制作事例

メールに特化したCRMを導入するメリット

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

近年、注目されているCRMですが、顧客情報を一括管理できるだけでなく、顧客から届いたメールを分析したり、蓄積したデータをもとに、返信率の高い時間に自動送信するものや、開封率の高いメール内容を検討したりと、メールに特化した様々なCRMが提供されています。 チャットツールが普及した現在でも、企業間のやり取りはメールが一般的です。コミュニケーションとして関わる機会が多いメールですが、マーケティング活動では欠かせない業務であり、メールマーケティングを上手に行うことで、更なる事業の成長を見込ます。 そこで今回は、メールに特化したCRMを導入することで得られるメリットをまとめました。現時点で、CRMの導入に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

メールに特化したCRMが持つ機能

まずCRMについてですが、顧客情報に関わる業務を効率よく・正確に行えるよう支援するシステムのことを指します。この記事では詳しい説明を省いていますので、もっと知りたい方は「CRMとは何か?メリット・デメリットなど詳しく解説」の記事を一緒にご覧ください。 企業のマーケティング活動を支えるCRMですが、最近では、メールに特化した機能を持ち合わせたCRMが出てきています。以下で詳しくご紹介するので、興味のある方は参考にしてください。

CRM上でメールの送受信ができる

メールに特化したCRMでは、CRM上でメールの送受信をすることが可能です。つまり、CRMに登録されている顧客情報を、そのまま参照することができる魅力があります。例えば、登録している顧客からメールが届いた時、通常は、CRMにメールアドレスを入力して、顧客情報を検索する手間がありますが、メールに特化したCRMなら、メールが届いた瞬間に顧客情報をポップアップ表示してくれるので、作業効率が上がるだけでなく、参照ミスといったエラーが少なくなります。 また、メッセージテンプレートを利用することができるので、文字を考える手間や、決まったやり取りを自動化することが可能なため、作業効率が上がります。中には、開封率の高いメッセージを自動で分析し、提案してくれるCRMをありますので、常に最適なアプローチをすることができるでしょう。

メールの効果測定をしてくれる

メールに特化したCRMには、メールの効果分析レポートといった機能が付いています。メールのやり取りで、「どの顧客がどのくらいメールを開封してくれているのか」「メールが届いてから、どのくらいでメッセージを見てくれているのか」など、細かいデータを分析し、レポートにまとめてくれます。月に何件のメールを送信したら、効果が出るのか、といった分析データを可視化できるので、営業活動の効率化にも役立ちます。 もちろん、どの顧客に何件送信したかなど、基本的な情報管理もできるので、適切な距離感で顧客と接することもできるでしょう。

様々なメールアプリと同期できる

メールに特化したCRMでは、普段使用しているメールアプリと同期できる機能が付いています。GmailやOutlook、ヤフーメールなど、様々なメールアプリの情報を、そのまま引き継げるため、スムーズな導入を行えるでしょう。企業によっては、バラバラのメールアプリを使っている場所もあると思いますが、その状態でも情報を共有できるため、利便性がかなり高い魅力があります。

メールに特化したCRMを導入するメリット

メールに特化したCRMを導入するメリット1つ目は、見込み顧客をファン化することができる点です。例えば、上記で説明したレポート機能を活用すれば、開封率の高い顧客に対して積極的にアプローチでき、常に顧客のニーズを満たすことができます。顧客側からしたら、毎回良いタイミングで商品の提案をしてくれるので、満足度が高くなり、次回の購入や新商品への関心を示すようになるでしょう。このように、最適なアプローチをすることが可能になり、高い信頼度や興味を持った顧客(ファン)を育てることができます。 メリット2つ目は、個々の顧客に対応しやすくなる点です。メールをCRM上でやり取りできるため、それぞれの顧客ごとで、対応段階に合わせたメールを送信することができます。特にステップメールを取り入れている企業でしたら、お問い合わせが来たタイミングでしか、ステップメールを始めることができませんが、CRMを導入することで、こちらの意図したタイミングでステップメールを開始することができます。あまり興味を示していない顧客にメールを送信してしまい、集客のチャンスを逃してしまう、といったことも少なくなり、より効率よく営業活動をすることが可能になるでしょう。 3つ目は、メールの送受信履歴を記録することができる点です。今までは、メールボックスの履歴から、顧客の名前を検索する、または、Excelに記録した情報から探し出す、などの手間がかかる作業でした。しかし、CRMを導入することで、個々の顧客ごとに、やり取りの履歴が記録されているため、対応する顧客のCRMのページを開くだけで、今までのやり取りを確認することができます。前回のやり取りから、どのくらい期間が空いたのか正確に把握することができ、連絡を忘れるなどのミスが無くなります。

まとめ

この記事では、メールに特化したCRMを導入するメリットをご紹介しました。顧客管理だけでなく、顧客に対して常に最適なアプローチを行えるCRMですが、メールに特化したサービスを導入することで、普段のコミュニケーションがマーケティング活動に変わります。 「メールのやり取りが多く、業務が上手く回っていない」「もっと仕事を効率化したい」と考えている方は、ぜひCRMの導入をおすすめします。最近は、無料で利用できるCRMも提供されていますので、予算が厳しい企業は、コストがかからないCRMから始めてみると良いでしょう。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説
2022.07.31

新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説

Microsoftが提供する新たな開発ツール「Power Apps」。社内ニーズに即座に応える...
Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう
2022.07.31

Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう

Microsoftが提供するビジネスアプリケーションであるMicrosoft Teams。ビジネスチ...
GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します
2022.07.31

GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します

欧州を中心とした、法改正による企業コンプライアンスの強化や、世界中で猛威をふるう...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください