制作事例

【最新版】おすすめeラーニングシステム5つを厳選比較!

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

人材育成は、企業を成長させる上でとても重要な仕事です。 新入・中途社員の人材教育に力を入れたいと思う一方で、「時間をかけて教育をしている余裕がない」といった企業が多いでしょう。 そこで注目されているのがeラーニングシステムと呼ばれるものです。この記事では、おすすめeラーニングシステムをご紹介しつつ、eラーニングシステムの特徴なども解説します。 興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

eラーニングシステムとは

eラーニングシステムとは、教育コンテンツを電子化したシステムです。 具体的に説明すると、インターネットを利用して学習システムにアクセスし、さまざまなコンテンツを介して教育を行えるシステムのことを指します。 学校で使われているイメージが強いeラーニングシステムですが、現在は多くの企業でも導入されています。 学習コンテンツを個人単位で管理できるなど、人材教育にかけるコストを減らせる点は大きな魅力でしょう。

eラーニングシステムが注目される背景

未だ多くの企業で取り入れられている「研修制度」ですが、大きな会場に社員を集めて実施する形式が一般的でしょう。 具体的かつ丁寧に教育できる点はメリットになりますが、手間や費用などさまざまなコストがかかり、会社の負担が大きいです。 また、教育を実施する側もされる側も、長時間の拘束を余儀なくされてしまう点はデメリットになります。 このような背景から、eラーニングシステムの導入が注目されています。 eラーニングシステムでは、個人単位でアカウントを配布し、各アカウントに配信されているコンテンツを進める形式で教育を行います。 人材教育の一連の動作を自動化することで、コスト削減ができるだけでなく、ストレスの少ない学習が可能です。 従業員の管理もしやすくなり、多くの面でメリットがあるため、eラーニングシステムの導入が進んでいます。

おすすめeラーニングシステム5選

ここでは、おすすめeラーニングシステムを5つに厳選してご紹介します。

Schoo (スクー)

Schoo (スクー)

【Schooの特徴】

  • 導入企業2,000社以上の実績
  • 6,000本以上の学習コンテンツ
  • ライブ講義で講師と直接話して学習できる

Schooは、受講者参加型の生放送形式で構成されているeラーニングシステムです。 6,000本以上の教育コンテンツが配信されており、個人や会社の求めているニーズに合わせた教材を利用できます。 基本的なビジネススキルからプログラミングなど、多種多様なコンテンツが豊富です。 URL:https://schoo.jp/ 料金:(プレミアム会員)月額980円~

 

eden LMS

eden LMS

【eden LMSの特徴】

  • ブラウザ上で穴埋めテストやナレーション付き動画を作成できる
  • 講義や研修の参加者管理まで可能
  • 22万人以上のユーザが利用している

eden LMSは、22万人以上が利用しているeラーニングシステムです。 無料トライアルでは、全ての機能を使うことができるので、本格的な導入を行う前に使用感を確かめることができます。 機能面では、テストやコンテンツ作成に優れており、自社専用のeラーニング環境を設置することが可能です。 URL:https://eden.ac/e-learning/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

LearningWare

LearningWare

【LearningWareの特徴】

  • 導入企業2,400社以上
  • 利用者数累計100万人とかなりの実績
  • eラーニングから集合研修まで一括管理できる

LearningWareは、eラーニング機能だけでなく、集合研修の告知や出席確認、アンケート集計など、研修に必要な機能を数多く備えています。 受講者同士がコミュニケーションできるSNSコミュニティ機能があり、挫折の少ない教育を行えるでしょう。 URL:https://www.pro-seeds.com/lms/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

Udemy

Udemy

【Udemyの特徴】

  • 15,5万の講座が配信されている
  • 専用アプリを使うことでオフライン環境でも学習できる
  • 実務経験のある講師が作成した質の高いコンテンツ

Udemyは、世界最大級のオンライン学習プラットフォームです。 動画をメインとした学習コンテンツで、実際に手を動かしながらスキルを身に付けられる魅力があります。 種類も豊富で、「プログラミング」や「デザイン」「マーケティング」など、専門的な知識を低コストで学ぶことが可能です。 URL:https://www.udemy.com/ja/ 料金:お問い合わせで確認できます。

 

playse

playse

【playseの特徴】

  • 受講者の進歩状況をレポートにまとめてくれる
  • 動画・PDFを用いた自社教材の作成が可能
  • セールス・プログラミングなど豊富な種類の教材が用意されている

playseは、営業・戦略・ビジネスマナー・接客・マーケティングなど、さまざまなジャンルの教材を利用できるeラーニングシステムです。 約3,000のレッスンを追加料金なしで見ることができるため、効率良く学習を進めることができます。 URL:https://playse.jp/ 料金:【初期費用】100,000円【月額費用】300~15,000円(利用者数で変動します。)

 

まとめ

この記事では、おすすめeラーニングシステムを5つにまとめてご紹介しました。 人材育成を効率よく行えるだけでなく、業務マニュアルとして活用できるなど、さまざまな魅力があります。 現在は、無料で利用できるeラーニングシステムも提供されているので、使用感を確かめたい企業は無料版の導入から始めてみましょう。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください