制作事例

Node.jsとは何か?

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

システム開発やアプリケーションの開発を検討している企業で、Node.jsという言葉を耳にする方が多いと思います。最近注目されているNode.jsですが、実際どのようなものなのか知らない方も多いでしょう。 そこで今回は、Node.jsとは何かご紹介します。プログラミングの可能性を広げるNode.jsは今後もより注目されてくると思います。ぜひこの記事を参考にして知識を深めていきましょう。

Node.jsとは

Node.jsとはJavaScriptをサーバー側で動かすことができるアプリケーションのことを指します。フレームワークと認識している方が多いですが、JavaScriptの実行環境を整えるアプリケーションです。JavaScriptはブラウザ上で動作を行うプログラミング言語となっており、ブラウザ上で扱えるデータを活用した機能しか実装できません。一方、PHPやPythonなどのサーバーサイド言語(OSの機能にアクセスできる言語)では、パソコンに保存してあるファイルを読み込むことやファイルを参照するといったプログラムすることができます。 JavaScriptがこのような制限のある仕組みになっているのは、あるサイトにアクセスしただけで、勝手にパソコン上のデータを読み書きすることができないようにするためです。しかし、ほとんどの機能が制限されてしまうことはユーザーにとっても不便なため、いくつかの機能(マイクやカメラなど)はブラウザ上の操作でアクセスできるようになっています。 今まではブラウザ上でしか動かすことができなかったJavaScriptですが、Node.jsを利用することでサーバーサイド上の動作が可能になります。つまり、Node.jsでプログラミングを行うことで、JavaScriptのコードでOS機能にアクセスできるプログラムを書くことができます。例えば、先ほど挙げたファイルへの読み書きやネットワークへの接続などです。

JavaScriptについて

そもそもJavaScriptとはウェブページ上で複雑な動き(リンクボタンのモーションや画像を動かすなど)を指定するプログラミング言語の事を指します。ウェブサイトを構成する言語HTML/CSSと組み合わせることで、ユーザーによって使いやすい綺麗なデザインのサイトを作成することが可能です。

Node.jsとは|サーバーサイドの実行環境だけではない

上記の説明で、Node.jsはJavaScriptの実行環境との説明をしました。しかし、この説明には少し語弊があります。正しく説明すると、Node.jsでは「サーバーサイドでJavaScriptの開発・実行」と「クライアント側でJavaScriptの開発・実行」両方することができます。つまり、一般的なJavaScriptの開発をすることができるということです。あくまでJavaScriptの可能性を広げるアプリケーションの1つ、との認識を持っておくと良いでしょう。

Node.jsでできること

ここでは実際にNode.jsを利用することで実現可能な開発をご紹介します。さまざまなプログラミングを行えるNode.jsですが、今回は以下の2つを例に上げてご紹介します。

複数のアクセスを接続できるアプリ

Node.jsでは、複数のユーザーからのアクセスに対応できるアプリケーション開発を実現できます。例えば、サーバーサイドの主要言語であるPHPやJavaは、接続ごとに新しいスレッド(1つの処理実行単位)を作成します。この数は使用しているコンピュータのメモリに依存するため、同時に5000人のユーザーしかアクセスできないケースもあります。一方、Node.jsではシングルスレッドの処理であるため同時アクセスで多くのメモリを消費しない特徴があります。このように多数のアクセスがあるアプリケーション開発ではNode.jsの強みが発揮されるでしょう。

【スレッドの説明】

 

スレッドとは処理実行の単位を指し、シングルスレッドとマルチスレッドの2種類があります。例えば「シングルスレッド」の場合、(献立を考える→調理をする→完成)と一連の流れで動作が処理されます。「マルチスレッド」の場合、(献立を考える→①カレー→調理をする→完成)の処理と(献立を考える→②肉じゃが→調理をする→完成)の2つの分岐があります。シングルスレッドと比べて、マルチスレッドの方は新たに分岐点をつくるため多くの情報量を使います。

 

リアルタイムWebアプリ

上記の他に、Node.jsはリアルタイムWebの開発に強い特徴があります。リアルタイムWebとは文字通り、リアルタイムでユーザーの反応が見れるアプリケーションのことを指します。LINEやFacebook、Twitterなどが分かりやすい例でしょう。先ほどもご紹介した同時アクセスに強い点が、リアルタイムWeb開発で活かされています。

Node.jsに関する注意点

Node.jsは比較的新しいアプリケーションと言うこともあり、扱える技術者が少ない課題点があります。もしNode.jsを利用した開発を依頼する場合は、実績とエンジニアのスキルを見ておくことが大切です。また、企業でNode.jsの開発を導入する場合は、コードの記述が難しいため、エラーや不具合が起きやすくなる点も考慮する必要があります。利用することで多くのメリットを得ることができますが、その反面課題点も多いです。Node.jsの利用を検討している方は上記の点を踏まえておきましょう。

まとめ

この記事ではNode.jsとは何か詳しくご紹介しました。JavaScriptの利点を生かしたままサーバーサイド開発が行えるため、近年注目を浴びています。これからNode.jsを活用した開発を導入したいと考えている企業も多いでしょう。 実はこの記事を書いているAMELAではNode.jsを利用したシステム・アプリケーション開発を行っています。「エンジニアの人材不足」「技術力に不安を感じている」などの悩みがありましたら、ぜひAMELAのサービスをご利用ください。実績・技術力ともに備えているので、気になった方は1度お問い合わせすることをおすすめします。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説
2022.07.02

Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説

私たちにとって、とても身近なものとなったWebサイト。現在は、ショッピングサイ...
Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説
2022.06.30

Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説

就職・転職活動をしていると、ポートフォリオの提出を求められることがあります。...
SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説
2022.06.30

SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説

外部企業をクライアントとして、社内システムの企画や設計を担当するSIer。そして...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください