制作事例

情報資産とは?情報リスクの把握とセキュリティに必要な知識

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

ビジネスを行う上で情報資産の管理はとても重要です。 近年はIT技術の発達により、AIの導入やビッグデータの活用など、さまざまな場面で情報資産を利用するようになりました。 しかし、そういった情報資産の活用が増えている現在、それらのデータを狙ったサイバー攻撃や人為的なミスによる情報漏洩など、数多くのトラブルが発生しているのです。 この記事では、ますます重要になっている情報資産に関して、概要からリスクを減らすためのポイントなど詳しく解説していこうと思います。 知識を深めたい方はぜひ参考にしてください。

情報資産とは

情報資産とは、言葉の通り「企業が保有している情報」です。つまりデータのことです。 従来は紙の資料による情報(データ)が一般的でしたが、最近はIT技術が進んでおり、パソコンのSSDやHDD、USBメモリやSDカードなど、多岐にわたる形式で保存されています。 情報資産の定義はさまざまですが、通常は資産価値を生むもの全てを情報資産として扱います。 たとえば、企業が商品を開発し販売する過程で得た「開発時の設計資料」や「ソースコード」、企業間で行ったやり取りの「ログ」や「履歴」など、一見意味がなさそうなものでも、情報資産として扱われるケースがあります。 そのため、上記のような情報資産が外部に漏洩してしまうことで、組織は大きなダメージを受けてしまうのです。

情報資産の管理が重要である理由

今の社会は情報社会であり、企業が保有している情報資産はとても重要視されています。 一企業が所有している情報でも、ビッグデータと掛け合わせて分析することで、新たな利益や価値を生み出すことができ、マーケティング活動など幅広いシーンで役立てることが可能です。 つまり、情報一つでもかなりの価値があり、サイバー攻撃の対象になりやすいリスクや情報漏洩による損害賠償・他社に資産が流してしまうリスクなど、さまざまなリスクに注意する必要があります。 このような背景から、情報資産の管理に関して、改めて検討する企業が増えているのです

情報資産を失わないために必要なこと

情報資産を徹底的に管理することで、情報資産を失わずに済みます。 以下で情報資産の管理に必要なことをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

情報資産の可視化

情報資産を管理する上で、情報資産の可視化はとても重要です。 たとえば、ドキュメントに企業との取引記録をテキストと数値で記録し、一見するだけで全体的な状態を把握できるようにするなど、さまざまな方法があります。 今では顧客管理システムなど、自動化ツールも数多く提供されているので、便利なサービスを導入するのも良いでしょう。

企業全体で情報資産に関する理解を深める

情報資産を守るために、さまざまなセキュリティ対策を行うことも大切ですが、根本的な部分、従業員のリテラシーを深めていくことも重要です。 情報資産が失われた時の影響を解説するセキュリティ講座の定期開催など、従業員が情報資産をどう扱うべきか共有するようにしましょう。 管理体制の見直しも有効なので、企業に足りていない部分を見つけたら、随時対策することが大切です。

情報資産のセキュリティを強化するポイント

ここでは、情報資産を守るためのポイントをご紹介します。 ただ情報資産を管理するのではなく、以下の点も意識して行うことで、リスクを減らすことができるでしょう。

情報資産の管理ツールの状態を常に最新にする

セキュリティインシデントはいつ発生するかわかりません。 どのタイミングで外部から攻撃を受けるか、内部から人為的なミスにより情報が漏洩してしまうか、など予想できないことがほとんどです。 そのため、リアルタイムで発生している問題に逐一対応できるようなセキュリティが必要になります。 たとえば、情報資産を管理しているツール(ソフトウェア)の状態を最新版にするなどです。 ツールの提供者は日々セキュリティを強化できるよう、さまざまな検証を行ってアップデートをしています。 新しく脅威になった攻撃への対応も、ツールを最新版にしておくことで防げる可能性が高くなるでしょう。 企業の情報資産を守るためにも、セキュリティの更新を行うことが大切です。

セキュリティ人材へのフォロー

社内の情報システム部門など、企業の情報を管理している人材へのフォローも重要です。 システム部門のエンジニアは他の部署よりも責任が重く、他の社員と待遇が変わらないと不満を抱くことがあるでしょう。 必要と要求されているツールは積極的に導入し、システム部門の負担を減らしつつ、適切な待遇を検討することで、企業にとどめておくことが可能です。 コミュニケーションととりつつ、適切な関係を作り上げていきましょう。

情報資産の管理を徹底して安全な運用を実現

この記事では、情報資産とは何か概要からセキュリティ対策のポイントなど、さまざまな知識をご紹介しました。 日に日に増えていく企業の情報資産ですが、徹底した管理を行わないと、重大なトラブルに発展する可能性があります。 企業全体で情報資産に関する認識を改めて理解し、ビジネスを助長するような活用ができるよう、運用を心掛けましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください