制作事例

SEOとは?機能から導入するメリットまで詳しく解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

インターネットの利用が増えていく中で、Webマーケティングの必要性が注目されています。 特に「SEO対策」は多くの企業が取り組んでいる施策となっており、SEOを制することでより多くの利益を得ることができます。 そこで今回は、SEO対策に役立つSEOツールの概要とSEOツールを導入するメリットや種類などをご紹介していきます。

SEOツールとは

そもそもSEO(Search Engine Optimization)とは、日本語で検索エンジン最適化といった意味を持っています。 検索エンジン最適化は、簡単に説明すると「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンで、自身・自社のコンテンツ(Webサイト)が上位表示されるような施策を行うことです。 検索結果の上位に表示されることで、コンテンツへのアクセス数が増加し、自社商品の認知やサービス契約など集客面で効果を発揮します。 具体的な施策としては、ユーザーの求める情報にたどり着くようキーワードを選定する、アクセス数の傾向からユーザーのニーズを分析する、などがあります。 上記のような施策はさまざまなツールを活用することで行えます。以下では、各ツールをご紹介していきます。

アクセス解析ツール

SEO対策の主要部分であるアクセス解析ですが、単純にデータを集計するだけでは効果を発揮しません。 訪れるユーザーの属性や訪問が多い時間帯、閲覧が多い地域など、多岐にわたる情報を集めて分析します。 その他に、ページのよく読まれている部分やクリック数など、更に細かい分析を行う必要があります。 これらの作業をサポートしてくれるのが、アクセス解析ツールです。 最近はパソコンだけでなく、スマートフォンからのアクセスが増えている傾向があります。 デバイスごとに数字を分析できるツールの利用が望ましいでしょう。

キーワード選定ツール

SEO対策では、ユーザーの求めていることを分析し、それに適したコンテンツを提供することが大切です。 そのためには、キーワード選定が重要になります。 例えば、自社商品「地肌のターンオーバーを促進する化粧品」の販売数をSEOで伸ばしたいとします。 肌荒れに関する悩みを抱えているユーザーをターゲットとする場合、Googleで「肌荒れ 直す」と検索する方が対象になります。 もし、この検索ワードで自社商品の販売ページを表示することができれば、ユーザーのニーズを満たせるため、顧客獲得に繋がります。 このように、需要の高いキーワードで上位表示させることで、大きな集客効果を得ることができるでしょう。 このキーワードを探す・作成できる機能を搭載したものが、キーワード選定ツールです。

検索順位の調査・分析ツール

アクセス数から情報を蓄積し、分析することも重要ですが、現時点の課題点を把握することも大切です。 SEO対策の難しいところは、1度コンテンツの検索順位が1位になったとしても、管理を徹底しない限りすぐに降下してしまうことです。 そのため、コンテンツの順位を調査できるツールを導入しましょう。 上位コンテンツ10位のランキング推移など、さまざまな形で分析することができるので、次に行う施策を検討しやすいです。

SEOツールを導入する効果とは

SEOツールを導入することで、以下の3つのメリットがあります。

  • SEO対策を効率よく行える
  • アクセス数の増加を期待できる
  • 競合サイトと比較分析できる

それぞれ解説します。

 

SEO対策を効率よく行える

実際、SEO対策はツールを導入しなくても行うことは可能です。 しかし、ツールを利用しない場合は情報収集からデータ分析、競合サイトの調査やキーワード選定など、多岐にわたる作業を全て手作業で行う必要があります。 一方、SEOツールを活用することで上記の作業を全て自動化することができます。 キーワード選定は特定の言葉を入力するだけで、数分で完了します。 競合サイトの分析も、ツールが自動で情報を集めて表示してくれるので、かなりの時間を節約することが可能です。 分析結果も正確でミスが出ない分、コスト面では多くのメリットがあるでしょう。SEO対策を行うなら絶対に導入することをおすすめします。

アクセス数の増加を期待できる

SEOツールを活用することで、効率良くSEO対策ができることを上記で説明しました。 アクセス数を増やすためには、コンテンツの質を高めることも大切ですが、情報を分析して次の施策を検討・実行することがより大切になってきます。 SEOツールを利用することで、このPDCAサイクルを高速に回すことが可能になります。結果、アクセス数の増加に繋がるでしょう。

競合サイトと比較分析できる

SEOツールでは、上位表示されているサイトだけでなく、特定の競合サイトに絞って分析できます。 競合サイトがどのようなキーワードでコンテンツを作成しているのか、競合サイトがターゲットにしているユーザーは誰なのか、など詳細に分析することで、自社が行うべき施策が明らかになります。

SEOツールの導入でWebサイトの強化ができる

この記事では、SEOツールについて解説しました。 Web集客を強化したい企業は、SEO対策に力をいれましょう。また、SEOツールを活用することで、より効果の高い施策を行うことをおすすめします。 SEOは飽和状態と言われていますが、まだまだ可能性がある分野です。少しでも検討しているなら、積極的に挑戦しましょう。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説
2022.06.29

社内SEとはどんな仕事?開発しないって本当?社内SEの仕事内容を解説

企業において、社内システムの開発から運用までを担当する社内SE。職場の環境や状...
基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説
2022.06.21

基幹システムとは?|メリット・ERPとの違いについて徹底解説

現在、多くの企業でITによる業務改革が行われています。労働人口が減少しつつあり...
パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説
2022.06.19

パブリッククラウド・プライベートクラウドとは?|特徴・違いを解説

2006年にAmazonが始めたサービスであるクラウドコンピューティングは、現在ではあらゆ...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください