制作事例

資金調達アドバイザーの役割・メリット・選ぶ際のポイントについて解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

資金調達は、事業を始めたり拡大したりするうえで必要になることが多いですが、多くの手間や時間がかかります。そのような時に役に立つのが、資金調達アドバイザーです。資金調達アドバイザーは、資金調達の手間や苦労を削減し、スムーズで的確な資金調達を可能にしてくれます。

では、資金調達アドバイザーはどのよう選べば良いのでしょうか?この記事では、資金調達アドバイザーの役割やメリット、選ぶ際のポイントについて解説します。

 

資金調達アドバイザーの役割

弊社はGDPR対応済みですと笑顔で応えるリーガルアドバイザーの写真素材 - ぱくたそ

資金調達アドバイザーの役割は、主に次のとおりです。

  • 事業計画書の作成
  • 金融機関との交渉
  • 資金調達のためのアドバイス

事業計画書は資金調達をする上で欠かせないものですが、作成は簡単ではないため、ノウハウを持っている資金調達アドバイザーの力を借りると作成が大幅にしやすくなるでしょう。また、事業計画書のクオリティも向上するため、融資を受けられる確率アップが期待できます。

金融機関との交渉も、慣れていないと有利に進められないかもしれません。もし自信がないときは、資金調達アドバイザーに代行してもらうか、あるいは同席してもらうことで交渉がしやすくなるでしょう。

資金調達アドバイザーは、コンサルを専門におこなっていることもあれば、税理士としての活躍の傍らで資金調達に関するアドバイスをおこなっていることもあります。どちらも資金調達に関して精通しているため、安心してサポートを受けられます。

 

資金調達アドバイザーを利用するメリット

メリット MERIT 良いところ イメージ素材 単語カード - No: 4213248|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

資金調達アドバイザーを利用するメリットは、次の2つです。

  • 資金調達業務を代行してくれる
  • 金融機関との面談に同行してくれる

では、それぞれについて解説します。

 

資金調達業務を代行してくれる

資金調達アドバイザーは、資金調達業務を代行してくれます。経営者の方は忙しく、資金調達に割く時間や労力を確保することは難しいでしょう。そのため、このようなときは資金調達アドバイザーが強い味方となります。

資金調達の最大の山場となるのは、事業計画書の作成でしょう。特に補助金やベンチャーキャピタルなどの返済を必要としない資金調達をおこなう場合は、より質の高い事業計画書の作成が要求されます。しかし事業計画書の作成は難解であり、かつ審査に大きく影響するものであるため、自信がない場合は自力での作成は避けた方が良いでしょう。

したがって、事業計画書の作成は、資金調達アドバイザーに任せた方が安全といえます。そうすることで質の高い事業計画書が作成されますし、かつ手間や時間の削減もできます。費用はかかりますが、その分本業にコミットできるため、投資としては賢い選択でしょう。

 

金融機関との面談に同席してくれる

もうひとつのメリットが、金融機関との面談に同席してくれることです。面談は融資を受けられるかどうかを大きく左右するものであるため、1人だけで臨むのはきっと不安でしょう。しかし資金調達アドバイザーが同席することで、事業計画書の内容や、資金の返済計画など全て説明してくれるため安心です。

 

資金調達アドバイザーを選ぶ方法

2ページ目 | アドバイザーの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

資金調達アドバイザーを選ぶためのおすすめの方法は、無料相談です。なぜなら無料相談をおこなうことで、資金調達アドバイザーの説明にどれだけ説得力があるかや、親身に相談に乗ってくれるかどうかを確かめられるためです。多くの資金調達アドバイザーは、30分から1時間程度の無料相談を実施しているため、ぜひ有効活用しましょう。

無料相談を利用する前には、あらかじめ質問事項をまとめておくことをおすすめします。そうすることで、資金調達アドバイザーに確認しておきたいことを漏れなく質問できます。できれば、無料相談は5社ほど受けて比較検討すると良いでしょう。

 

良い資金調達アドバイザーを見分けるためのポイント

黒板に書かれたポイントの文字とひらめきアイコン - No: 1872769|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

良い資金調達アドバイザーを見分けるためのポイントは、次のとおりです。

  • 実績が自社に合っている
  • 手数料が妥当
  • サービス内容
  • 自社サービスに対する理解度
  • フィーリングの一致度合

では、それぞれについて解説します。

 

実績が自社に合っている

資金調達アドバイザーは、実績が自社に合っているであるほど安心です。実績というのは、たとえばどのような分野のサポートを経験したことがあるのか、どのくらいの規模の企業をメインに取り扱っているかなどです。これらのポイントを確認しておくことで、自社に合った資金調達アドバイザーを選びやすくなります。

資金調達アドバイザーの実績は、HPに記載されていることがあります。そのため、HPは必ず確認しておきましょう。資金調達アドバイザーには得意分野だけではなく不得意な分野でもあるため、実績の確認は重要です。

 

手数料が妥当

資金調達アドバイザーに対して支払う手数料は、安ければ良いというものではありません。いくら手数料が安くても、サポートの質が悪ければ意味がありません。サポートの質に対してどの程度期待できるのかも、資金調達アドバイザーの選定基準としましょう。

手数料には、次の3つの形態があります。

  1. 固定着手金+成功報酬
  2. 成功報酬のみ
  3. 顧問料

まず固定着手金+成功報酬のパターンですが、こちらは成功報酬のパーセンテージが低い傾向があります。ただし資金調達がうまくいかなかったとしても、固定着手金を支払う必要があります。

次に成功報酬のみのパターンですが、こちらは資金調達が成功しなかった場合、手数料を支払う必要はありません。ただしその一方で、成功報酬のパーセンテージは高い傾向があります。

最後に顧問料を支払うパターンですが、こちらは資金調達のみのスポット契約ではなく、その後の資金調達などのアドバイスなどを継続的に受けたい場合におすすめです。もし税理士や社労士などを雇っていない場合は、顧問契約を結ぶのも良いかもしれません。

 

サービス内容

サービス内容は、資金調達アドバイザーで一律であるわけではありません。たとえば、資金調達業務を全て代行してくれることもあれば、書類作成の代行のみの場合もあります。資金調達アドバイザーによるサポートがどこまで必要になるのかは、あらかじめ考えておきましょう。

 

自社サービスに対する理解度

資金調達のサポートを受けるうえで、資金調達アドバイザーの自社サービスに対する理解度も重要です。なぜなら、自社サービスに対するリア木戸が低いと、的確な事業計画書の作成ができないためです。したがって無料相談を利用して自社サービスに対する理解度を確かめたり、過去に同じような分野の企業のサポート実績があるかどうかも確認したりすると良いでしょう。

 

フィーリングの一致度合

資金調達アドバイザーはその実力だけではなく、どれだけフィーリングが合うのかも重要です。なぜなら、資金調達が成功するまで資金調達アドバイザーと綿密なやり取りをすることになるため、フィーリングが合わないと意思疎通がうまくいかない恐れがあるためです。そのため、無料相談などを通じてフィーリングの一致度合も確かめておきましょう。 

 

資金調達をご希望の企業様はAMELAにお任せください

AMELA

AMELAは、資金調達のサポートもおこなっております。 融資・資金調査のコンサルティングから、代行で事業計画書の作成やレビュー、投資家とのマッチングまで統括的に支援します。 また、AMELAのビジョンを実現するような新規事業の場合は、積極的にAMELAからの出資を検討します。 ご興味をお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください。 AMELAへのお問い合わせはこちら

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

WRITTEN BY

suzu

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください