制作事例

CSIRTとは?企業のセキュリティ体制を構築する人材チーム

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

・CSIRTとは何か良く知らない・CSIRTの設置を進めたいがどうしたらいいのか良く分からない この記事を読んでいる人は上記のような悩みや不安を抱えているでしょう。 本記事では、CSIRTの概要からセキュリティ体制を構築する際の注意点、CSIRTが求められている背景など、詳しく解説していきます。 IT技術が普及している今の社会は、セキュリティ対策がとても重要です。 ぜひ本記事を読んで、知識を深めていってください。

CSIRTとは

CSIRT(シーサート:Computer Security Incident Response Team)とは、セキュリティインシデントの発生に対応できるチームのことを指します。※インシデントとは、セキュリティ上の問題・事象を意味する言葉です。 現在の社会は情報の価値がとても高く、セキュリティ事故が発生した時の賠償やイメージダウンなど、被害は測り切れません。 そのような被害を防ぐ機能として、CSIRTが重要視されているのです。 CSIRTが行う業務には、「企業が利用しているソフトウェアなどの脆弱性情報の分析・収集」「インシデント発生時の対処」「社内外の企業組織と情報共有や情報連帯」などがあります。 よく似た言葉に「SOC」というものがありますが、SOCはセキュリティインシデントに対して事前の検知や対策に重点を置いているのに対し、CSIRTの場合は、セキュリティインシデントが発生した後の対処を中心として業務を遂行する点に違いがあります。 単純にセキュリティを専門とする人材を配置するだけでなく、新たなセキュリティ人材を育成するチームでもあるため、セキュリティ強化を目的として、多くの企業で設置が進められています。

CSIRTが求められている背景

上記でも説明したように、現在は多くの企業でCSIRTの設置が進められています。 その背景には、サイバー攻撃の増加や多様化が関係しているのです。 一般的には、サイバー攻撃など怪しいアクセスに対して、事前に感知して防ぐ対策が行われています。 ウイルスバスターなどが良い例でしょう。 しかし、攻撃の種類が増えている現在、事前の感知や対処だけでは間に合わなくなっています。 そこで、セキュリティの壁をつくるだけでなく、壁を抜けてきた攻撃に対して対応できる仕組みを用意して、被害の最小化を目指す動きが強くなってきました。 このような背景から、CSIRTの需要が高まっているのです。

セキュリティ体制(CSIRT)を構築する際のポイント

ここでは、セキュリティ体制を構築するためのポイントをご紹介していきます。

セキュリティ人材の雇用と育成

セキュリティ人材の確保は、企業のセキュリティ体制を整えるための前提になります。 まずはセキュリティ人材の雇用を進めましょう。 ITコンサルタントとして働いている人材やセキュリティエンジニアとして勤務している人材など、優秀な人材は数多くいます。 数人でも確保できれば、チームを発足して新人など、セキュリティ人材の育成に進めることができます。 自社内でノウハウを蓄積しつつ、人材を整えることで、より強固なセキュリティ体制を構築できるでしょう。

外部のベンダーや公的機関と関係を作る

セキュリティに関して、社内や組織内だけで完結するのはあまりおすすめしません。 可能な限り、情報セキュリティシステムに関するベンダーや公的機関と連帯し、ノウハウの共有や情報収集を行いましょう。 トラブル発生時や何か問題が起きた時、相談できる体制を整えておくことで、技術的な課題など早い段階で解決することができます。 逆に、何もシステム的な基盤が整っていないと、問題への対処が遅れたり、最悪の状態に陥る可能性もあります。 そのため、外部の企業と関係性を作っておくことが大切です。

組織の構造を再検討

CSIRTの設置を行う場合、社内全体で連携を取れるよう組織の構造を再検討することが大切です。 CSIRTから連絡がきた場合はどの部署が全体に共有するのか、社内のコミュニケーションを取り持つ部署はどこか、システム導入で必要な予算はどこに相談すべきか、など組織全体で役割をしっかり確認しておきましょう。 それぞれの役割を明確にすることで、スムーズな業務を行うことができ、より高い効果を期待することができます。

CSIRTの設置で企業のセキュリティを強化すべき

この記事では、CSIRTとは何か概要から求められている背景などを解説しました。 セキュリティ人材を育成しチームとして配置することは、かなりのコストを必要としますが、セキュリティリスクが増えている現在、なくてはならないものです。 本記事でご紹介した、セキュリティ体制を構築する時の注意点などをよく理解し、さまざまなリスクから身を守れるような対策を行っていきましょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください