AMELAジャパン株式会社

WORKS

  • TOP
  • WORKS LIST
  • 【業務効率化】タクシー配車システムの構築

【業務効率化】タクシー配車システムの構築

WEBサービス

利用者の予約情報に応じて、自動的に最適なルートを判断するシステムです。複数の移動ニーズに同時に対応することができ、交通事業者のドライバー不足を補い車両稼働率の向上が図れ、鉄道やバスが整備されていない地域においてもラストワンマイルを埋める有効な交通手段として活用が期待できます。

クライアントの課題

近年、タクシー業界はドライバー不足や効率的な配車システムの欠如により、サービス提供に課題を抱えています。特に、鉄道やバスの整備が不十分な地域では、利用者の移動ニーズを満たすための柔軟な交通手段が必要とされており、ラストワンマイルの交通問題解決が求められていました。

システムの概要

この課題に対応するために構築した「タクシー配車システム」は、利用者の予約情報に基づいて自動的に最適なルートを判断し、複数の移動ニーズに同時に対応することができる革新的なシステムです。このシステムは、ドライバー不足を補い、車両稼働率の向上を図ることが可能で、特に交通インフラが不十分な地域での有効な交通手段としての活用が期待されます。

機能一覧

  • 最適ルート判断: 利用者の予約情報に基づく自動的な最適ルート算出。
  • 複数ニーズ対応: 異なる予約に対応する複数の配車計画。
  • 効率的な配車システム: ドライバーと車両の効率的な割り当て。
  • リアルタイム追跡機能: 車両のリアルタイム位置追跡。
  • ユーザーフレンドリーインターフェース: 簡単操作が可能な利用者向けインターフェース。
  • データ分析ツール: 配車効率と稼働率の分析を支援するツール。
  • 安全性と信頼性: 高いセキュリティと信頼性を保持するシステム設計。

当社担当スコープ

当社は、システムの企画から開発、最適ルート算出アルゴリズムの設計、UI/UXデザイン、リアルタイム追跡機能の統合、データ分析ツールの開発、そして運用とメンテナンスまでを一貫して担当しました。また、システムの継続的な改善と機能拡張にも取り組んでいます。

成果

このタクシー配車システムの導入により、利用者にとってより迅速で柔軟な配車サービスの提供が可能になりました。ドライバー不足の問題も緩和し、車両の稼働率向上を実現しました。また、交通インフラが整っていない地域においても、ラストワンマイルの交通問題を解決する有効な手段として機能しています。データ分析ツールにより、運営側は配車の効率化とサービス改善のための洞察を得ることができ、業務の最適化に成功しています。

このプロジェクトは、タクシー業界のデジタルトランスフォーメーションを推進し、地域社会における移動手段の問題解決に貢献しています。また、業界におけるサービスの質の向上と利用者体験の改善にも大きく寄与しました。今後も、当社は革新的な配車システムの開発と改善に取り組み、業界の持続可能な発展を支援していきます。