制作事例

アジャイル開発とは?特徴とメリット3つをわかりやすく解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

システムやソフトウェア開発で用いられる手法の1つである、アジャイル開発についてご存じでしょうか? 従来のソフト開発で主流の手法であったウォーターフォールモデルの後に登場した、新たな開発手法がアジャイル開発です。 ウォーターフォールモデルと比べて、現在の市場の変化に合っているので、注目を集めています。 しかしながら、

  • アジャイル開発がどのような手法なのか分からない
  • アジャイル開発のメリットについて知らない

という方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、アジャイル開発の特徴とメリットについて、分かりやすく解説します。 この記事を読めば、アジャイル開発がどのようなプロジェクトに適している手法なのか分かりますので、ご覧ください。

 

アジャイル開発とは?

アジャイル開発とは小さな単位で実装とテストを繰り返す、システムやソフトウェア開発における手法の1つです。 アジャイルには「素早い」や「機敏」といった意味があり、従来の開発手法と比べて開発期間が短縮されています。 アジャイル開発の概念が初めて提唱されたのは、2001年にアメリカのユタ州でまとめられた「アジャイルソフトウェア開発宣言」です。 軽量の開発手法を提唱していた17名の技術者やプログラマーが集まり、アジャイル開発における重要な12の原則についてまとめました。 従来においてはウォーターフォールモデルが主流でしたが、それよりもクライアントニーズを最優先に考え、素早く開発するための手法がアジャイル開発です。

アジャイル開発の特徴

アジャイル開発における最大の特徴は計画からテストまで、何度も繰り返して開発を行うという点です。 アジャイル開発の開発手順を2つに分類すると、

  • リリース計画
  • イテレーション

となります。 アジャイル開発では計画段階で厳密に仕様を決めず、決定するのは大まかな仕様やクライアントからの要求だけです。 厳密に計画を決めておかなければ、途中で仕様の変更があっても臨機応変に対応を行えます。 大まかな計画を決定した後は、イテレーションと呼ばれるサイクルで開発を繰り返していく段階です。 イテレーションでは、

  • 計画
  • 設計
  • 実装
  • テスト

の小さな単位のサイクルを繰り返し、イテレーションごとに毎回機能をリリースします。 イテレーションの周期はプロジェクトによって異なりますが、おおよそ1~2週間ごとです。 また、アジャイル開発を達成する手法にはいくつか種類があり、それぞれ適している特性が異なるので、適切な手法を選択する必要があります。

 

アジャイル開発 3つのメリット

アジャイル開発におけるメリットは次の通りです。

  • 開発スピードの速さ
  • 修正のしやすさ
  • 状況変化に対して柔軟に対応可能

アジャイル開発は上記のようなメリットがあるので、開発の途中で仕様変更が予想されるプロジェクトやスピード感が重要なプロジェクトに向いています。 次に、それぞれのメリットについて解説しますので、ご覧ください。

 

メリット1:開発スピードが速い

アジャイル開発だと優先度の高い重要な機能から開発していけるので、素早くリリースからブラッシュアップまで行えます。 開発が終了した機能から順番にリリースしてクライアントに提供できるので、迅速なフィードバックが可能です。 イテレーションごとにクライアントに機能を確認してもらえるので、品質や満足度が向上していくでしょう。 また、仕様や詳細を決める上流工程の工数や文書作成の工数を削減できるので、従来と比べて納期を短縮を図れます。 不必要なドキュメントの作成や打ち合わせにかかるコストを抑えて、素早く開発を進められるのがメリットです。

メリット2:修正しやすい

アジャイル開発は計画からテストまで、小さな単位で開発を進めていくので、修正にかかる工数が少なくすみます。 もしトラブルが発生しても、イテレーション内で戻る分の工数ですみますので、余計なコストがかかりません。 また、影響範囲が少ないうちに不具合に対処できるので、以降に行う同様の開発において、対処した経験を活かせます。

メリット3:状況変化に柔軟に対応できる

アジャイル開発では計画段階で厳密に仕様を決定していないので、市場の状況変化やクライアントからの仕様変更に対して、柔軟に対応を行えます。 市場で求められるニーズは常に変化しているので、ユーザーニーズに合っている商品やサービスを素早くには柔軟性のある企画や開発が欠かせません。 例えば、競争が激しいアプリ開発だと、開発の途中で仕様の変更や追加が行われる可能性が高いです。 アジャイル開発はシステムを繰り返しブラッシュアップしながら開発を行っていく手法なので、開発途中であってもクライアントからの仕様変更を取り入れられます。

まとめ

アジャイル開発の特徴とメリットについて解説しました。 アジャイル開発は絶えず変化していく市場に対応するために、リリースまでの速度とクライアントとユーザーからのニーズを優先した開発手法です。 市場の変化が激しいアプリ開発に適しているため、現代にあった開発手法であるといえるでしょう。 プロジェクトにアジャイル開発のメリットを活かせるかどうか、検討してみてください。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

Masaya Yoneda

関連の投稿

View More
新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説
2022.07.31

新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説

Microsoftが提供する新たな開発ツール「Power Apps」。社内ニーズに即座に応える...
Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう
2022.07.31

Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう

Microsoftが提供するビジネスアプリケーションであるMicrosoft Teams。ビジネスチ...
GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します
2022.07.31

GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します

欧州を中心とした、法改正による企業コンプライアンスの強化や、世界中で猛威をふるう...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください