制作事例

なぜシェアリングエコノミーは人気なのか?シェアリングビジネスのメリット・デメリット

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

現在、非常に人気を集めているビジネスモデルとして 「シェアリングエコノミー」 があります。 エアビーアンドビーを始めとして、新しいビジネスの形として人気を集めるこのシェアリングエコノミーは、多くの企業が注目しています。 今回は、そんな注目のシェアリングエコノミーについて見ていきましょう。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは シェアリングエコノミーとは、個人が保有する資産を、自分が使用しない時間に他の人に貸し出すサービスの事を言います。 例えば、有名なエアビーアンドビーは、家を空いてる時間に貸し出すサービスです。 家を利用しない期間貸し出すことで、利用者からお金をもらいます。 車を空いてる時間貸しだす「カーシェアリング」も認知度は高くなってきました。 この様に、車や家といった資産がメインだったシェアリングエコノミーも、徐々にその範囲を拡げつつあり、現在では、 「時間」 「スキル」 を提供するという意味合いでも、シェアリングエコノミーと分類される事があります。

シェアリングエコノミーのメリット

シェアリングエコノミーのメリット

シェアリングエコノミーのメリット では、このシェアリングエコノミーにはどのようなメリットが有るのでしょうか。

遊んでいる資産の有効活用及び副収入

自分が使っていない遊んでいる資産を使って副収入が得られるということで、非常に人気が高まってきています。 現在副業は非常に人気になってきていますが、多くの副業では ・スキル ・時間 が必要になります。 また、副業として収入を得られる様になるまで勉強する必要があるものも多く、 「副業はやりたいけど、時間もお金も無い」 という人が多いです。 しかし、シェアリングエコノミーであれば、「既に持っているもの」で稼ぐことが出来るため、大きなメリットと言えるでしょう。

使用する費用が割安

利用者としてのメリットとして、 「使用する費用が安い」 ということが挙げられます。 例えばカーシェアリングの場合、レンタカー会社は従業員を雇い、お客さんの要望に合わせてコンパクトカーからファミリーカーまで用意し、予約で埋まらないようにある程度の台数を用意します。 更に、メンテナンス費用なども含めて「黒字」を出し続ける価格設定をしています。 一方でシェアリングエコノミーの場合には、利益を出すことを目的にしていないケースも多いです。 最近でこそエアビーアンドビーなどは、ゲストハウスを専用で借りて準備する事も増えてきましたが、元々は「持っているものを一般人が貸し出せる」というのが特徴です。 そのため、利益が出ていなくても良いので、非常に借りやすい金額で設定されている事が多いのです。

フリーランスとしての独立も可能?

シェアリングエコノミーで独立起業をしている人も多く見られます。 特にエアビーアンドビーなどは、賃貸物件を複数件同時に貸し出す事も可能です。 また、コロナの影響はあるものの、それ以前はインバウンドの需要が非常に大きかったです。 お客さんとのやり取りと、清掃業者などへの依頼が主な業務になりますので、副業でスタートし、物件数を増やして独立・・・という方も多いです。 また、「スキル」をシェアリングエコノミーとして提供する場合には、専門的なスキルを持っている人は独立しやすいですし、シェアリングエコノミーのポータル内で優良ユーザーとしてランキング上位になるなどで地位を築いてから独立する人もいます。 この様に、シェアリングエコノミーによって起業をすることも可能です。

ニッチな市場の開拓

シェアリングエコノミーでは、様々なものを貸し出す事が可能になり、非常にニッチな市場を開拓できるのもメリットです。 例えば、 ・買い物 ・犬の散歩 ・恋愛相談 ・就活相談 など、普段友達や家族との間で行っている様な事でも、サービスとして需要があったりします。 そのため、「こんな事もビジネスになるんだ」という発見があるでしょう。

人と人とを繋ぐ

今の時代は、ネットで多くのことが完結できるようになってきています。 そのため、人と人との繋がりが希薄になっていると言われています。 しかし、シェアリングエコノミーでは、多くの場合人との交流が生まれます。 家を貸し出す場合、その人と金銭のやり取りをしたり、条件面などのやり取りをします。 また、実際に泊まりに来る際に出迎える人も多いです。 インバウンド需要を狙ったシェアリングエコノミーであれば、普段は話すことの無い外国人観光客と、何気ない会話をする事にも繋がります。 私の知り合いでエアビーアンドビーをやってる人も、外国人とのやり取りが好きで仕事を始め、今でも絵葉書などが届くそうです。 この様に、現在失われつつある人間関係を得られるのも、シェアリングエコノミーの魅力と言えるでしょう。

「物が売れない時代」の経済を回す

物が売れない時代と言われて久しいですが、物が売れない時代でも必要な物が多くあります。 とは言え、売れないからといって金額を安くしてしまっては、会社に利益が残りません。 しかし、シェアリングエコノミーであれば、費用的にも安く済みますし、必要なものを必要な期間だけ使用することが可能です。 そのため、売れないこの時代で、経済を回す一つの手段として活用することが出来るでしょう。

シェアリングエコノミーのデメリット

シェアリングエコノミーのデメリット

シェアリングエコノミーのデメリット では、反対にシェアリングエコノミーのデメリットとはどの様なものなのでしょうか。

トラブルのリスク

個人と個人のやり取りになりますので、トラブルの可能性が出てくる事が最も大きなデメリットでしょう。 きちんとしたシェアリングエコノミーのポータルサイトを利用し、もしも貸し出した物が破損して返ってきた場合に、きちんと保証してくれるなどの保険があれば良いのですが、サイトや仕組みによって異なるでしょう。 他にも、会社の場合は 「多少のクレーマーを想定した運用」 になっている事も多いですが、個人でクレームがきた場合には ・仕事中でお客さんに電話ができない ・どの程度のクレームで返金に応じるべきかわからない などの問題が出てくるでしょう。

メーカーへの被害

メリットの部分では、物が売れない時代に経済を回る事をお話しましたが、反対にこのシェアリングエコノミーによって「より物が売れにくくなる」という可能性もあります。 例えば、車をシェアリングエコノミーで利用するのが当たり前になってくれば 「車を買うと固定資産税もメンテナンス費用もかかるからいらない」 という人が増えてくる可能性があります。 これは、車のメーカーとしては大きな被害でしょう。 仮に1人1台購入していた物が、3人で1台をシェアするようになれば、2台分の損失が出るわけですから、日本全国で考えると非常に大きな被害と言えます。

安定収入には工夫が必要

シェアリングエコノミーで安定的に収入を得ようと思うと、かなりの工夫が必要になります。 人によっては、自分でホームページを作って、ネットで広告宣伝をする人もいますし、しっかりと顧客リストを集めて定期的にDMをしている人もいます。 この様に、「ちょっとしたお小遣い稼ぎ」としての利用はハードルが低いものの、安定的に収入が必要な場合には、しっかりと戦略を立てる必要があるでしょう。

シェアリングビジネスは今後も注目の業態!売れる仕組み作りはAMELAに

シェアリングビジネスは今後も注目の業態!売れる仕組み作りはAMELAに

シェアリングビジネスは今後も注目の業態!売れる仕組み作りはAMELAに 「物は買うのではなく借りる」 これは、今までは大きな会社やマンションを購入して資産運用している様な、企業やお金持ちだけが行うものでした。 しかし、シェアリングビジネスの登場により、一般人でも気軽に貸し出しを行うことが出来る時代になったのです。 もちろん、良いことばかりでは無いですが、新たなビジネスの選択肢ができ、新たな需要が生まれ、様々な仕組みが登場しているため、私達の生活はより便利になっています。 いち早くシェアリングエコノミーの仕組みを作り出したエアビーアンドビーなどは、その手数料で大きな利益を上げていますが、ベースとなっているのは、「システム」です。 AMELAでは、様々なシステムでビジネスをサポートしています。 「こんなビジネス出来ないかな?」 そう思うことがあれば、是非ご相談ください。 ビジネスを最適な形で仕組み化し、システムとして世に提供するお手伝いをしたいと思っています。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

otani

イメージはマスコミの情報に形成される。 そこで私たちを待っている幸福が、私たちが望むような幸福ではないかもしれない。

関連の投稿

View More
Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説
2022.07.02

Webデザイナーってどんな仕事?Webデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説

私たちにとって、とても身近なものとなったWebサイト。現在は、ショッピングサイ...
Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説
2022.06.30

Webデザイナーのポートフォリオはどうやって作る?未経験でも作れるポートフォリオの要点を解説

就職・転職活動をしていると、ポートフォリオの提出を求められることがあります。...
SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説
2022.06.30

SIerからWeb系エンジニアへ転職するには?転職に必要なスキルを解説

外部企業をクライアントとして、社内システムの企画や設計を担当するSIer。そして...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください