制作事例

【良いことづくめではない?】オフショア開発の知られざるデメリットを解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

【良いことづくめではない?】オフショア開発の知られざるデメリットを解説

ITの人材不足が問題となっている近年、オフショア開発に注目が集まっています。 ネットの普及によるIT事業の需要と、少子高齢化による労働人口の減少がかみ合っていないのが現状です。 その中で、人材の確保とコストの削減を行えるオフショア開発に取り組む企業が増えています。 しかしオフショア開発を行うにあたって、デメリットもあります。 今回はオフショア開発のデメリットについて解説します。

オフショア開発とは

オフショア開発とは、海外の開発会社や子会社に、開発業務などを委託・発注する手法です。 オフショアは、岸から離れたという意味で、転じて海外を意味しています。 近年注目されている理由としては、日本のIT人材不足と、人件費の高騰が原因です。 経済産業省の調査によると、2030年にはIT人材が約45万人不足すると予測されています。 数少ない人材を高待遇で雇用するため、人件費が高騰しているのが現状です。 しかし、海外に目を向ければ、若くて優秀なエンジニアが揃っています。 また、日本と比べて人件費も安いので、開発コストの削減にも繋がります。 さらに、インターネットの発達によるグローバル化によって、海外進出の壁が低くなりました。 そのため、オフショア開発に乗り出す企業が、年々増加しているのです。

オフショア開発におけるデメリット

しかしながら、オフショア開発にはデメリットがいくつかあります。 デメリットを事前に把握しておかないと、思わぬ不利益を被ってしまいます。 以下では、それぞれのデメリットについて詳しく解説しますので、ご覧ください。

①信頼できるITベンダーを見つける必要がある

信頼できるベンダーをみつけるには、相応の時間・手間・お金がかかります。 具体的には、取引の年間費用に加えて、0.2%〜2%の費用がかかる可能性があるのです。 これらのコストには、

  • 要件の文書化
  • RFPの送信と応答の評価
  • 契約の交渉などが挙げられます。

このプロセス自体に、6ヶ月~1年かかるケースもあり、多くの時間を費やさなければいけません。 その間、生産性はごくわずかであるため、経費ばかりが掛かってしまうのです。 加えて、実際に現地におもむいて調査・対談するための旅費といった経費も発生します。

②開発工程を管理する時間と手間がかかる

開発がプロジェクトのニーズを満たしているか、開発工程を監視する必要があります。 そのための時間に、多くのリソースを割かなければなりません。 また、オフショア開発の場合、アウトソーシング企業との時差も考慮しなければなりません。 時差が大きいとリアルタイムでのコミュニケーションが困難になり、普段通りの勤務形態では迅速な決定や対応ができません。 必要に応じてコミュニケーションを取るには、今までと違う時間帯に働ける人材が必要となります。

③メンテナンス費用がかかる

一般的にソフトウェアが開発された後には、プロジェクトを維持するためのコストが掛かります。 メンテナンス専任の人材を採用する必要があり、そのためだけにコストが掛かってしまうのです。 オフショア開発においては、使用されるプログラミング言語の設定が、国によって異なる場合があります。 ソースコードの違いや品質は、メンテナンスのしやすさに直結するので、問題があるとメンテナンスにかかるコストが増大してしまうのです。

④言語・文化の違いによって生産性が低下する

海外に開発を委託するにあたって、必ず問題となるのが、言語や文化の違いです。 この問題に適切に対処しなければ、生産性が低下する原因となります。 言葉の些細な違いによって、情報の行き違いで委託側とオフショア企業側で齟齬が発生してしまうのです。 ベンダー側が要件を十分に理解できなかった場合、要件の見直しなどが発生します。 一度やり直しが発生してしまうと、話し合い直さなければならず、そのために多くの時間がかかってしまうのです。

⑤システム・ソフトウェアをアップグレードする必要がある

ビジネスのニーズと要件を満たすために、システム・ソフトウェアをアップグレードする必要があります。 しかし、オフショア企業が、こちらの要求する環境を常に整えているとは限りません。 様々な規模で、インフラ問題が発生する可能性があるのです。 それらに適切に対処できなければ、代替手段を用いるためのコストが発生してしまいます。

⑥法的リスクが高い

法律などが異なる外国に委託する際には、その国特有の問題にも気をつけましょう。 たとえば、以下のリスクが発生する可能性があります。

  • 法的な問題が発生
  • 貿易戦争の発生
  • 知的財産権がその国で保護されているかの問題

これらのような、法律についての知識を持っていないと、高いリスクを背負ってしてしまいかねません。 法的リスクを避けるには、事前に知識を身に付け、契約を明確にしておきましょう。

まとめ:デメリットをコントロールしてオフショア開発を成功させよう

オフショア開発における、デメリットについて紹介しました。 オフショア開発では、このように多くのリスクを抱えているということを、把握しておくことが大切です。 しかしながら、オフショア開発はIT人材の不足に、いまだ有効な手段であるといえます。 ベトナムをはじめとして、アジア圏の傾向としてITに力を入れているので、優秀な人材も多いのも事実です。 人材不足の解消と、優秀な人材確保といったメリットがあるため、ぜひデメリットをコントロールしてオフショア開発を成功させてください。

【関連記事】

WRITTEN BY

Masaya Yoneda

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください