制作事例

カギはオフショア開発? IT業界を襲う人手不足!その原因と対策を解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

現在IT業界を襲っている課題は人材不足であると、聞いたことはありませんか? AIや5Gなど、最新のIT技術の発展が様々な分野に注目されている中、世界的にITの需要が高まっています。 その状況下にある日本国内ではIT人材が不足しており、世界に後れを取らないために人材確保が急務とされているのです。 しかし、人材不足と言われても

  • そもそもなぜ人材が不足しているのか分からない
  • 人材不足を解消する方法が分からない

などと疑問に思う方もいるでしょう。 そこで今回は、IT業界における人材不足の問題について、原因と対策を詳しく解説します。 この記事を読めば、IT業界を襲っている人材不足の現状と、それに向けた有効な対策方法が分かるでしょう。

 

IT業界に差し迫っている日本の人手不足の現状

IT業界の人手不足は今もなお解決されておらず、むしろ拡大しているのが日本の現状です。 経済産業省が公表した『IT人材需給に関する調査』によると、2030年にはIT人材が最高で79万人も不足するとされています。 IT業界は今後も市場の拡大が予想されているので、それに伴って人手不足も拡大していくと見られているのです。

IT業界で人手不足が起ってしまう原因

日本のIT業界で人手不足が起きている原因として、次のような原因が挙げられます。

  • 少子高齢化
  • IT人材の高い需要
  • 労働環境問題

世界中でIT人材の不足が発生している中、日本でIT人材が伸び悩むのにはこういった原因が挙げられるのです。 次にそれぞれの原因について解説します。

 

原因①:日本で急速に少子高齢化が進んでいるため

IT業界に限った話ではないですが、やはり少子高齢化による労働力人口の減少は大きいです。 厚生労働省の厚生労働白書によると、2019年における65歳以上の高齢者の割合が28.4%であり、2040年には35.3%に上昇すると見られています。 対して、労働者人口は2017年時点で6720万人ですが、2040年には最悪で5460万人まで落ち込むとされているのです。

原因②:IT人材への需要そのものが高まっている

世界的なIT市場の成長に従って、高いスキルを持ったIT人材の需要そのものが高まっているのも原因といえます。 日本国内のIT市場においても、2019年まで毎年プラス成長をしている活発な業界です。 加えてAIやIoTなどといった、最新技術に対応できるスキルを持った人材が求められています。 IT市場の成長に対して、IT人材の供給とスキルレベルが追いついていないのが現状です。

原因③:労働環境が劣悪な会社が多いため

日本IT企業の労働環境がいまだに劣悪であるのも、人手不足に拍車を掛けています。 日本のITエンジニアは賃金の低さに加えて、スキルへの正当な評価の不足や、長時間労働に不満を抱いているのです。 そういった不満は若者にIT業界に対するネガティブな印象を与え、就職を敬遠させている要素となっています。

いますぐ取り組むべき!IT人材不足への対策方法

人材不足を解消するために、次のような方法が挙げられます。

  • 採用力の強化
  • 業務効率化
  • オフショア開発

いずれかの方法を実践しなければ、IT需要の増加に耐えきれなくなってしまうでしょう。 次にそれぞれの方法について解説します。

 

方法①:採用力を強化する

人材不足を解消するにあたって、もっとも単純な手段が採用力の強化です。 これまで行ってきた求人サイトを利用した採用以外にも、SNSなど効果的な手段を取り入れていく必要があります。 自社に合っている人材が効果的に集められる手段を探してみてください。

方法②:業務効率化を進める

AIやIoTなどといった技術を導入して、業務を効率化させるのも有効な方法です。 いままで人が行ってきた作業を自動化させるなどして、生産性を向上できれば限られた人材でも仕事を回せるようになるでしょう。 それだけでなく組織の変革による、労働環境の改善にも繋がります。

方法③:オフショア開発を導入する

海外から優秀なスキルを持ったエンジニアに業務を委託する、オフショア開発も人材不足解消のカギとなります。 海外とやり取りをする必要はありますが、優秀な人材を確保しやすいです。 また、日本で開発するよりもエンジニア単価が低いので、開発コストを抑えられるメリットもあります。

まとめ:IT業界の人材不足を救うカギとなるのは「オフショア開発」

IT業界の人手不足と、その対策方法について解説しました。 需要が依然として高いIT業界にとって、人材不足はなにより解決すべき問題といえるでしょう。 対策方法はいくつかありますが、オフショア開発なら開発コストの削減も行えるので、人材不足解消に対して優秀な方法といえます。 オフショア開発の委託先には、国策でIT人材の輩出を掲げているベトナムがおすすめです。 優秀なITエンジニアが揃っているのに加えて、日本語を話せる人材やマネージャーが多いという特徴を持っています。 もしオフショア開発を行うのであれば、開発先としてベトナムを選んでみてください。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

Masaya Yoneda

関連の投稿

View More
新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説
2022.07.31

新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説

Microsoftが提供する新たな開発ツール「Power Apps」。社内ニーズに即座に応える...
Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう
2022.07.31

Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう

Microsoftが提供するビジネスアプリケーションであるMicrosoft Teams。ビジネスチ...
GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します
2022.07.31

GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します

欧州を中心とした、法改正による企業コンプライアンスの強化や、世界中で猛威をふるう...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください