制作事例

初心者必見!これからの代表ビジネス!オンラインサロンシステムの作り方

シェア:

初心者必見!これからの代表ビジネス!オンラインサロンシステムの作り方

  今の時代、様々な業界が変化しています。その中でも多くの業界に共通するのが「IT化」ではないでしょうか。 飲食店や美容業界など、いわゆる「手に職」と言われる様な業界でも、多くの会社がIT化をしなければいけなくなりました。 今回は、そんなITの中でも「オンラインサロン」について見ていきたいと思います。オンラインサロンという言葉自体がまだまだ新しいワードのため、 ・聞いたことはあるけどよくわからない ・どう作ったら良いのかわからない ・うちの業界にも必要なものなのかわからない など、様々な疑問があるかと思います。 そんなオンラインサロンについて、システム開発という視点から見ていきたいと考えています。

 

オンラインサロンとは

そもそも、オンラインサロンとはどういったものなのでしょうか。 オンラインとは、ネット上で行われる会員制のコミュニティのことです。 現在は様々な形のオンラインサロンがあり、「ネット上」だけではなくオフライン上でも活動が行われるなど、徐々にその形式が多岐にわたっていますが、それらも含めてオンラインサロンと言われています。

なぜオンラインサロンが人気なのか

では、なぜオンラインサロンが現在人気なのでしょうか。その理由は大きく分けて3つです。 1つは、個人であっても簡単に「会員制ビジネス」を作ることができるようになったからです。 会員制ビジネス自体は昔から存在しますが、「会員の大多数が参加はしていないが、お金は払ってくれる」という非常に優れたビジネスモデルです。 例えばトレーニングジムなどを想像してもらえればわかるかと思いますが、毎月ジムに通っている人も一定数いますが、それ以上に「通っていないけど会費は支払っている」という人が多いのです。 こういった人が多いからこそ成り立っているとも言えますが、個人でこれらの会員制ビジネスを行うのは非常に難しいです。集客から集金まで、小さなビジネスで行う上でクリアしなければいけない課題が非常に多いのです。 しかし、これらの問題を解決してくれるのがこのオンラインサロンという仕組みです。特に昨今はインターネットの普及によってビジネスが多様化・細分化され、スモールビジネスも非常に多くなってきました。 そういったスモールビジネスが会員制のコミュニティを持てる事がオンラインサロンの魅力の一つなのです。 2つ目は、少額を多数の人から定期的に集めることができるという点です。 ビジネスを行っていく上では、少ない人数から大きなお金を集めるよりも、多くの人から少額を集める方が、支払いのハードルが低いですし、リスクも低くなります。 そういった意味でも、このオンラインサロンというビジネスモデルは、非常にリスクの小さいビジネスモデルであると考えられます。 例えば、人気のオンラインサロンとして、ホリエモンこと堀江貴文さんや、キングコング西野さんが開いているものが有名です。 西野さんのオンラインサロンは、会費が月に980円~と非常に安価のため、会員になるハードルが低い事もあり、会員数はすでに7万人を突破しているということです。 つまり、毎月7000万円以上のお金が動く計算になるといった非常に大きなビジネスであるにも関わらず、1個人が解約したとしてもビジネスとしての影響力は小さく、非常に安定した収入と言えるでしょう。 運営にはもちろん、努力も根気も必要ですが、非常に安定したビジネスが可能になるのが人気の理由でしょう。 3つ目は、顧客との距離感が近い点でしょう。 あくまでも「コミュニティ」であるオンラインサロンでは、主催者との距離が非常に近いものも多いです。 IT化が進んでいる現代では、「人との繋がり」が新たな需要として認識されており、これからの時代にピッタリのビジネスモデルと言えるでしょう。

どうしてこれからの時代オンラインサロンが重要になるのか

では、どうしてこれからの時代にオンラインサロンが重要になるでしょうか。 1つは、「本当に良い情報には価値が出てくる」からです。 一昔前は、情報を手に入れる事も難しかったため、「情報商材」などのように、情報そのものを販売するビジネスモデルが注目されていました。 しかし、誰でも簡単に情報を開示することができる様になってきて、情報そのものの価値が下がってきています。 そのため、徐々に情報を販売するだけではビジネスとして成り立たないケースも増えてきています。 一方で、「本当に良い情報」を求める人が多くなっています。 巷に溢れている雑多な情報ではなく、 ・一流の職人から得られる情報 ・一流の社長の考え方 ・一流投資家の注目する株 など、価値のある情報にはそれだけお金を支払っても良いと考えている人が多く、堀江貴文さんや西野さんなどもそのようなコンセプトで注目を集めています。 このように、これからの時代は「本物」には高い価値が出てくる時代であり、それをサポートするのがオンラインサロンという仕組みなのです。 そしてもう1つが、前述したようにオンライン化がどんどんと進むことによって、 「人との繋がり」 が希薄になりつつある現代において、「コミュニティ」は非常に需要のあるビジネスになります。 どんな人でも、趣味や好きなことなどを他人と共有したいという願望がありますし、常に1人でいることに恐怖を感じる人さえいます。 そのため、繋がりを作るというこのオンラインサロンというビジネスモデル自体が、これからも大きな需要を作り続けるのです。

本当に必要とされるオンラインサロンの作り方

では、本当に必要とされるオンラインサロンを作るにはどの様な方法を取るべきなのでしょうか。

しっかりとしたターゲティングを行う

まずはじめに、しっかりとしたターゲティングが必要になります。 一般的にオンラインサロンは、 ・趣味系 ・ビジネス系 ・ファンサービス系(芸能人などがファンに対してファンサをするためのコミュニティ) ・人脈作り系 などに別れます。 後述する「差別化」を考える上でも、どのような層に最もアプローチしていきたいのかを明確にしておく必要があるでしょう。

他のオンラインサロンとの差別化をする

オンラインサロンはまだまだ新しいビジネスのため、既に存在するオンラインサロン自体はそれほど多くありません。 有名なところでは、DMMなどが参入していますが、DMMは既存会員2900万人に広告宣伝をするなど、既にあるリソースを活用したり、イベントスペースなどを用意するなどを行っています。 また、会員の動きなどをレポート化するような仕組みを導入しているため、利用者としては大きなメリットがあります。 こういった他社に対して、どの様な差別化を行っていくのかが重要になります。 例えば、 ・趣味に特化したオンラインサロン ・地域特化のオンラインサロン ・年齢特化のオンラインサロン ・ビジネス特化のオンラインサロン ・オンラインサロン参加者との予定を合わせやすい仕組みを導入 ・月会費以外にも物販やサービス販売をしやすい仕組み など、「他とは違う」という部分を作る必要があるでしょう。

ユーザー目線の開発を行う

そして実際にどの様なシステムを開発するのかが決まったら、徹底的にユーザー目線での開発を行う必要があります。 ボタンの位置一つとっても、それが成約するか否かを決める重要なファクターになったりします。 例えば、ホームページの広告の位置やサイズ。 広告ができる限り見られるようにする必要がある一方で、広告が邪魔でサイトを離脱した経験がある人も多いのではないでしょうか。 このように、ユーザーの使い勝手というのは、そのシステムを利用し続けてもらうためにも非常に重要な項目なのです。

単に「システムが作れる」ではダメ!重要なのは技術プラス幅広い知見

世の中にはたくさんのシステム会社が存在します。 IT技術はどのような業界にも必要とされているため、システム会社の需要も大きいのですが、その技術力などは会社によって様々です。

システム会社もピンキリ!安ければ良いというわけではない

システムを作るとなると、ある程度大きな金額が必要となります。 プロジェクトに参加するプログラマーの費用はもちろんですが、それらを管理する工数や打ち合わせの費用なども必要になります。 そのため、数十万円から規模によっては数百万円という金額が必要になるケースもあります。 しかし、実は同じシステムでも会社によって金額が大きく異なります。 その理由はいくつか考えられますが、金額で選ぶのは非常に危険です。 金額が安いのには、それなりの理由があります。 本来最初の段階で打ち合わせによって、しっかりと設計を行う所を、費用を抑えるために雑に行うなど、最終的に完成するシステムの出来を大きく左右するケースがあります。 また、その業界に詳しくない・作るだけでその後の運用が考えられていないなど、会社によってその能力は様々なのです。

本当に「売れるシステム」を作るならAMELA

本当に売れるシステムを作るのは、簡単なことでは有りません。 単に言われたものをそのまま作れるプログラマーはたくさんいますが、 「本当に必要とされる売れるシステム」 を作れるのは、限られたシステム会社だけでしょう。 AMELAは、バーチャルクラスルームやU-FRETなど、一般向けのシステムから業務用のシステムまで、幅広く制作してきました。 そのノウハウがあるからこそ提供できるシステム。 それがAMELAの強みです。 単にシステムを作るだけではなく、「しっかりとユーザーのニーズを捉えた必要とされるシステム」を作りたいと考えている方は、是非当社にご連絡頂ければと思います。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

Masaya Yoneda

関連の投稿

View More
2022.05.18

SAPコンサルタントとは?将来性や転職、フリーランスとして独立、導入コンサルも可能?

SAPというシステムをご存知でしょうか。 非常に有名なソフトで、多くの企業で導入...
2022.05.16

フィールドエンジニアとはどんな職業?仕事内容から「きつい」といわれる理由まで解説

IT業界は、非常に人気の業界ですし、未経験から転職を考えている人も多いのではないで...
2022.05.15

MSP(サービスマネジメントプロバイダ)とは?契約するメリットと活用事例

システムの運用には、とにかくコストがかかります。 正常に稼働しているか監視した...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください