話し合いをすることが大切でしょう。

技術的な問題

システム開発では、技術面でのリスクにも注意する必要があります。 たとえば、要件定義の段階では技術による実現が可能と判断したが、開発工程を進めていくうちに技術的な課題にぶつかってしまうケースです。 クライアントの求めているシステムを開発するのは重要ですが、後から実現できませんでした、ではかえって大きなトラブルになってしまいます。 システムに詳しいエンジニアを交えたチェックを行い、要求の実現可能性を的確にしましょう。

システム開発におけるリスク管理のポイント

システム開発を行う場合はさまざまなリスクに注意する必要があります。 ここでは、システム開発におけるリスク管理のポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

詳細説明を丁寧に行う

システム開発に関しては、開発会社の方が基本的に詳しいです。 そのため、開発における手順から予算やコスト、開発スケジュールの期間やスピード感など、ありとあらゆる項目について発注企業に説明することが大切になります。 また、開発に移行した時、どのようなリスクが考えられるかも共有しておくと、システムの納品時にトラブルが発生しにくくなるでしょう。 たとえば、発注企業から仕様変更の依頼があった場合、「〇〇万円の費用追加と〇〇日のスケジュール変更が起こる可能性があります」と具体的なイメージを伝えることで、プロジェクトをスムーズに進められます。 スケジュールに関しては、ある程度余裕を持たせておくことで、トラブル対応がしやすくなるので、意識しておくと良いでしょう。

開発企業の技術力を確認する

技術力に関しては、システムの構想段階で明確にしておくことが重要です。 「発注企業が求めている機能やシステムは実現可能なのか」「新しい技術を導入する場合はどの程度追加コストが必要か」など、詳しく聞いておくことで、お互いに納得のいく成果物を作成することができるでしょう。 また、システム完成後に発生するエラーに関しては、予測不可能なものもありますが、多くは検証段階で防ぐことが可能です。 期間が許す限り検証を繰り返し、バグや問題点の少ないシステム開発を目指すようにしましょう。

リスクの少ないシステム開発を実施

この記事では、システム開発におけるリスクやその回避方法をご紹介しました。 目に見えないサービスを作るため、さまざまなリスクが潜んでいても気づきにくいシステム開発ですが、それらのリスクをほっておくと重大なトラブルに発展します。 完全に防ぐことはできませんが、意識することでリスクを回避することが可能なので、これからシステム開発を実施する方はぜひ実践してください。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください