制作事例

リードエンジニアとはどんな職業?仕事内容から年収までを解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

いまIT業界において、
「リードエンジニア」
と呼ばれる職業の需要が高まっています。

システム・ソフトウェア開発の現場で、グループの頭脳としての役割を担うのがリードエンジニアです。

「テックリード」とも呼ばれるリードエンジニアは、現在の開発現場で重要な職業です。

では、この職業に就く人々は具体的にどのような業務を担当しているのでしょうか。

また、プロジェクトを円滑に進行させるPMや、企業の技術責任者であるCTOとはどう違うのでしょうか。

ここでは、リードエンジニアとは一体なんなのか、具体的な業務や、求められるスキルと合わせて解説します。

くわえて、リードエンジニアの現在の需要や年収についても見ていきましょう。

リードエンジニアとは

リードエンジニアとは、どのような業務を担当する職業なのでしょうか。

まずは、この職業の大まかなポジション、そして、しばしば混同されるCTOやPMとこのポジションがどう違うのかを解説します。

開発グループの責任者

リードエンジニアは、いわばグループの首脳です。

チームを束ねる、つまりリードするエンジニアとして、米国のIT企業から広がりました。

高度な開発を行う企業が増加した現在において、
「技術的な知見を持ったチームリーダー」
が必要不可欠となりました。

チームの窓口として他部署と連携しながら、技術的なサポートをするのが、リードエンジニアという仕事です。

ちなみに、この職業は「テックリード」などと呼ばれることもあります。

CTOやPMとの違い

まず、「最高技術責任者」と訳されるCTO(Chief Technical Officer)とリードエンジニアの違いについてです。

どちらも技術的なリーダーですが、その責務の範囲が異なります。

リードエンジニアは開発グループのリーダーであるのに対し、CTOは企業全体のリーダーとなります。

リードエンジニアとしての仕事が評価されたことからCTOに就任したという人も多く、この2つの職業は地続きであるといえます。

次に、PM(Project Management)との違いです。

PMは開発チームのマネジメントを主な業務とするため、リードエンジニアとは異なり、必ずしも技術的なスキルを持っている必要がありません。

今までは、グループをPMが取り仕切るという形態が多かったのですが、グループとPMの間の知識・技術差が大きくなることが増えたため、リードエンジニアが必要とされました。

これ以外にも、リードエンジニアと近い職業がいくつかありますが、企業によってそれぞれの担当業務は異なるため、しばしば同じものとみなされます。

リードエンジニアの仕事内容

リードエンジニアの役割が分かったところで、リードエンジニアのくわしい業務内容について見ていきましょう。

「リードエンジニア」は比較的新しいポジションですので、企業によって担当する範囲はまちまちです。

なので、ここでは広くリードエンジニアが担う業務を解説します。

マネジメント

リードエンジニアは、開発グループを率いる立場として、スケジュールの管理や人員配置などの、マネジメント業務を行います。

このとき、開発状況や個々の人員のスキルなどを把握し、適切にプロジェクトを進行させることが求められます。

エンジニアとしてのスキルを持つ人物がマネジメントを担当することで、高度な開発であっても建設的に開発を進めることができます。

技術的なサポート

マネージャーとしてプロジェクトを円滑に進めと同時に、リードエンジニアは、通常のシステムエンジニアとして、現場での作業も行います。

設計の手助けや開発の方向性の決定、技術の共有など、技術的な知識を持つからこそ可能なサポートは、この職業においての重要な職務です。

こうした業務(特にシステム設計)は、システムアーキテクトなどと呼ばれる人員が担当することが一般的ですが、リードエンジニアがこれを兼任することが増えています。

品質の管理

リードエンジニアの業務には、開発チームの進捗を逐一確認し、開発中のシステムの品質を管理するというのがあります。

コードレビューや、開発チームの負荷を分散するなどの作業を行うことで、製品の品質を高めます。

実際にシステムやソフトウェアの品質をチェックするのは、QAエンジニアという、ソフトウェアの品質評価を専門とする職業の役割です。

リードエンジニアは、QAエンジニアのレビューを元に、プロジェクトの見直しなどを行います。

チームの窓口・相談役

複数のチームが共同で開発を行う場合、チームの窓口となって、他チームとの連携をとることは、彼らにとって、重要なことです。

リードエンジニアは、こうした規模の大きい開発で重用される役割となります。

また、チームリーダーとして、定期的にチーム内の声を聞いたり、チームメンバーからの相談を受けることも担当します。

どちらの業務も、プロジェクトを円滑に進めるためには大事なことなので、この仕事をしている人々はヒューマンスキルを発揮することで、これらの作業にとりかかります。

リードエンジニアに必要なスキル

この職業は、基本的には、いくつものプロジェクトで経験を積み、高い技術力を持ったエンジニアが就きます。

しかし、単に高度なスキルを持っているだけでは、このポジションは勤まりません。

責任者として開発チームを率いるには、技術的なものだけではなく、様々な能力が必要とされます。

ここでは、リードエンジニアに求められるスキルを「エンジニア」「マネジメント」に分けて解説します。

エンジニアとしてのスキル

リードエンジニアには、なによりもまず、エンジニアとしての高い技術力が求められます。

チームの一員として実際にコードを書く以外にも、チームメンバーが書いたコードを適切に評価するコードレビューのスキル、システムアーキテクトが設計したものを採用するか判断し、チームメンバーに解説する能力など、様々なスキルが必要になります。

リードエンジニアがアーキテクチャを設計することもありますし、チームリーダーとして書いたコードは下で働く人々の指針になります。

エンジニアの見本となれるような技術力があってこそ、グループのリーダーとして活躍できるのです。

マネジメントスキル

そして、開発グループのリーダーとして重要なのが、マネジメントのスキルです。

プロジェクトの納期を守りつつ、製品の品質を高めるためには、高いマネジメントスキルが必要です。

また、プロジェクトに問題が生じた場合は、速やかに原因を究明し、問題解決の方針や解決策を考案、スケジュールの再調整をすることになります。

さらに、複数の開発チームや他部署と連携をとり、円滑にプロジェクトを進めることも、リードエンジニアの仕事です。

開発チームをまとめるためには、チーム内の状況を把握し、チームメンバーの相談に乗ったりなどのヒューマンスキルも重要になります。

リードエンジニアのキャリアパス

開発チームのリーダーであるリードエンジニアは、通常、エンジニアとして様々な経験を積んだ人が就く職業です。

そんなリードエンジニアの「次」として、どのようなキャリアパスがあるのでしょうか。

ここに挙げた以外にも、リードエンジニアは「エンジニア」「マネジメント」どちらのスキルも持っているので、リードエンジニアからより専門的なエンジニアを目指したり、マネジメントの道へ進むことも十分可能です。

システムアーキテクト

リードエンジニアが兼任することもあるシステムアーキテクトですが、企業によってはシステムアーキテクトがリードエンジニアの上位に位置づけられることもあります。

クライアントの要件を満たし、高度な設計を行う能力を持つシステムアーキテクトは、需要・年収ともにリードエンジニアよりも高いことが多いです。

リードエンジニアとしての仕事が評価されてからシステムアーキテクトになる人も珍しくありません。

CTO(Chief Technical Officer)

リードエンジニアからのキャリアパスとしての最上位はCTOでしょう。

「最高技術責任者」という名前が指し示すポジションは、企業全体の技術的なリーダーです。

実際、CTOの多くは、リードエンジニアを経験した上でCTOに就任しています。

リードエンジニアとして開発チームをまとめ、他チームと連携を取ることでプロジェクトを完遂した経験は、CTOとして十分に活かすことができます。

リードエンジニアの需要と年収

ここまで、リードエンジニアの仕事内容や求められるスキルを解説しました。

最後に、リードエンジニアの現在の需要と年収を紹介します。

リードエンジニアの需要

IT技術が社会全般に広がったこともあり、システム・ソフトウェア開発はより大規模になり、その複雑さは増しています。

それによって、技術的な知識・スキルが乏しい人間がプロジェクトの全体を把握することは難しく、これまで通りの開発チーム運営は次第に困難になりました。

そうした中で、高い技術的スキルとプロジェクト推進能力を持つ人材として、リードエンジニアが重要となります。

開発の複雑さとIT人材不足の深刻化が増す中で、リードエンジニアの需要はさらに高まっていくでしょう。

年収

現在、エンジニア全体の平均年収は約550万円で、それと比較しても、リードエンジニアの平均年収は約700万円となっており、通常のエンジニアよりもかなり高い傾向にあります。

高いところで年収1100万円を超えることからも、高い技能を持つリードエンジニアは貴重な人材であることがわかります。

必要な人材はAMELAに

今回は、リードエンジニアについてまとめてきました。

昨今、多くのシステム開発において
・短納期
・低予算
・高機能
が求められるようになりました。

そのため、自社のフレームワークを作ったり、既存のフレームワークを活用したり、各社のAPIを有効活用したり・・・。

様々な方法で開発が進められますが、そんな中でリードエンジニアも、複雑化・高速化する現代の開発において求められる職種の1つとなってきました。

しかし、まだまだその職種の明確な役割や業界で統一された定義も存在しない新しい職種であるがゆえに、
「思っていた人材ではなかった」
というミスマッチが生まれる可能性も十分にあります。

そんな時には、是非AMELAにご相談ください。

御社に今必要な人材を提案する事が出来ます。
 

WRITTEN BY

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください