制作事例

経営リスクを減らすファクタリングとは?概要から活用方法を解説

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

最近注目されている言葉で「ファクタリング」というものがあります。 ファクタリングとは、未回収の売掛金による黒字破綻のリスクを減らし、資金調達に役立つ手段です。 この記事では、ファクタリングとは何か概要から仕組み、活用方法など詳しく解説します。 資金繰り問題など悩みを抱えている方はぜひ参考にしてください。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、会社が抱えている売掛債権を第三者に売ることで、金銭を取引している会社との決算日よりも早く、手数料を差し引いた金額を入金してもらう金融サービスです。 ほとんどの企業では、商品やサービスの受け渡しと同時に現金で決済されることはありません。 これは「企業間信用」といった仕組みが関わっており、売り手側は売掛金を売上債権として計上し、買い手側は買掛金を購入債権として計上することで、代金のやり取りを行います。 その為、商品の提供と代金の支払いタイミングにズレが生じることを計算して計画を立てる必要があります。 企業は売掛金を長い期間回収できないと、資金計画が崩れ、結果的に破綻してしまうケースが少なくありません。 このような問題を解決できるのがファクタリングです。 ファクタリングを利用することで、資金の回収にタイミングのズレが起こりにくくなり、正確な資金計画を実行することができます。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みは以下の3社間で行われています。

  • サービス提供企業
  • 取引先企業
  • ファクタリングサービス企業

また、形式は2つあり「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、「ファクタリングの利用者」と「ファクタリング会社」の間でやり取りを行う仕組みです。 流れとしては、まず初めに利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却します。 売却した債権はファクタリング会社が利用者に対して、手数料を引いた金額で利用者に支払います。 その後、取引先から売掛金が支払われるため、売掛金を回収した利用者はファクタリング会社に売掛金を支払い、一連のやり取りが完了です。 上記のファクタリングを利用することで、まだ入金されていない売掛債権を事前に資金として買い取ってもらい、本来の決済日よりも早い期日に現金を得ることができます。 2社間ファクタリングのメリットとしては、ファクタリングを行うにあたって取引先に何かしらの承認を得る必要が無い点です。 シンプルな仕組みであるため、資金調達のスピードも速く事業計画に沿った経営を実現できます。 ただし、手数料が高いため、コスト面の管理は詳細に行うことがおすすめです。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、「ファクタリングの利用者」と「ファクタリング会社」、「取引先」の間で行う仕組みです。 この方法では、2社間ファクタリングと異なり取引先の承認が必要になります。 まず流れとしては、利用者とファクタリング会社が契約を結びます。その時に、ファクタリング会社が取引先を連絡をとりファクタリングに関する承認を受けに行きます。 承認が通り次第、ファクタリング会社と取引先が契約を結びファクタリングが開始です。 実際にやり取りが開始したら、最初は利用者がファクタリング会社に売掛金を売却、ファクタリング会社が利用者に手数料を差し引いた金額を支払います。 上記のやり取りを終えたら、取引先がファクタリング会社に売掛金を支払い完了です。 決済日よりも前に現金化できる点は2社間ファクタリングと同じですが、取引先の承認が必要な点は異なります。 また、3社間ファクタリングでは取引先が直接ファクタリング会社に売掛金を支払う仕組みであるため、利用者に回収する義務は生じません。 リスクを抑えられる点と手数料を低くできる点から、多くの企業では3社間ファクタリングが採用されています。

ファクタリングを利用するメリット・デメリット

ファクタリングを利用するメリットは「売掛債権をすぐに現金化できる」ことが挙げられます。 経営で難しいのが資金調達で、上記でも説明しましたがサービスを提供した時期と、支払いがされる時期にはラグがあり、資金計画のズレが生じてしまう問題があります。 しかし、ファクタリングを利用することで早い時期に資金を現金化することが可能で、黒字破綻のリスクを減らすことができます。 また、取引先が倒産した時でも返済義務が生じないため、安心した経営を実現できるでしょう。 一方、「手数料がかかる」ことはデメリットになります。 あくまで目安ですが、2社間ファクタリングでは売掛金額の1~10%程、3社間ファクタリングでは売掛金額の10~30%程の手数料になるでしょう。 やり取りが多い企業では、この手数料が資金の圧迫原因になる可能性も少なくありません。 ファクタリングに依存しない経営計画を立てることが大切です。

ファクタリングとは、資金に関するさまざまな問題を解決する方法

この記事では、ファクタリングとは何か概要から活用方法など詳しくご紹介しました。 ファクタリングを活用することで、売掛債権を短期間で現金化できる点や担保や保証人が不要といったメリットがあり、黒字破綻などのリスクを減らすことが可能です。 一方で、手数料がかかることや経営状態の不安視などデメリットもありますが、適切に運用することでデメリットをカバーできるほどの効果を得ることができます。 経営面で悩みを抱えている企業は、1度ファクタリングの利用を検討するといいでしょう。

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説
2022.07.31

新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説

Microsoftが提供する新たな開発ツール「Power Apps」。社内ニーズに即座に応える...
Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう
2022.07.31

Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう

Microsoftが提供するビジネスアプリケーションであるMicrosoft Teams。ビジネスチ...
GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します
2022.07.31

GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します

欧州を中心とした、法改正による企業コンプライアンスの強化や、世界中で猛威をふるう...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください