制作事例

【初心者必見】ホームページの集客で抑えておきたいポイント

シェア:

現代はインターネット上でのコミュニケーションが活発化しており、企業と顧客を結ぶ場所としてホームページの必要性が問われています。 ただし、ホームページを作るだけでは顧客の獲得につながりません。 既にホームページを作成したが、なかなか効果を得ることができず悩んでいる方も多いでしょう。 そこで今回は、ホームページで集客を効果的に行うポイントをご紹介していきます。 初心者でも簡単に実施できるようまとめているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

そもそもホームページに集客できない理由

ホームページへの集客効果を高める前に、なぜホームページに集客できないのか原因を分析する必要があります。 多くの場合は以下の2つが原因として挙げられるでしょう。
・ターゲットが不明確
・効果測定を行っていない

ターゲットが不明確

よくある原因の一つがターゲットユーザーを明確にしていないことがあります。 たとえば、自社商品が高齢者向けであるのに、現代のモダンでシンプルなホームページを作成したとします。 ネットリテラシーが低い高齢者にとって、そのようなホームページは使いにくく、購入までつながらない可能性があるでしょう。 ターゲットユーザーをしっかり定義し、ターゲットユーザーに合わせたホームページを作成することが大切です。

効果測定を行っていない

ホームページを作成したらそれで終わりではありません。 実際にターゲットユーザーをホームページに集客できているのか、データを集めて分析する必要があります。 分析を行い、ホームページに訪問しているユーザーの属性(年齢や性別・地域など)を知ることで、期待している効果が得られているか確認できます。 課題点があるなら改善施策を実施し、成功しているなら事業の範囲を広げるなど、新たな施策を検討することで、より高い効果を求めることができるでしょう。

ホームページの集客を成功させるポイント

今では営業手法の一つとしてホームページが活用されており、使い方次第で高い利益につなげることが可能です。 このように、効果的なホームページを作るためには、いくつかポイントを抑えておくことが大切になります。 具体的には以下の3点です。 ・サイトへのアクセス数を増やす ・サイトの利便性を改善する ・SNSの活用 それぞれ解説していきます。

サイトへのアクセス数を増やす

サービスへの集客を増やすためには、ホームページに訪れるユーザー数を増やす施策が重要です。 これにはいくつか方法があり、代表的なものにはSEO対策というものがあります。 Googleの検索エンジンに最適化したホームページやコンテンツを作成することで、検索欄の上位に記事を表示させ、より多くの人にホームページを見てもらう手法です。 この記事をご覧の方も、Googleでキーワードを入力し、検索して一番上に表示された記事を自然とクリックすると思います。 つまり、上位表示されればされるほど、多くのユーザーに自社を知ってもらうことができ、売上につなげることができるのです。

サイトの利便性を改善する

ホームページの使い勝手も集客に影響します。 たとえば、商品の情報や商品の形・具体的なサービス内容をワンクリックで簡単に見ることができるホームページは、ユーザー視点でかなり便利でしょう。 ストレスなく商品情報を調べることができ、余計な判断をせず購入まで誘導することが可能です。 一方、情報がやたら多く掲載されているサイトは、知りたい情報になかなかたどり着かずストレスが溜まります。 使いにくいホームページは再び利用してもらえる可能性が減り、結果、集客効果を減らしてしまいます。

SNSの活用

SEO対策といったホームページの集客効果を高める手法は、時間もかかり知識も要するため若干難しいと思います。 そのような場合はSNSの活用がおすすめです。 たとえば、企業アカウントを作成し、自社製品の特徴や価格・魅力などを簡単に発信します。 広告とは異なり、不特定多数のユーザーに情報を届けることができるだけでなく、より商品を知りたいと感じている見込み顧客をホームページまで誘導することが可能です。 この時、サイトのデザインを見やすくしたりユーザーが簡単に商品情報を調べられるような構造にしておくことで、より利益につなげることができるでしょう。

ホームページへの集客を増やすことで高い利益を生み出すことができる

この記事では、ホームページで集客を増やすために抑えておきたいポイントをご紹介しました。 質の高いホームページを作成することで、低コストで数多くの顧客を獲得することができ、効果的なマーケティングを実施することが可能です。 また、利便性の高いホームページにすることでリピーターを増やすことにもつながり、さまざまな面で効果を期待できるでしょう。 まだ自社のホームページを用意していない企業は作成を、既に持っている企業は本記事でご紹介したポイントを抑えて改善し、効果的な集客を行っていくことをおすすめします。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
2022.05.18

SAPコンサルタントとは?将来性や転職、フリーランスとして独立、導入コンサルも可能?

SAPというシステムをご存知でしょうか。 非常に有名なソフトで、多くの企業で導入...
2022.05.16

フィールドエンジニアとはどんな職業?仕事内容から「きつい」といわれる理由まで解説

IT業界は、非常に人気の業界ですし、未経験から転職を考えている人も多いのではないで...
2022.05.15

MSP(サービスマネジメントプロバイダ)とは?契約するメリットと活用事例

システムの運用には、とにかくコストがかかります。 正常に稼働しているか監視した...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください