制作事例

マイクロモーメントとは|ユーザーの行動を理解するための手法

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

Googleが2015年に提唱した「マイクロモーメント」という言葉ですが、よく理解していない方も多いでしょう。 マイクロモーメントとは、簡単に説明するとユーザーがスマホやタブレットなどのデバイスを用いて、行動を起こす瞬間を指す言葉です。 これだけでは良く分からないと思うので、本記事でそれぞれ詳しく解説していきます。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

マイクロモーメントとは

マイクロモーメントとは、人が”何か知りたい”と感じた時に、反射的にスマートフォンやタブレットなどのデバイスを使って検索する瞬間を指す言葉です。 インターネットやSNSが発達した現在、知りたいことをすぐに知れたり、欲しいものをすぐに購入できたりと、ユーザーの意思決定のスピードは非常に早くなっています。 これらの瞬間(モーメント)はマーケティング活動を効果的に行うためのヒントとなり、2015年にGoogleが提唱しました。

マイクロモーメントの4つの分類

Googleによると、マーケティング活動に関係する重要なマイクロモーメントは以下の4つに分類されます。 ・知りたい(I want to know)・したい(I want to do) ・行きたい(I want to go)・買いたい(I want to buy) それぞれ解説します。

知りたい(I want to know)

知りたい(I want to know)のマイクロモーメントは、ユーザーが商品やサービス・調べ事など、何か知りたいと感じた際に行動に移す瞬間のことを指します。 たとえば、CMで流れた広告の企業に対して「何をしている会社だろう」と思い、スマートフォンを使ってその詳細を調べる、などです。

したい(I want to do)

したい(I want to do)のマイクロモーメントは、ユーザーが「何かしらの行動を起こしたい」と感じた時に、やり方を調べる瞬間のことを指します。 たとえば、「写真を綺麗に取るコツ」や「部屋の片付けを効率よく行う方法」などを調べるのがあるでしょう。 なお、Googleによるマイクロモーメントの調査では、この「したい(I want to do)」のためにスマートフォンを活用する人は約90%であると明らかにしています。

行きたい(I want to go)

行きたい(I want to go)のマイクロモーメントは、ユーザーがどこかに行きたいと感じて、スマートフォンを利用し目的地の場所を探す瞬間のことを指します。 「パソコン機器が買えるお店を確認するためにスマートフォンで検索する」「美味しい中華料理が食べられるレストランを探すためにスマートフォンで検索する」などの行動があげられます。 近年はIT技術が進化しており、多くのお店はインターネットを活用して調べることができるでしょう。

買いたい(I want to buy)

買いたい(I want to buy)のマイクロモーメントは、ユーザーが何かを欲している時に、買い物をしようとする瞬間のことを指します。 たとえば、「自転車を買いたいと考えたから、比較サイトを調べる」「洋服が欲しくなったから、トレンドや人気アイテムを検索する」といった具合です。 現在はECサイトの活用が増えており、さまざまな購入サイトが公開されています。 また、比較サイトも増加傾向にあり、ユーザーは多岐にわたる場所から情報を得ることが可能です。

マイクロモーメントを把握するための方法

上記のマイクロモーメントは、スマートフォンとの関係性が強いです。 つまり、マイクロモーメントを把握するためには、スマートフォンユーザーの行動を分析するのが有効になります。 マイクロモーメントを把握し、顧客のニーズを理解するためにも、ぜひこの部分はしっかりお読みください。

モバイルから検索されるキーワード

サイトを運営している企業は、Googleアナリティクスなどの分析ツールを利用することで、どのデバイスからアクセスがあるか把握することができます。 その際、スマートフォンからの検索ワードを分析することで、ユーザーがどのようなマイクロモーメントを行っているか、知ることが可能です。 顧客の求めているニーズをキーワードとして知ることで、商品開発や営業活動に役立てることができるでしょう。

カスタマージャーニーなどのフレームワークを活用

ユーザーが商品に対して「認知」∼「購入」に至るまでのプロセスをカスタマージャーニーといいます。 このカスタマージャーニーはフレームワーク化されており、それぞれの段階(たとえば、認知など)を各ステージに当てはめて分析することで、ユーザーが求めている欲求を「知りたい」「行きたい」「したい」「買いたい」として把握することができます。 サイトの分析と合わせて行うことで、より精度の高い分析ができるでしょう。

マイクロモーメントの把握でビジネスを拡大する

本記事では、マイクロモーメントとは何か概要から特徴などを詳しく解説しました。 特にスマートフォンユーザーを対象としたマーケティング活動では、マイクロモーメントを意識する場面が多いと思います。 本記事でご紹介したマイクロモーメントの本質「知りたい」「行きたい」「したい」「買いたい」を理解し、ユーザーのニーズに応えられるサービスの提供をしていきましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください