制作事例

マーケティング分野で注目されている「ソーシャルリスニングツール」とは?

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

さまざまなIT技術が発達する中で、SNSの存在は大きくなっています。 今ではWEBを経由したユーザーアプローチだけでなく、SNSを活用したマーケティングが重要です。 そこで近年注目されているのが、ソーシャルリスニングツールです。なぜ注目されているのか、そもそもソーシャルリスニングツールとは何か、気になっている方が多いでしょう。 この記事では、ソーシャルリスニングツールとは何か詳しく解説します。機能なども合わせて解説するので、気になる方は参考にしてください。

ソーシャルリスニングツールとは

ソーシャルリスニングツールとは、SNSで発信されている消費者の声を集めてデータベースに蓄積し、分析してマーケティングに活用するシステムです。 若いユーザーの多くが利用しているTwitterや、30代・40代の利用が多いFacebookなど、幅広いユーザーの課題点を探ることができます。 また、一般的な分析ツールでは対応できない、リアルタイムの声を聞くことができるため、最適なアプローチをスムーズに行うことが可能です。

ソーシャルリスニングツールの利用が増えている理由

多種多様な商品が誕生する過程で、顧客のニーズは細分化してきました。 例えば、化粧品1つに対しても多岐にわたり、「肌が青系統向け」「肌が黄色系統向け」「敏感肌用」「乾燥肌用」などさまざまです。 WEBサイトのアクセス解析では限界があり、上記のような詳細なニーズを把握することは難しいでしょう。 そこでユーザーのダイレクトな声を知ることができるSNSに注目が集まりました。 今では企業アカウントを運営する場所も多く、顧客が発信しているニーズをSNSを通じて収集しています。 しかし、SNS上には膨大な量のデータがあるため、欲しい情報だけを集めるのは困難です。 そこでソーシャルリスニングツールです。SNS上に散らばっている情報を欲しいデータでフィルタリングし、求めているデータだけを収集します。 このように、SNSの情報を効率よく収集・分析できるツールとして注目を集めています。

ソーシャルリスニングツールの主要機能

ソーシャルリスニングツールには多岐にわたる機能が搭載されていますが、ここでは主要機能3つをご紹介します。

データの取得

まず1つ目は、SNS上のデータを収集する機能です。単純に全てのデータを収集するのではなく、「メディア」「オフショア開発」などキーワードを設定して検索することができます。 また、インフルエンサーが投稿した瞬間に通知を届ける機能もあり、SNS全体の動きを確認することも可能です。

データ分析

2つ目は、集めたデータをデータベースに蓄積し必要な情報に加工する機能です。 例えば、自社サービスに対するクーポンを発行したりキャンペーンを開始した場合、ユーザーの注目度の動きをグラフに写して可視化する機能があります。 マーケティング活動はもちろん、従業員への共有もしやすくなるでしょう。 その他に、炎上している投稿を分析することで、自社アカウントの炎上予防に繋げることも可能です。

セグメント抽出

3つ目は、セグメント抽出する機能です。セグメントとは、ユーザーの属性をカテゴリー化することで、女性や男性の割合や地域などを知ることができます。 自社サービスにどの層が注目しているのかセグメント抽出することで、適切な施策を検討することが可能です。

ソーシャルリスニングツールを選ぶ時のポイント

現在は数多くのソーシャルリスニングツールが提供されています。しかし、自社に適していないツールを選んでしまうと、効果を発揮せず導入に失敗してしまいます。 まずは自社が抱えている課題を洗い出すことが大切です。もし、SNSの情報集めで苦労しているなら、データ収集に特化したソーシャルリスニングツールを選ぶべきです。 一方で、マーケティング活動に課題を感じている場合は、分析機能に特化したソーシャルリスニングツールを導入することで改善できるでしょう。 また、機能の種類も大切ですが、ツールの処理スピードもかなり重要です。膨大なデータを処理するため、性能が悪いと多くの時間を消費し、かえって業務効率が下がってしまいます。 処理が間に合わずパソコンが落ちてしまうツールもあるため、導入前に必ず性能を確認しておきましょう。 その他に、データの信頼性も見る必要があります。データの収集精度が悪いとマーケティング活動で活用することができません。 本当に信頼できるデータなのか、提供会社の実績を一緒に確認することで、導入時の失敗を防ぐことが可能です。

まとめ

この記事では、ソーシャルリスニングツールに関する情報をまとめました。 ターゲットにしているユーザー層の課題点を詳細に把握することで、常に最適なサービスを提供することができます。 また、よりニッチな分野で戦うことができるようになり、他社との差別化に役立ちます。 自社に適したソーシャルリスニングツールを導入し、充実したマーケティング活動ができるようにしましょう。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください