制作事例

9割が間違ってる?正しいホームページ(ウェブホームページ)の作り方と選び方

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

9割が間違ってる?正しいホームページ(ウェブホームページ)の作り方と選び方

現在、多くの会社でホームページ(ウェブホームページ)が作られていると思います。 むしろ、 「ホームページもない会社」 というだけで信用されないというケースもあるほどです。 しかし、ホームページと簡単に言っても、その内容や目的は様々。 そのため、 「とりあえずうちの会社もホームページ作っとくか」 といった安易な考えで作るのはオススメできません。 現在、色々な会社がホームページを作っていると思いますが、20万円以上の会社も多いです。 それだけのお金を投じるのですから、「意味のあるホームページ」にしたいと思いますよね。 今回は、ホームページを正しく作る方法についてお話したいと思います。

 

そもそもなぜホームページが必要なのか

まずはじめに考えたいのが 「なぜホームページが必要なのか」 ということです。 単にどこの会社でもやっているから・・・といった理由ではなく、自社にとってどの様な必然性があってホームページを作るのでしょう。

これからの時代は特にネットでの活動が重要

これからの時代は、インターネットが中心の生活になってくると考えられます。 現時点でも、ほとんどの人がスマホを持ち、街をすれ違う人たちは常にスマホをチェックしている様に見えます。 美容室や飲食店を探す際も、現在地を中心にお店の情報を検索したり、SNSなどで美味しそうなお店の料理を見つけては、その店に足を運んだりします。 こういった環境の中で「WEB上でメディアを持たない会社は不利になる」という事が、ホームページを作る必要性と言えるでしょう。

本来果たすべき「ホームページの役割」とは

前項の内容からもわかるように、ホームページを作る上で重要になるのが、 「ビジネスにおいてプラスになる」 ということです。 言い換えるなら ・売上を上げる ・知名度を上げる ・信頼性を上げる ・ファンを作る ・見込み客を集める こういった事ができてこそのホームページなのです。

9割が間違ってる?作って終わりじゃない!売ってこそのホームページ

残念ながら、多くのホームページを作ろうとしている人が、作り方を間違っています。 それは、「作った段階で満足してしまう」からです。 ホームページを制作会社に依頼して作ってもらうにしても、金額も期間もかかります。 簡単なホームページなら、WIXなどの無料で作れるものもありますが、そういったホームページを素人が使ったとしても、 「売上」 にはつながってきません。 前項でもお話したように、あくまでもビジネスにプラスの影響を与えてこそのホームページです。 言い換えるなら 「売上を作れるホームページ」 こそが良いホームページなのです。 では、どうすれば売上に繋がるホームページを作れるのでしょうか。

あなたのビジネスのターゲットは誰?

1つは「誰に向けたホームページなのか」を意識すること。 どのようなビジネスであったとしても、そこにはお金を出してくれる「お客様」がいるはずです。 売上を上げようと思ったら、そのお客様に向けたホームページを作るべきなのです。 例えば、20代の女性に向けたホームページと、50代男性に向けたホームページでは作り方が異なります。 例えば、普段使っている端末がスマホなのか、タブレットなのか、パソコンなのか・・・といった違いがあります。 特に年齢層が高い場合は、スマホでホームページを見るとしても、文字を大きくしないと見にくい・・・など、身体的な理由でデザインが変わってくるケースもあります。 他にも、若い子をターゲットにするなら、インスタグラムを利用している人も多いでしょうから、画像ばかりが並んでいる様なギャラリーにしても良いでしょう。 若者の活字離れなどでも言われている様に、若い人ほど長い文章を好みません。 そのため、画像や動画でいかにベネフィットを伝えていくのか・・・が重要になってくるのです。 この様に、ターゲットによっても大きくホームページの制作方法が変わってくるため、しっかりと考える必要があるのです。

集客方法を考える

ホームページを作ったとしても、そのホームページを見てくれる人がいなければ、売上が上がる事は有りません。 では、どの様にしてホームページが一般のユーザーに見つけてもらえるのか。 これが最も重要になってきます。 一般的な方法としては ・SEO対策 ・グーグル、ヤフーの検索エンジン広告 ・SNS ・Youtube などが考えられます。 それぞれメリットとデメリットが違うので、一概にどれが良い集客方法かは断定できませんが、これも前項の「お客様」を想像すると、戦略が明確になります。 若い人をターゲットにするならSNSの方が集客しやすいなど、「ターゲットが普段使っている媒体への投資」が基本になります。

数値を計測し、改善を繰り返す

どのようなビジネスでも同じだと思いますが、一回で成功するのは難しいです。 しかし、何度も改善を繰り返すことで、最終的に成功へと辿り着くことは、それほど難しいものでは有りません。 ホームページでも同様に、何度も改善を繰り返すことで、しっかりと収益の上がるホームページを作ることが可能になります。 一般的には、ホームページにグーグルアナリティクスと言われる仕組みを導入します。 これは、グーグルが提供している無料の仕組みですが、リアルタイムに今どのくらいの人がホームページを見ているのかや、どの様な検索キーワードでホームページを見に来たのかなど、非常に役立つデータが取れます。 そのため、こういったものを確認しながら改善していくのが売れるための秘訣です。

ホームページ業者もピンキリ?依頼する前に能力を見極めろ!

この様に、ホームページを作る際にも、しっかりと目的を持って作ることが非常に大切になります。 一部の趣味でホームページを作っている人を除いて、多くの場合 「売上を上げる」 事がホームページにおいて最も重要な事になります。 しかし、単に売上を上げたいとホームページ制作会社に依頼をしても、失敗するケースが多いです。 その理由は、ホームページ制作会社には 「作る技術があっても、売る技術はない」 というケースが多いからです。 制作会社において、 ・制作スタッフ ・デザインスタッフ ・営業 などが別れているケースが多いです。 そうなると、 「デザインはできるけど、マーケティングは素人」 「制作はできるけど、ユーザーインターフェースは弱い」 といった事が起こります。 特に費用が安いホームページ制作会社の場合には、人員を削減している可能性もありますので、どこかのホームページをそのまま転用した様なデザインだったりします。 そうなると、当然ですが売上には繋がりにくいため、会社選びは非常に重要なのです。

ホームページ制作会社に頼るのではなく、システム会社にホームページに依頼する事のメリット

さて、そんなホームページ制作の会社選びですが、実は 「ホームページ制作を専門にしている会社」 と 「ホームページ制作もやっているけれど、業務システムなども開発している会社」 があります。 後述しますが、AMELAは後者の会社になります。 どちらに依頼するのかで、内容が大きく変わるわけですが、実はホームページ制作会社に依頼するよりも、システム会社に依頼する方が多くのメリットが有るのです。 「え?ホームページを専門でやっている会社の方が良いんじゃないの?」 と思う人も多いと思いますので、その理由をお話していきましょう。

1人が色々な案件を経験している分、個々のエンジニア能力が高いケースが多い

1つは、先程も述べたように、ホームページ制作会社の場合には、「担当」が別れている事が多いですが、システム会社の場合には、兼務をしている事も多いです。 システム会社の場合には、ホームページ制作会社とは違って、様々な依頼が来ます。 そのため、1人が複数のプロジェクトに参画している事もあり、その中で様々な経験を積んでいます。 「ホームページ制作会社で、デザイナーが提示してきた通りにホームページを作る」 と言ったエンジニアには、成長がほとんど有りませんが、システム会社のエンジニアにはそういった事が少ないのが特徴です。 そのため、1人1人のスキルが高く、他分野に精通している可能性が高いのです。

顧客管理やマーケティング・オートメーションまでしっかりと備えた仕組みを作れる

非常に専門的な話になりますが、1つのホームページを制作する中でも ・ユーザーが見ているホームページの「側」の部分 ・裏で動くシステムの部分 に分かれます。 裏で動くシステムの部分というのは、例えば顧客情報の管理であったり、商品情報やネットショップ機能などの事を指します。 このような仕組みをホームページ制作会社では、対応していないケースも多いです。 もしくは、その部分だけを外注したり、別のパッケージソフトを使用するなど、別途費用がかかる事もあります。 一方で、システム会社に依頼をすると、そういった部分まで一括して行ってくれる可能性があります。 それによって、マーケティング・オートメーションなどの最新のマーケティング手法を行うことも可能になります。 マーケティング・オートメーションとは、例えば 「会員登録した人に、登録した日の夜にはメールを送って、誕生日の月初めにクーポンを送って、来店1年記念で特別なメッセージを送る」 などを、システムが自動で行ってくれる仕組みになります。 システムによって行うので、人件費がかからない上に、離れていた顧客を呼び戻す効果も期待できるため、非常に有効なマーケティング手段と言えます。 こういった事ができるのも、システム会社に依頼することのメリットになります。

アプリ展開など、今後の時代の変化に強い

現在は、ホームページによる集客は非常に有効です。 しかし、今後様々な時代の変化によって、ホームページでの集客が弱くなる危険性もあります。 例えば、最近はYoutubeを見る人が多いため、テレビを持たない若い人も増えてきたという話を聞いたことがあるでしょうか。 この様に、新しい商品・サービスによってユーザーが利用するものが変わることはよくあります。 今で言うなら、「その店専用のアプリ」を作っている所は少なく、これから期待されている施策でもあります。 しかし、ホームページ制作会社では、アプリの制作はしていないことも多く、そういった時代の変化に疎い傾向があります。 その点、様々な「IT分野」に精通しているシステム会社であれば、どのような時代の変化にも対応できる可能性が高いのです。

拡張性、汎用性の高いホームページが作れるので多店舗展開などにも向いている

システムを制作する上で重要なのが、「拡張性や汎用性」になります。 1つのシステムをまっさらから作るよりも、過去に作った仕組みを応用して使う方が、開発期間も短くなりますし、費用も安くなります。 そういった事を意識して作るシステム会社だからこそ、ホームページを作る際にも、拡張性が高い作り方をしてくれる可能性が高いです。 そのため、多店舗展開や会社の方向性が変わった際などに、迅速に対応してくれる可能性が高いのです。

本当に「効果のある」ホームページを作りたいならAMELAへ

ここまで、ホームページを作る上で重要な事をお話してきました。 もしもあなたが今、ホームページを作ろうと考えているのだとしたら、 「焦ってホームページ制作会社に依頼しなくてよかった」 と思ったのではないでしょうか。 ホームページを作るだけなら、正直誰でもできます。 今の時代、パソコンが好きな小学生でも、簡単なホームページは作れたりします。 しかし、「効果があるホームページ」を作ることが出来るのは、本当に一部の会社だけです。 AMELAは、様々な業界の様々な仕組みを作ってきた会社です。 単にホームページ制作だけをしてきたような会社ではないため、様々な業界の知識や経験があります。 ですので、あなたの会社の売上をどう上げる事が出来るのか・・・についても、他社に負けない知識と知見があるのです。 もしも現在、ホームページ作りや今後のIT施策について考えているのでしたら、是非ご相談頂ければと思います。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

Masaya Yoneda

関連の投稿

View More
Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説
2022.07.02

Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説

私たちにとって、とても身近なものとなったWebサイト。現在は、ショッピングサイ...
Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説
2022.06.30

Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説

就職・転職活動をしていると、ポートフォリオの提出を求められることがあります。...
SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説
2022.06.30

SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説

外部企業をクライアントとして、社内システムの企画や設計を担当するSIer。そして...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください