制作事例

ヒートマップとは?機能から利用するメリットなど詳しく解説します

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

Webサイトを大きくする上で、分析はかなり重要です。 どのくらいのユーザーが訪問しているのか、どのリンクが一番クリックされているのか、など詳細に分析することで、改善策を検討することができます。 しかし、数字のデータを見るだけでは、上記のような内容を知ることができません。そこで役立つのが「ヒートマップツール」です。 この記事では、ヒートマップとは何か解説します。合わせてヒートマップで利用できる機能や導入するメリットもご紹介するので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

ヒートマップツールとは

ヒートマップツールとは、Webページのクリック数や閲覧数などを可視化できるWeb分析ツールです。 温度を色で可視化できるサーモグラフィのような表示方法で、アクセス数など数値が高い部分を赤く、数値が低い部分を青く表示します。 ヒートマップツールを利用することで、ページのどの部分がよく読まれているのか、どのリンクがクリックされているのか、直感的に知ることができます。 課題点を具体的に把握できるため、ボタンの配置やコンテンツの修正など、適切な施策を検討することが可能です。

ヒートマップツールが注目されている背景

Webマーケティングは、数字を活用してユーザーの行動を分析し、自社サービスの売上に繋げます。 しかし、現在はユーザーのニーズが多様化しており、数字データだけでは対応できなくなってきました。 そこで注目されているのがヒートマップツールです。 ユーザーが「どこを見て」「どの部分に興味を示しているのか」知ることで、最適なアプローチ方法を模索できます。 こういった背景から、多くの企業でヒートマップツールの導入が進められています。

ヒートマップツールの主な機能

ヒートマップツールについてご紹介しましたが、具体的な機能を知らない方も多いでしょう。 以下では、ヒートマップツールの主な機能を解説します。

スクロールヒートマップ機能

ユーザーがWebページを訪問してから、どこまでスクロールしているのか分析できる機能です。 一般的には、下に行けば行くほど割合は減ってきますが、コンテンツがしっかりしているサイトはここの数値が高い傾向にあります。 離脱者が多い部分を別のコンテンツに差し替えるなど、さまざまな対策を検討することが可能です。

クリックヒートマップ機能

クリックヒートマップ機能とは、ユーザーがクリックした部分を色を付けて表示してくれる機能です。 クリック率が高い場所は赤く表示されるので、リンクの配置が適切なのか、効果がでているのか直感的に把握することができます。

アテンションヒートマップ機能

アテンションヒートマップ機能とは、パソコンのディスプレイに表示されている時間を分析できる機能です。 ユーザーがどこの部分をじっくり見ているのか知ることができます。 「サービスの詳細を書いているのに、あまり読まれていない」など、数字では知ることができない課題を見つけることも可能です。

マウスグラフィ機能

マウスグラフィ機能とは、名前の通りマウスの軌道をそのままデータとして表示できる機能です。 マウスの動きは人間の目の動きに近いと言われており、ユーザーがどのような動きでページ全体を見渡しているのか分析することができます。 記事を一通り読んでから購入ページに移行しているのか、それとも記事をほとんど読まず購入ページに移動しているのか、といった具合に分析し、コンテンツの方向性を検討することが可能になります。

タッチアクションヒートマップ機能

ヒートマップツールでは、タブレットやスマートフォンを利用しているユーザーの行動まで分析することが可能です。 タッチしている箇所やスクロール率も分かるので、モバイルに適したコンテンツ作成に活かすことができます。

ヒートマップツールを導入するメリット

ヒートマップツールを利用することで、数多くのメリットがあります。ここではいくつかまとめてご紹介します。

売上に直結するデータを取得できる

ヒートマップツールを利用することで、売上を効率よく伸ばすことが可能です。 例えば、「アクセス数が多いのに商品購入に至らない」といった悩みがあるとします。 さまざまな要因が考えられますが、ヒートマップツールを利用することで原因部分を突き止めることが可能です。 分析をした結果、購入サイトのリンクボタン直前で離脱するユーザーが多いことが分かりました。 この場合、ユーザーの離脱が多い部分に新たなコンテンツを差し込んだり、別のリンクを貼るなど改善することで、売上に繋がる可能性が高くなるでしょう。

ユーザーに寄り添ったコンテンツを作成できる

ヒートマップツールでは、ユーザーの行動を可視化して分析することが可能です。 そのため、ユーザーが何を求めているのか、どのようなサイトなら快適に利用してもらえるのか、詳しく知ることができます。 閲覧率が高かったコンテンツを記事の上位に持ってくることで、ユーザーの興味を惹く構造にするなど、常に最適なアプローチを行えるでしょう。

まとめ

この記事では、ヒートマップとは何か解説しました。 ユーザーの動きを可視化することで、具体的な施策を検討できるヒートマップは、Webマーケティングを行う上でとても重要です。 現在はさまざまなツールが提供されているので、自社の求めているニーズに適したヒートマップツールを導入しましょう。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください